このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

Gパンは洗濯したほうが長持ちする!?色落ちさせずに自宅で洗う方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月26日

Gパンを色落ちさせたくないという理由で洗濯しない人も多いが、実はGパンはときどき洗濯したほうが長持ちすることをご存じだろうか?汗や皮脂を吸収すると生地が傷む原因になるため、色落ちは防ぎつつ汚れはしっかりと落としたい。そこで今回はGパンを自宅で洗濯する正しい方法について解説する。

1. Gパンを色落ちさせないコツ

Gパンは色落ちしやすいので「洗濯しないほうが長持ちする」というイメージを持っている人も多いが、お気に入りのGパンをできるだけ長持ちさせたければ、実は定期的に洗濯したほうがよい。もともと作業着として作られたGパンは汗や皮脂を吸収しやすい素材のため、洗濯しないと雑菌が繁殖してにおいの原因になったり、繊維が傷んで劣化しやすくなったりするからだ。

また着用しているうちに生地が伸びてヨレヨレになってしまうとオシャレに着こなすことができないので、ときどき洗濯して伸びた生地を元に戻そう。

お湯ではなく水で洗う

ぬるま湯で洗ったほうが汚れは落ちやすいのだが色落ちもしやすい。Gパンを洗うときは水で洗うようにしよう。

蛍光剤、漂白剤無配合の中性洗剤で洗う

一般的な洗濯洗剤には蛍光増白剤や漂白剤が入っているものが多い。Gパンの染料はとくに色落ちしやすいため、Gパンの洗濯には、ニットを洗うときに使うオシャレ着洗い用の中性洗剤を使おう。

Gパンの洗濯頻度

洗濯の頻度は季節によっても異なるが、大体3、4回履いたら1回洗濯をするくらいがいいだろう。夏場など汗をかきやすい季節には、1度の着用でにおいが気になることもあるので、風通しのいい日陰の場所に干して湿気を抜いてから収納するといい。

2. 自宅でGパンを洗濯する手順

愛着があってできるだけ長持ちさせたいGパンは手洗いをするのがおすすめだ。もし手洗いは面倒なのでできるだけ簡単に洗濯したいというときには、自宅の洗濯機でも洗うことができる。

Gパンを手洗いするときの手順

  •  洗濯桶に水を入れ中性洗剤を溶かす
  •  Gパンのファスナーやボタンを閉めて折りたたみ、洗濯液に沈める
  •  10分つけ置きする
  •  泡がなくなるまで2、3回すすぐ
  •  洗濯機で1分間脱水する
10分間つけ置きしただけでもある程度汚れを落とすことができるので、もみ洗いする必要はない。つけ置きにすることで染料はなるべく落とさずに汚れだけを落とすことができる。

Gパンを自宅の洗濯機で洗うときの手順

Gパンは自宅の洗濯機で洗うことも可能だが、他の衣類に色移りするので単独で洗うようにしよう。洗濯機の中でこすれて色落ちしないように、Gパンを裏返した状態で洗濯するのがポイントだ。ダメージジーンズなどはそのままだとダメージが広がってしまうので、洗濯ネットに入れたほうがいいだろう。

Gパンに直接洗剤がかかると色ムラになってしまうことがあるので、あらかじめ洗剤を溶かした洗濯槽の中にGパンを入れる。そして、色落ちを防ぐために弱水流モード(ドライモード、手洗いモードなど)で洗濯し、脱水時間は1分程度にとどめるようにしよう。

3. Gパンの正しい干し方&保管の仕方

Gパンの型崩れを防ぐためにも、洗濯が終わったらなるべく短時間で脱水し、すぐに取り出して乾かそう。色あせを防ぐために、直射日光の当たらない風通しのよい日陰で乾燥させるといい。ピンチハンガーを使って干すと効率よく乾かすことができる。

Gパンの干し方は2種類

ピンチハンガーを使ったGパンの干し方には2通りある。ひとつはウエストの部分をピンチで挟み、筒状にする方法だ。Gパンの中心を風が通りやすいため短時間で乾燥させることができるだろう。

もうひとつは裾のほうをピンチで挟んで逆さまにして乾燥させる方法だ。Gパンの自重でシワが伸びやすいというメリットがある。どちらの干し方でも、ポケット部分が乾きやすいように裏返した状態で干すのがおすすめだ。

Gパンの保管の仕方

Gパンはたたんで収納する方法と吊るして収納する方法がある。たたんで収納する方法は場所を取らずにコンパクトに収納できるのがメリットだが、湿気がこもりやすかったり、折ジワが付いたりすることもある。

その点Gパンをフックやズボンハンガーなどで吊るす収納にするとシワになりにくく、履きたいときにサッと取り出しやすいというメリットがある。ただし吊るすスペースが必要になるため、自宅の収納やGパンの本数によって収納方法を決めよう。

結論

今回はGパンの洗濯の仕方について解説した。Gパンを格好いい状態のまま長持ちさせるためには、3、4回に1回くらいの頻度で定期的に汚れを落とすのがポイントだ。ただし色落ちを防ぐためには中性洗剤を使い、手洗いや弱水流モードで優しく洗うようにしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ