このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セリア「ツートンドリンクメーカー」ならおしゃれな2層式ドリンクが簡単

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

カフェでよく見る二層に分かれたコールドドリンク。2種類の飲み物を普通にグラスに注いだだけでは混ざってしまうので、カフェのようなきれいな二層を作るのは難しいのだ。そんな二層のドリンクが作れるセリアのおすすめ商品「ツートンドリンクメーカー」を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セリアの「ツートンドリンクメーカー」とはどんなもの?

セリアの「ツートンドリンクメーカー」を使えば、カフェのような二層のドリンクがかんたんに作れる。本体はブラウンで、コーヒーカップのような形をしており、直径5.2×高さ5.9cmほどの大きさ。

付属品としてストローが3本ついている。このストローは、折れ曲がるタイプのごく普通のストローだ。本体とストローを組み合わせて、二層のドリンクが作れるアイテムになるのだ。

2. セリアの「ツートンドリンクメーカー」は使い方かんたん!

液体がキレイに二層に分かれるのはどうしてだろうか。実は、それぞれの液体の比重が違っていて、重いほうが下に沈むのだ。アイスコーヒーやアイスティーのガムシロップが底にたまるのも、水分よりもガムシロップが重いからである。

そして、セリアのツートンドリンクメーカーを使えば、比重の違いを利用した二層ドリンクがかんたんに作れる。その手順を説明しよう。

1.グラスにストローを入れ、グラスのフチの高さでストローを切る。
2.本体にストローを差し込む。
3.本体のフックをグラスのフチにかける。
4.グラスに氷と上層になる飲み物を入れる。
5.下層になる飲み物を、本体の内側に沿わせるようにそっと注ぐ。
6.好みの高さまで注ぎ、本体が空になったら本体とストローを取り外す。

3. セリアの「ツートンドリンクメーカー」でおしゃれな二層カフェオレを!

よく見かける二層のドリンクが、コーヒーとミルク(牛乳)が分かれているカフェオレ。コーヒーよりもミルクのほうが比重が大きいので、ミルクが下、コーヒーが上になったカフェオレができるのだ。

上で説明した手順どおり、まず氷とコーヒーをグラスに入れ、ミルクをそっと注いでいくと、カフェのような二層のカフェオレができあがる。ガムシロップを入れる人は、最初からミルクにガムシロップを混ぜておくことをおすすめする。ミルクの比重がより大きくなって、二層に分かれやすくなるのだ。

4. セリアの「ツートンドリンクメーカー」はレシピもいろいろ!

セリアのツートンドリンクメーカーには、使用方法の説明のほかにアレンジレシピもついている。購入して、いろいろ試してみよう。また、付属されたレシピ以外にも試してみたい二層ドリンクはたくさんあるので、おすすめをいくつか紹介しよう。

かき氷シロップ×ミルク

カラフルな色合いが楽しいかき氷シロップ。ミルクと合わせると、どこか懐かしさを感じる味わいの、子どもが喜ぶミルクドリンクが完成する。大人には、ミルクではなく無糖の炭酸水を使ってもよいだろう。ミルクや炭酸水よりも比重が大きいかき氷シロップが、下層となる。かき氷シロップはかなり甘いので、入れすぎには注意しよう。

甘酒×炭酸水

「飲む点滴」ともいわれる人気の甘酒。甘酒に無糖の炭酸水を混ぜると、さわやかで飲みやすいドリンクになる。下層になるのは比重が大きい甘酒だ。そのままでも充分おいしいが、レモン汁を少し加えるとさらにさわやかさが増し、レモンスカッシュ風のドリンクになる。

三層ドリンクに挑戦

シロップ類は比重が大きく、水は小さい。フルーツジュースや牛乳などはその間になるのだ。この比重の違いを利用して、二層よりもインパクトがある三層ドリンクにチャレンジしてみよう。

かき氷シロップとフルーツジュース・無糖の炭酸水で作る、カラフルな三層ソーダドリンクがおすすめだ。いちごシロップ×オレンジジュースやブルーハワイシロップ×りんごジュース、メロンシロップ×パイナップルジュースなど、いろんな組み合わせを楽しもう。

結論

作るのは難しいが、お客さまのおもてなしドリンクとしておすすめの二層ドリンク。その美しさや混ぜるときの楽しさは、お客さまも喜ぶこと間違いなしだ。セリアのツートンドリンクメーカーを使えば、そんな二層ドリンクもかんたんに作れる。カフェオレはもちろん、いろいろなレシピに挑戦してもらいたい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ