このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

お風呂の鏡が曇る原因とは?頑固な水垢を取るアイデア大公開!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月13日

毎日使うお風呂は常に清潔に保ちたいものだ。しかし鏡にウロコ状の汚れがつく、曇りやすいといった悩みを抱えているお宅も少なくないのではないだろうか。本日はお風呂の鏡が曇る原因や汚れの正体を暴きつつ、意外と知らない掃除テクも紹介する。未だにお風呂の鏡を中性洗剤で洗っている人にこそ知ってほしい情報を集めてみた。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お風呂の鏡が曇る原因とは?

お風呂の鏡は曇って当たり前と思っている人は少なくないだろう。しかし曇る原因を知ることで改善策も見えてくる。間違った対処法で悪化させないためにも、まずはお風呂の鏡が曇る原因を知るところから始めてみてはいかがだろうか。

そもそもお風呂の鏡は曇りやすいもの!?

鏡そのものは熱伝導率の低い(熱しにくく冷めにくい)ガラスでできているため、お湯を使う浴室の鏡は周囲の温度よりも低くなりがちだ。湿度の高い空気が鏡の表面に触れ冷やされることで水滴に変わり、曇りが発生する。

つまりお風呂の鏡が曇ることにイライラしても仕方がないので、お湯を使う浴室では鏡が曇って当然くらいの気持ちでいたほうがよいだろう。

慢性的に曇る原因は「水垢」と「石けんカス」だった

お風呂の鏡が曇る原因は鏡の 素材上の問題だけでなく、実は水垢と石けんカスの汚れも関係している。

水垢は水道水に含まれるマグネシウムやカルシウムといったミネラルが蒸発し、鏡の表面にウロコ状の汚れとして現れる。そして石けんカスは固形 石けんやシャンプーなどが鏡に飛び散り、そのまま乾燥すると石けんカスの脂肪酸成分と水道水の成分が結合し、汚れが現れる。これら2つの汚れは曇りに繋がるので、お風呂に入る前から鏡が曇っている場合は、汚れを落としてから入浴すると改善されるはずだ。

2. お風呂の鏡を新品同様にするアイデア特集!

お風呂の鏡にウロコ状の汚れがついているお宅は少なくないのではないだろうか。風呂用洗剤で掃除をしてもなかなかキレイにならない鏡は、アイデア次第で新品同様に変えることができる。掃除のプロも使っている効果的な鏡の掃除方法についてまとめてみた。

アイデア1.クエン酸

水垢はアルカリ性なので、酸性の「クエン酸」を用いて掃除するのが有効 だ。

水100mlに対しクエン酸小さじ1杯の割合で混ぜたクエン酸水を布につけて鏡を拭く。続いて濡らした布でクエン酸水をふき取り、最後に乾拭きをして完了だ。頑固な水垢にはクエン酸水を吹きかけてキッチンペーパーとラップで覆い、1時間ほど放置すればキレイに取れる。

アイデア2.重曹

石けんカスは酸性なので、アルカリ性の「重曹」を用いて掃除するのが有効 だ。

水100mlに対し小さじ1杯の重曹を溶かし、重曹水を作る。鏡に重曹水をつけて、キッチンペーパーとラップで覆い、パック状にする。1時間ほど放置した後、重曹水をよく洗い落とせば汚れはキレイに取れる。

アイデア3.新聞紙と歯みがき粉

水垢や石けんカスの汚れを長い間放置すると、分厚い結晶となり簡単には落とせない。この場合、表面上の汚れを落とすよりも研磨して削り取ったほうが効果的だ。自宅にあるものでは「新聞紙」と「歯みがき粉」で、汚れを落とすことができる。

新聞紙を使った掃除方法は、最初に鏡を濡らし、くしゃくしゃに丸めた新聞紙で汚れを取る。また歯みがき粉を使った掃除方法は、布に歯みがき粉を1cmほど出し、軽く馴染ませたら円を描くように鏡全体を拭く。そして濡らした布で歯みがき粉をふき取り、最後に乾拭きして完了だ。

強く磨くと鏡を傷つけてしまう恐れがあるので、最初は軽くこすり、様子を見ながら調整するとよい。

3. お風呂トラブルの予防策!水垢をつきにくくすることはできる?

お風呂の鏡をキレイに保つためには予防することが重要だ。鏡の汚れの正体は水道水と石けんカスなので、お風呂に入った後は鏡をタオルなどで拭き、水滴を残さないよう心がけよう。これだけで水垢はつきにくくなる。

またホームセンターなどで販売されている水垢防止や撥水アイテムを使うのも有効 だ。ちなみに鏡の表面をコーティングして水垢などの汚れ をつきにくくするといった意味では、液状のりも効果があると いわれている。鏡に液状のりを塗り、水をかけて手で馴染ませた後にティッシュで軽くふき取るだけでコーティングの完成だ。液状のりなら100均でも売っているので、一度試してみる価値はあるだろう。

結論

水道水や石けんを使うお風呂は鏡に汚れが付着しやすい うえ、掃除をしてもなかなかキレイになりにくい。しかしそれは単に正しい掃除方法を実践していないだけかもしれない。 たとえばいつも中性洗剤でお風呂掃除をしているのであれば、酸性のクエン酸やアルカリ性の重曹を使うと効果的だろう。いつもと違う掃除方法を試すことで、結果もまた違ってくるはずだ。また鏡に汚れが付着しにくくする、曇りにくくする予防策もあるので、 ぜひ実践してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ