このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

《緊急事態》風呂の排水溝が詰まった!試すべき解消法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 2日

風呂の排水の流れが悪くなり、シャワーを使用している最中や、風呂の水を排水した後、洗い場に水が溜まってしまうという悩みはないだろうか。もしそのような状況であれば、原因は排水溝の詰まりである可能性が高い。そこで今回は、排水溝の詰まり解消方法を紹介しよう。

1. 風呂の排水トラップの詰まり解消方法

風呂の排水溝が詰まって水の流れが悪い場合、風呂の排水溝の目皿や排水トラップ、もしくは排水管いずれかの箇所の詰まりが疑われる。

風呂の排水トラップとは

排水トラップとは、配水管内部から上がってくる悪臭を、水を使ってせき止める役目を果たしている部分のことで、ドラムトラップとワントラップの2種類がある。風呂の排水トラップ内に流れ落ちた髪の毛や皮脂と、それに伴い生成されたヘドロ状の汚れは、排水トラップ内部に蓄積され、水の流れが悪くなって風呂の排水溝詰まりの原因となる。

詰まり対処手順

風呂の排水溝詰まりを解消するには、排水トラップの各部品を取り外してゴミなどを除去する必要がある。

準備

・スポンジ
・使い古しの歯ブラシまたは柄のある掃除用隙間ブラシ
・ゴミを入れるビニール袋
・ゴム手袋

手順

1.風呂の排水口にふたがある場合はふたと目皿(ヘアキャッチャー)を外し、ゴミをビニール袋へ捨てる。
2.排水トラップ内の部品(封水筒、ワンなど)を取り外す。封水筒は、回したりスライドさせたりすれば簡単に取り外せ、ワンはそのまま持ち上げれば取れる場合が多いようだ。
ただし、部品が固定されている場合や、汚れが原因で固着している場合があるので、無理な力を入れないと取り外せない場合は作業を中止しよう。そのまま無理に取り外すと、破損や水漏れの原因になることもあるので注意したい。
3.排水溝に溜まった髪の毛や汚れをビニール袋へ捨てる。この際、排水管内にゴミを流さないよう気をつけよう。
4.各部品に付いた汚れをスポンジやブラシを使いキレイにこすり洗いする。
5.各部品を元に戻す。

2. 風呂の排水管の詰まりを押し出す方法と溶かす方法

風呂の排水トラップより奥の箇所である、排水管内部が詰まった場合、手軽にできる対処方法は、ラバーカップ(すっぽん)を使用して物理的に詰まりの元を押し出す方法と、パイプクリーナー(排水管洗浄剤)を使って詰まりの元を溶かす方法がある。

ラバーカップで詰まりを押し出す方法

ラバーカップはトイレの詰まりで使用することの多い道具であるが、風呂の排水溝が詰まって、水が流れない状況の場合にも有効なので試してみてほしい。使い方は、水が溜まっている状態の排水口に、カップ部分をゆっくり押し当て、一気に引き抜くだけである。水が引いていけば詰まりが解消されたということだ。

パイプクリーナーで詰まりを溶かす方法

塩素系のパイプクリーナー(排水管洗浄剤)は、風呂の排水管内部に溜まった、髪の毛などの詰まりを溶かす場合に有効だ。使用方法は、排水口目皿などを取り外し、排水管に直接パイプクリーナーを注ぎ入れ、一定時間放置後水を流すだけでいいので簡単だ。しかし、放置時間を守らないとかえって詰まりの原因となることもあるので、放置時間や容量など、細かい使用方法は製品の説明書に沿って使用したい。

塩素系のパイプクリーナー(排水管洗浄剤)は、たんぱく質を溶かす成分と、ツンとした刺激臭があるため、直接手に触れたり目や口に入ったりしないよう、ゴム手袋、マスク、ゴーグルをし、換気を充分しながら作業するとよいだろう。

3. 風呂の排水トラップの汚れ落としにはオキシクリーン

排水トラップのヌメリなどの汚れ落としにはオキシクリーンを使う方法がおすすめだ。オキシクリーンは、過炭酸ナトリウムと炭酸ナトリウムを主成分とした、弱アルカリ性の酸素系漂白剤だ。

オキシクリーンを水に溶かすと酸素の泡が発生する。その酸素の泡と弱アルカリ性の成分の力で、風呂の排水トラップに付いた皮脂などの酸性の汚れを浮かせて落とす。さらに除菌、消臭効果もある。

使用方法は、40〜60℃のお湯4リットルにオキシクリーンを付属計量スプーン1杯分の分量で混ぜ合わせた溶液を作り、排水トラップの部品を1~6時間程度つけ置きし、最後にブラシなどを使い洗い流せば完了だ。

オキシクリーンは塩素系洗剤のような刺激臭がないので、においの気になる方の場合は使いやすいだろう。ただし、髪の毛などの詰まりを溶かす力はないので、あくまでも酸性の汚れを剥がし、除菌、消臭するという目的で使用するとよいだろう。弱アルカリ性のため、使用する際はゴム手袋などをして、直接手に触れないよう注意してほしい。

また、熱湯を使うことはお風呂の排水溝周りは排水管をダメにしてしまい、思わぬ出費になる可能性もある。必ず普段入浴に使用しているお湯でオキシクリーンを溶かすなど、お湯の温度は気をつけよう。

結論

風呂の排水溝は髪の毛などが詰まりやすい箇所である。実際に詰まってからでは対処が大変だ。汚れがひどくなる前に、定期的に排水トラップと排水管の掃除をし、排水口のヘアキャッチャーには使い捨てのネットを被せるなどして、日ごろから排水溝詰まりが発生しないための対策を立てておくとよいだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ