このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

缶詰の正しい捨て方は? 賞味期限切れの中身が入った缶詰の捨て方も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月19日

缶詰の正しい捨て方をご存じだろうか。中身を食べたら「そのままポイッ」ではダメなのだ。缶は洗うのか?蓋はどうするのか?賞味期限切れの缶詰の捨て方は?など、缶詰の捨て方は意外と疑問点が多いかもしれない。今回は、正しい缶詰の捨て方を解説しよう。

1. 缶詰がリサイクルされるために、正しい捨て方を意識しよう

捨てた缶詰は、回収後にどう処理されるのだろうか。ゴミの正しい捨て方は自治体によって異なり、ゴミを処理する設備も施設によって違うが、缶詰が正しくリサイクルされるためには、缶詰の一般的な処理方法を知り、正しい捨て方を意識することが必要だ。

資源ゴミとして出された缶は、素材ごとに分別されてリサイクルされる。処理施設に運び込まれた缶詰は、手作業で異物などが取り除かれる。その後、スチール缶やアルミ缶などに分別され、それぞれ次の施設に送られて再利用されるのだ。

缶を捨てるときには「水洗いして汚れを落とす」というルールがある。汚れが落ちていないものはリサイクルできず、不燃ゴミの扱いになることがある。缶を捨てるときには、水洗いして汚れを落とし、きれいな状態で捨てよう。

缶詰のリサイクルを増やすためにも、正しい捨て方への意識を高めよう。

2. 缶詰の正しい捨て方は?洗う手順や蓋の処理方法も紹介

それでは、缶詰の正しい捨て方をくわしく紹介しよう。ルールを守った正しい方法で捨てれば、より多くの缶をリサイクルできるのだ。

缶の中身を取り除く

缶詰を捨てる際には、缶の中を確認しよう。食べ残したものや、隅にたまったカスがあるかもしれない。缶の中のものはすべて取り除こう。

缶内部を水で洗う

缶の中の汚れを水で洗い流そう。かんたんに落ちるものは水でさっと洗うだけでよいが、ツナ缶などの油がこびりついたものなどは、使い古しの歯ブラシでこすって洗うとよい。食器用洗剤で洗うと、より落ちやすくなる。

ラベルをはがす

缶詰に貼られた紙などのラベルは、できるだけはがしておこう。はがせなければそのままでもよい。

蓋も洗う

缶詰の蓋も、缶同様に洗おう。缶切りで開けるタイプは切り口がギザギザで、ゴミ袋を破ったり、作業する方の手を傷つけたりすることもあるので、蓋を缶の中に押し込んで捨てよう。プルトップ式は、蓋の素材が缶と同じであれば、缶の中に入れ込めばよい。違う素材の場合は、その素材の捨て方に合わせて捨てよう。

3. 賞味期限切れの缶詰はどうする? 中身が入った缶詰の捨て方

缶詰には賞味期限が表記されている。賞味期限とは、定められた方法で保管した場合に、品質が変わらずおいしく食べられる期限のことだ。

また、正しい方法で保管できていない場合、缶の表面がさびるなどして、小さな穴やすき間が開き、細菌が侵入して中身が腐っていることもある。缶がさびていたり、ふくらんでいたり、ペコペコへこんだりしていたら、腐っている可能性大だ。

中身が入ったままの缶詰は、ほとんどの地域でそのままでは捨てられず、中身と缶を分別して捨てなければならない。ただし、腐っているかもしれない賞味期限切れの缶詰の捨て方には、ちょっと注意が必要だ。

中身の飛び散りに注意

ふくらんだ缶詰は、中でガスが発生して圧力が高まっているので、開けた瞬間に中身が飛び散るおそれがある。中身の飛散防止のため、水を入れたバケツやビニール袋を用意し、水中や袋の中で少しずつ開けよう。穴が開いてガスが出れば、あとは普通に開ければよい。

中身はビニール袋に入れる

缶詰の中身が腐っていた場合は、腐敗臭が気になる。臭いが近所迷惑になることもあるので、できるだけ臭いがもれない対策をしたい。缶詰の中身はビニール袋に入れ、口はしっかりしばっておく。ビニール袋も何枚か重ねると、より安心だ。また、中身の水分が多い場合は、新聞紙などに包んでからビニール袋に入れるとよいだろう。

缶や蓋はしっかり洗う

缶詰の中身が腐っていた場合は、缶の中や蓋にも汚れや腐敗臭がついてしまっている。汚れや臭いを取るために、使い古しの歯ブラシなどでこすって洗うようにしよう。

結論

ゴミの捨て方は自治体によって違うため、今回紹介した缶詰の捨て方が当てはまらない地域もあるだろう。住んでいる地域のルールに従って、正しい方法で捨てるようにしてほしい。また、ゴミの処理方法を知ることも、正しい捨て方へ意識も高まる。ルールを守り、正しい方法で捨てることで、より多くの缶詰をリサイクルしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ