このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

砥石を使った正しいステンレス包丁の研ぎ方と頻度。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 7日

家庭用の包丁といえば、ステンレス包丁が最も一般的だ。硬くて錆びにくく、お手入れが簡単という特徴から、ステンレス包丁を日常的に愛用している方も多いのではないだろうか。しかしステンレス包丁は、使用しているうちに切れ味が落ちてくるものだ。ステンレス包丁を長持ちさせるために、メンテナンスとして「研ぎ」は必要なことだ。今回はステンレス包丁の研ぎ方や、使用する道具を紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ステンレス包丁を簡単に研ぐ方法とは?

シャープナーを使う方法

ステンレス包丁を研ぐ方法として、まず一つ目は「シャープナー」を使う方法だ。シャープナーとは、包丁を溝にセットして擦るだけで、刃を研ぐことができるアイテムのことをいう。シャープナーは特別な技術は必要なく、誰でも簡単にステンレス包丁を研ぐことができる。また簡単な上に安全性も高いので、初めてステンレス包丁を研ぐ方や、時間をかけずに手早く研ぎたい方におすすめだ。

シャープナーはホームセンターなどで簡単に手に入る。種類も豊富で、置き型タイプやスティックタイプ、電動タイプなどが販売されている。自分の用途に合ったタイプを選んで購入しよう。

砥石を使う方法

ステンレス包丁を研ぐ2つ目の方法は、「砥石」を使う方法だ。近年では、家庭でのメンテナンスはシャープナーが一般的になり、砥石で包丁を研ぐ方は少ないかもしれない。しかし、砥石を使って研げば刃先の角度が鋭利になり、シャープナーを使って研ぐよりも刃こぼれしにくく、切れ味が長持ちする。

砥石の種類は大まかに分けて3つある。「荒砥石」「中砥石」「仕上げ砥石」の3種類だ。包丁の切れ味にこだわって研ぐならば、この3種類を順番に使って研いでいくのだが、家庭用のステンレス包丁を砥ぐ場合は、中砥石が1つあれば問題ない。ステンレス包丁の刃の状態に合った砥石を選ぶようにしよう。

2. ステンレス包丁を砥石で研ぐ方法とは?

本格的にステンレス包丁を研いでみたいという方には、やはり砥石がおすすめだ。少し時間や手間はかかるが、研ぎ具合を自分で調節できたり、切れ味が長持ちしたりとメリットはたくさんある。今回は、中砥石を使ったステンレス包丁の研ぎ方を紹介する。

用意するもの
・ステンレス包丁
・砥石(中砥石)
・布巾
・ボウルや洗面器など
  • ボウルの中で10~20分程度、砥石を水に浸す。砥石から気泡が出なくなるまで放置し、水を吸わせる。砥石の種類によっては吸水タイプでないものもあるので、その場合はこの工程は不要だ。砥石が吸水したら、平らな台に砥石を置く。滑らないように、濡れた布巾などを敷いておくと、安全に作業がしやすい。
  • 体の正面にまっすぐ砥石を置き、砥石に対して45度にステンレス包丁を傾ける。さらに砥石に当てる刃先の角度を約15度に固定する。10円玉2~3枚分が入るくらいが目安だ。
  • ステンレス包丁をセットしたら、研磨していく。包丁の柄と腹の2か所を押さえ、10~15回程度を目安に滑らせる。ポイントは手前から奥へ軽く押し出すように力を加え、手前に戻すときは軽く力を抜くことだ。片面が研ぎ終えたら裏返して、反対の面も同じように研いでいく。
  • 研ぎ終えたら布巾で拭き、乾燥させる。
ステンレス包丁を砥石で研ぐには、角度が重要だ。コツがわかれば、自分好みの切れ味に仕上げることもできる。基本のやり方を覚えて、砥石での包丁研ぎにチャレンジしてみよう。

3. ステンレス包丁を研ぐ頻度は?

プロは毎日研ぐ!

プロが使う包丁は「鋼」素材のものが多く、基本的にはメンテナンスをしないとすぐに錆びてしまったり、切れ味が落ちてしまったりする。毎日多くの食材をさばくプロの包丁の場合は、毎日研いでメンテナンスをすることが重要なのである。また、包丁の切れ味は食材の味を左右する重要なポイントであるため、包丁のコンディションを常に最高の状態に保っていることが必須だ。

一般家庭の場合は?

では一般家庭のステンレス包丁の場合は、研ぐ頻度はどれくらいなのだろうか。それぞれの家庭によって、使用頻度に差があるため一概にはいえないが、毎日料理をするのであれば「1ヶ月に1~2回程度」が理想とされている。月1回程度の頻度であれば負担も少なく、ステンレス包丁の切れ味を保つことができるだろう。

しかし、切れ味が落ちてきたと感じたら、すぐに研ぐようにしよう。切れ味の悪い包丁をそのまま使用していると、切る際に余計な力が入り、指を怪我してしまう原因になりかねない。また、切れ味の悪い包丁の刃で皮膚を怪我してしまった場合、傷口が荒くなり、治りが悪くなってしまうので気を付けよう。

結論

包丁研ぎは、ステンレス包丁を長く使うために必要なメンテナンスだ。切れ味のよいステンレス包丁で調理をすれば、食感が代わりいつもより美味しく感じるかもしれない。愛用のステンレス包丁を研いで、切れ味を取り戻してはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ