このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイソーの綿棒収納ボックスを買ったらロスが色々減った話

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月22日

ふとしたときに綿棒をケースごと倒し、床などにばらまいてしまったという経験はないだろうか。ダイソーには便利な収納ボックスが数多くラインナップされているが、「プッシュ式綿棒ケース」は、そんなちょっとした面倒を解消し、毎日の生活を快適にしてくれるアイテムだ。今回はプッシュ式綿棒ケースを取り上げ、特徴やおすすめの使い方、便利な点などについて紹介する。

1. ダイソーの「プッシュ式綿棒ケース」とは?

綿棒を買ってきたケースのまま使っている方が多いのではないだろうか。最近はケースの形状が工夫されているものもあるとはいえ、ぴっちりと詰まって入れられているため、特に新しく封を開けた時は綿棒が出しづらく、使い勝手がよいとはいえない。

また、綿棒をケースから取り出そうとする際、うっかりケースを倒し、洗面所やリビングなどに綿棒をばらまいてしまったことがある方も多いことだろう。一つ一つ片付ける作業が面倒な上に、綿棒がいったんケースの外に出てしまうと、元のようにきちんと収めるのはなかなか難しく、衛生用品のため外に飛び散った綿棒を使うのは気がひけるという方もいるだろう。

しかしダイソーのプッシュ式綿棒ケースは、そんな不意に起こる些細な「面倒」を解消してくれる便利なアイテムだ。プッシュ式綿棒ケースは、綿棒のための収納ケースで下のほうにスプリングを搭載しており、その名の通り、ワンプッシュで中身を取り出すことができるようになっている。

本体はプラスチック製で、直径およそ6cmで高さがおよそ10.5cmの円柱型をしており、価格は100円だ(税抜)。

2. ダイソーの「プッシュ式綿棒ケース」の使い方

ダイソーのプッシュ式綿棒ケースには商品紹介のためのシールが貼られているため、綺麗に剥がれるのか心配していたのだが、隅からゆっくり剥がすと、きちんときれいに取り除くことができた。

トップのボタンを押すとふたが飛び出して簡単にふたが外せる。中は3つのセクションに分かれているので、適量の綿棒を入れてふたを戻した上で、カチっと音がするまで押し込めば収納は完了。あとは綿棒を使用したいときに、再びふたを押せば、綿棒がポンと飛び出てくるという仕組みだ。

あまり多くの綿棒を入れすぎると、収納ケースが閉まらなくなる。一般的なサイズの綿棒であれば、1つのセクションあたり25本程度は入るため、100本入りの綿棒であればちょうど1セットがスッキリ収納できる。

3. ダイソーの「プッシュ式綿棒ケース」の便利だったポイント

ダイソーのプッシュ式綿棒ケースの最大のメリットは、片手で労せず綿棒を取り出せる点にある。綿棒のケースというと、両手を使わないと中身を取り出せない仕組みのものが多いが、プッシュ式綿棒ケースならワンタッチで操作することが可能だ。

また、取り出しやすいように綿棒が斜めに飛び出るようになっている。衛生面から綿棒を取り出す際には必要な分以外の綿棒には極力触りたくないものだが、このダイソーのプッシュ式綿棒ケースならそんな心配がない点もうれしい。

また、綿棒といえば先が尖った形のものやヘッドの大きさが異なるものなど、最近では様々な物が存在する。ダイソーのプッシュ式綿棒ケースはセクションが分かれているので、様々な大きさや形状の綿棒を1つのケースに収納したい場合も区切って入れておくことができる。使う時の取り出しやすさは抜群だ。

またダイソーのプッシュ式綿棒ケースは綿棒だけでなく爪楊枝の収納ケースとして使っているという方もいるようだ。食卓に置いておけばとても便利だ。外見がシンプルすぎて物足りないという場合は、好みの転写シールを貼ってオリジナルの収納ケースに仕上げるのもおすすめだ。

結論

ダイソーのプッシュ式綿棒ケースは、綿棒をワンタッチで取り出せる便利なアイテムだ。セクション分けされているので、大きさや形の違う綿棒を収納しておくとさらに使い勝手いい。爪楊枝の収納ケースとしてキッチンや食卓で使うのもおすすめだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ