このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セリアの「Monoストッカー」なら収納はこんなに楽になる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

キッチンに散らかりがちな消耗品を、取り出しやすく手軽に収納できるセリアの「Monoストッカー」。ふた付きのボックスでしっかり収納でき、手前に開いた取り出し口からひとつずつかんたんに取り出せるのだ。アイデア次第でいろいろ収納できるセリアのMonoストッカーを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セリアの「Monoストッカー」とは?

セリアで販売されている「Monoストッカー」。取り外しができるふたが付いていて、本体の手前側の下半分に四角い穴があいているボックスだ。色はどんなキッチンにもなじみやすいシンプルなホワイト。

サイズは2種類あって、幅がせまい「キューブ」は外寸が幅12.2×奥行12.2×高さ10.0cm、内寸が幅9.8×奥行9.8×高さ9.5cm。横長タイプの「ロング」は外寸が幅24.4×奥行12.2×高さ10.0cm、内寸が幅22.0×奥行9.8×高さ9.5cm。奥行と高さはどちらも同じで、幅が違い、ロングはキューブの2倍の長さなのだ。

2. セリアの「Monoストッカー」は上から入れて前から取り出す!

セリアのMonoストッカーの使い方はかんたんだ。収納するときはふたを開けて上から、取り出すときは手前の取り出し口から引っ張り出せばよい。新しいものを上から入れていき、古いものから取り出して使っていける仕組みなのだ。とくに賞味期限がある食品をストックする場合は、古いものから使えるセリアのMonoストッカーがとても便利なのである。

スタッキングも可能なので、収納する消耗品ごとにMonoストッカーを分けて使っても、上へ上へと重ねて置いていける。ロングの上にキューブを2個並べるといった使い方もできるのだ。

3. セリアの「Monoストッカー」はキッチンの消耗品収納に便利!

セリアのMonoストッカーは、日常使用する、一定量ストックしておきたい消耗品を収納するのに適している。ストックしておきたいものが多いキッチンで、大活躍間違いなしのアイテムだ。

例えばレジ袋は、いろいろと便利に使えるためためているものの、その収納はどうしたらよいのか悩んでいる人も多い。セリアのMonoストッカーを使えば、ボックスに入るだけのレジ袋をストックし、それ以上は不要と決めて、捨てるようにすればよい。さまざまな大きさがあるレジ袋だが、大きさごとにMonoストッカーを分けて収納すると使いやすいだろう。

小袋に入ったティーバッグやだしの素・お茶漬け・ふりかけ・粉末スープなどの食品をストックしておくには、セリアのMonoストッカーのキューブがおすすめだ。ふきんや冷凍保存袋などはロングが合うだろう。アイデア次第でいろいろなものを収納できる。

4. セリアの「Monoストッカー」はマスクやポケットティッシュもしまえる!

セリアのMonoストッカーは、キッチンだけで使うのはもったいないほど優秀なアイテムだ。マスクをよく使う人は、ロングのMonoストッカーに入れると便利だろう。ただし、寝かせて収納して下から取ると、何枚もいっしょに出てきてしまうことがある。マスクのように1枚だけ取り出すことが難しいものは、立てて収納するほうが取り出しやすかった。

またキューブには、ポケットティッシュを入れてみよう。横長の状態で入れると取り出しにくいが、縦長で入れるとすんなり取り出せる。ほかにも、ハンカチや入浴剤・小袋のお菓子など、キッチン以外でもいろいろと活用できるのだ。

結論

こまごまとした消耗品は、ストックしておきたいけど収納方法が難しい。買ったときの袋や箱にそのまま収納していては取り出しにくかったり、引き出しに入れるとバラバラになってしまったりする。セリアのMonoストッカーなら、収納力もあって取り出しやすさもバッチリだ。キッチンはもちろん、家中の消耗品をセリアのMonoストッカーでスッキリ収納しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ