このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

炊飯器の収納はどうする?おすすめアイテムやDIYについて解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

炊飯器の配置場所を考えるとき、使いやすさや見た目にこだわる人は多くいるだろうが、注意しなければいけない点も存在する。そこで今回は、炊飯器を置く際の注意点や、ニトリのアイテムを使った収納術、さらにはDIYによる収納場所の確保におけるコツについて紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 炊飯器の収納は蒸気に注意

使い勝手をよくするため、キッチン周辺やダイニングテーブルの近くに炊飯器を置く人は比較的多いだろう。しかし、炊飯器の配置や収納において注意すべき点は、炊飯時や盛付け時には蒸気が放出するため、家具が変色したり腐食したりなどのトラブルに繋がる可能性があることだ。なかでも炊飯器の蒸気でダメージを受けやすいのは、木材を使っている家具になる。

最もよい炊飯器の置き方は炊飯器上部に何もないことであるが、どうしても避けられない場合は、可能な限り蒸気が直接当たりにくいような配置や逃がす対策を講じることだ。蒸気によるダメージを回避するためには、スライド式になっている収納家具を選ぶことも重要なポイントになる。使い勝手がよい置き方をするだけでなく、家具への影響を考えた収納をすることにも意識を向けなければいけないことを覚えておこう。

2. 炊飯器収納にはニトリのアイテムがおすすめ

さまざまな家具などを扱っていることで知られるニトリは、炊飯器の収納アイテムとして活用できるものも販売している。では、いったいどのような商品があるのか、ここからは、ニトリで入手できる炊飯器収納におすすめの商品を紹介していこう。

レンジラック

ニトリのレンジラックは、商品名にもあるようにレンジなどを置けるスペースが確保されたアイテムだ。しかし、レンジだけでなく炊飯器も収納できるため、キッチン周辺に配置すれば重宝するだろう。見た目もシンプルなデザインが多いので、どのようなキッチンであっても比較的に合わせやすい点もおすすめする理由の一つだ。

また、ラックにはキャスターが付いているものもあるため、キッチンから食卓などへの移動も楽にできる。そして、スライド式棚が含まれるタイプも存在するため、そこを炊飯器置き場にすることで蒸気も避けることができ、家具自体を傷めにくい対策もできる。大きな収納付きラックもあるので、スペースや使用イメージを具体的にすることで、使いやすい収納棚としてピッタリの一品を見つけることができるだろう。

キッチンワゴン

レンジラック以外にキッチンワゴンも、炊飯器を収納する棚としてニトリの商品がおすすめだ。キッチンワゴンは、料理をするときに使う調味料や調理道具などを置いている人も少なくないが、炊飯器の収納場所として活用できるアイテムでもある。上記で紹介したラックと同様に、動かせるようキャスターが付いている商品もあるため、キッチン内のみならず置き場所を簡単に変更することも可能だ。

3. 炊飯器の収納場所をDIYで構築

炊飯器の収納場所として既製品を使用するのではなく、あえてDIYをしてみることもおすすめの方法だ。使いやすさやデザインは、自分の思考を具現化することにこだわってもよいが、炊飯器収納としての押さえるべき注意点を認識しておこう。

スライドできるレールを付ける

上記にもポイントとして挙げたように、DIYでレールを付けることは炊飯器を使いやすくするだけでなく、発生する蒸気の影響による収納家具の変色やダメージを防止することが可能になる。蒸気を避けようとするならば炊飯器の収納場所は大幅に制限されてしまうが、スライド式にすることでその問題もある程度緩和する。

100均の汚れ防止シートを貼る

幅や高さの問題からレール設置のDIYを実践できない場合でも、蒸気による収納家具へのダメージ防止対策を講じなければならない。別の対策案としておすすめなのは、100均で扱っている汚れ防止シートの活用だ。汚れだけでなく、蒸気を通さない効果も期待できることから、お手頃な価格で炊飯器の蒸気対策に利用できるアイテムといえよう。レール取り付けに変わるDIY方法として、ぜひ活用してみよう。

結論

炊飯器を置く場合、収納する家具自体が蒸気によって傷まないように注意することが大切だ。炊飯器を収納するための家具として人気を集めているニトリの商品を活用することや、お気に入りの収納場所をDIYするなど、さまざまな方法の中から自分に合う最適なパターンを選択してみよう。使い勝手を意識することはもちろんではあるが、蒸気対策をないがしろにせず、適切な対処を講じることも忘れないでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ