このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

「なんで落ちないの?」風呂の「黒カビ」が怖いほど取れる洗剤とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月28日

黒カビはお風呂に発生しやすい汚れだ。必然的に湿気が高くなることから、お風呂はカビにとってはよい環境になるため要注意である。掃除を怠ってしまうとすぐに風呂場はカビが発生してしまうため、定期的な掃除が大切だ。しかしどのような方法で行い、何を使ってカビを除去するか知らない人も少なくないだろう。今回は、黒カビ掃除におすすめの洗剤や重曹を使った掃除方法など、落とし方マニュアルとして紹介していく。

1. お風呂の黒カビ掃除におすすめの洗剤

お風呂の黒カビ除去に活用できるおすすめの洗剤が、カビ取り用として開発された洗浄剤だ。スプレータイプで使いやすく、泡が黒カビ箇所に密着して効果を発揮するもので、液だれしにくい点もおすすめポイントである。

お風呂の壁や床、扉のパッキンなどあらゆる場所に使用できるため、持っておくと重宝してくれる便利アイテムだ。強力な力で黒カビを除去する洗剤なだけに、いくつか注意点もあるため把握しておこう。

カビ取り用洗剤使用時の注意点

  • 必ず換気する。
  • 手袋、マスク、ゴーグルなどを着用する。
  • 入浴中には使用しない。
  • 体調不良の時には使用を避ける。
  • 酸性物質と混ざると有害ガスが発生しかねないため単独で使用する。
発売されている商品の注意事項をよく読んで、正しい使い方で安全にお風呂の黒カビ除去を行おう。

2. お風呂の黒カビには重曹も効果あり

お風呂の黒カビには専用の洗剤も効果的だが、重曹を使った掃除方法もおすすめだ。重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れに対して効果を発揮する。お風呂の黒カビをはじめ皮脂汚れも落とすことができる便利な掃除アイテムだ。

カビ取り用の洗剤も強力で魅力のある掃除アイテムだが、上記で説明したように取り扱う際には手袋やゴーグルの着用など気をつけるべき点がいくつかある。しかし、重曹は料理に使われることもあるほど安全なため、小さい子どもがいる家庭では特に重宝するだろう。

3. お風呂の黒カビの落とし方マニュアル

黒カビを除去することに最適な洗剤や、重曹を使う掃除方法を紹介してきたが、ここからはそれらを使った「お風呂の黒カビの落とし方マニュアル」と題して具体的な掃除方法を紹介していこう。

お風呂の黒カビの落とし方

  • 浴室内の水気をしっかりとふき取る。
  • カビハイターを吹きかける。(重曹ペーストを塗り込む。)
  • 洗剤をつけた箇所にラップやキッチンペーパーでパックする。
  • ある程度の時間放置したあとシャワーで洗剤を洗い流す。
  • 黒カビが落ち切れていない箇所はブラシで擦る。
  • 再度シャワーで洗い流す。
  • 仕上げとして、しっかりと水気をふき取る。
お風呂の黒カビの落とし方は決して難しいものではなく、まず水気をふき取ること、時間をおいてから洗剤を流すこと、そして最後に水気をふき取ることなど、落とし方のポイントを押さえることが大切だ。また、そもそもお風呂にカビを発生させない対策を講じることも大事で、壁などに付着している水滴を落とすために、シャワーを使ったあとにスクイージーなどで水滴をしっかりと取り除こう。

カビが好む環境である湿度の高い状態をなくすために、お風呂内を乾燥させること意識することも大切だ。換気扇を回すことや窓を開けるなど、すぐにでも取り組めるカビ対策を実施することで、お風呂の掃除も楽になるだろう。

結論

お風呂場の天敵である黒カビは、早めに対処をすることも大事だが適切なアイテムを使い掃除する方法を把握することも重要だ。カビ用の洗剤はドラッグストアなどで販売されているため簡単に入手でき、家庭にあれば重宝するだろう。ただし、強力な洗剤なため、小さな子どもがいる場合は使用するにあたり注意が必要だ。カビは酸性の性質となる汚れなので、アルカリ性の重曹を使った掃除方法も有効。重曹は料理にも使用されるほど安全なため、ぜひ活用してほしい。掃除方法の把握はもちろんだが、カビを発生させないための環境作りとして事前に行える対策も頭に入れておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ