このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

掃除機の隙間ノズルや布団ブラシの片づけ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月 8日

掃除機の収納はどうすればいいのか迷う方も多いのではないろうか?特に掃除機の付属品である隙間ノズルや布団ブラシなどは、普段はあまり使わないがいざ使おうと思ってもどこにしまったのかを忘れて迷子になってしまうことも多い。では同じような状況にならないためにはどこにどう収納すべきなのか。今回は、掃除機の付属品を収納するおすすめの場所やアイデアDIYについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 掃除機の付属品は100均のボックスへ

家庭によって階段下収納やクローゼットあるいは押し入れの中と、掃除機の収納場所はさまざまである。そして、その掃除機とセットで付属品を収納できれば必要なときにスグに見つけられる。使い勝手をよくするためにも掃除機の付属品の収納に活用できる100均を紹介していこう。

100均のボックス

100均で販売されているボックスを使うことで、あらゆるものを収納できる。掃除機のこまごました付属品は、乱雑にしまっておくと必要となった際に見つけるのも一苦労となるときもあるだろう。さまざまなサイズのボックスが販売されているため、収納する付属品の大きさや量などによって適切なものを選ぼう。

100均のワイヤーバスケット

100均で販売されているワイヤーバスケットも、掃除機の付属品を収納する際に活用できる。ワイヤーバスケットは中に何が入っているか見やすいため、使い勝手もいいアイテムだ。上記で紹介したボックスとともに、掃除機の付属品の収納方法に悩んでいる人はぜひ取り入れてみよう。

2. 掃除機パーツの賢い収納アイデア

100均を利用することも一つではあるが、壁面などのデッドスペースを活用した収納アイデアはすぐに何をしまっているか見つけられるとともに、おしゃれさを演出することもできうる。ここからは壁面を活用した掃除機パーツの収納アイデアを紹介しよう。

ウォールポケット収納

ウォールポケットは家庭の中でもデッドスペースとなりがちな壁面を利用するうえで、非常に活用できるアイテムだ。壁にかけておくだけであるため、スペースを取りすぎずスッキリと収納できる。簡単に取り付けることができ、商品によっては掃除機の細々とした付属品などを十分しまっておける容量も確保できることから、ぜひ取り入れたい収納アイデアである。

3. 掃除機と付属品はDIYでまとめて収納

掃除機の付属品を収納するためのアイテムは、100均で購入できるものやデッドスペースとなる壁面を活かせるものなどさまざまである。しかし、既製品として販売されているものが自分のお気に入りとも限らない。また、理想のサイズとなりうる商品を入手できるとも限らないだろう。その際、ぜひ挑戦して欲しいのがDIYによる掃除機の付属品を収納できるボックス制作だ。

DIYは自分お気に入りの収納アイテムを作るために有効な方法で、好きな大きさのボックスを作ることができる。また、持ち運びも容易にできるように、ボックスにはキャスターを付けることをおすすめする。ただ掃除機の付属品を収納できるボックスを作るだけでなく、機能面も意識したものをDIYするにはキャスターをぜひ取り入れてほしい。キャスターを付けることで、ひ弱な人でも持ちあげることなく簡単に移動させることが可能だ。

結論

掃除機の付属品は頻繁に使うものではなく、意外にも散乱しがちになるためきちんとしまっておくことが大切だ。コストを抑えて収納場所を確保するには100均は外せない。最近では100均も商品が非常に充実しているため、使い方次第であらゆるものを収納できる便利なアイテムになる。また、収納力をアップさせるには、デッドスペースとなる場所をいかに活用できるかが鍵となるが、そこで注目したいのが壁面を使った収納アイデアだ。ウォールポケットを用いることで、うまくスペースを使い掃除機の付属品をしまっておくことができるだろう。自分好みな商品に出会えないときは、DIYでボックスを作ることもおすすめなためなのでぜひ挑戦してみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ