このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

限られたスペースでカバンを収納!キャンドゥのおすすめ商品を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 8日

あなたはカバンの収納場所を決めているだろうか。スペースがないから、楽だからと、床に置いてはいないだろうか。カバンを床に直接置くとホコリが付いたり、素材によっては倒れたりしてしまう。大事なカバンを長く大事に使うためにも定位置を作るのが望ましい。今回は、キャンドゥの商品でカバンを収納する方法を紹介する。

1. かわいい黒猫がポイント!キャンドゥの「ドアフック」がおすすめ

バッグの収納場所を作りたいが、壁にネジや釘は打ちたくない。そんなときにおすすめなのがドアフックだ。キャンドゥには何種類もドアフックが並んでいるが、黒猫をモチーフにしたタイプを使ってみてはいかがだろうか。

商品概要

材質:ABS樹脂
耐熱温度:150℃
取り付け場所:一般家庭の室内ドア
ドアの厚さ:28〜35mmに対応
総耐荷量:6kg

使い方

黒猫が室内の内側に位置するようにフックをドアに取り付けるだけで固定できる。固定が緩い場合やドアに傷が付く可能性がある場合は、間に布を挟んで調整しよう。カバンは猫の尻尾に引っかけるのがおすすめだ。

注意点

・35mm以上の厚さのドアには使用しない。
・ドアとドア枠の隙間が3mm以上空いていることを確認してから使用する。
・ガラス製品など壊れやすいものはフックにかけない。

キャンドゥの黒猫モチーフの「ドアフック」は、カバン以外の収納にも利用できる。帽子をかけたり、ハンガーに通した衣類をかけたりしてもよい。また、動きのある黒猫がアクセントになっているこの「ドアフック」は、子ども部屋にもおすすめだ。子どもも楽しくカバンを片付けることができるだろう。ぜひキャンドゥで黒猫を探してみよう。

2. 型崩れを防ぐならキャンドゥのファイルボックスを活用しよう

ファイルやノートなどを整理するファイルボックスを用いた収納方法が人気だ。キッチンで活用される機会が多いのだが、バッグ収納にもおすすめである。今回はキャンドゥのファイルボックスを2種類紹介しよう。

「スッキリまとめ隊」概要

素材:ポリプロピレン
サイズ:幅約12.5cm×奥行き約33.5cm×高さ約23.5cm
耐熱温度:120℃
耐冷温度:−20℃
カラー:ホワイト

「ラッセ バスケット A4スタンド」概要

素材:ポリプロピレン
サイズ:約28.4cm×10.3cm×18.5cm
耐熱温度:120℃
耐冷温度:−20℃
カラー:ホワイト・アイボリー・ライトブルー

同じサイズのファイルボックスを並べてそれぞれにカバンを入れると、カバンがお互いに干渉することなくキレイに収めることができる。そのまま置くと形が崩れやすい柔らかな革製品の場合は、ファイルボックスに収納するだけで型崩れを防ぐことができる。

カバンを収納したファイルボックスはカラーボックスに入れたり、クローゼットの中の空いたスペースに置いたりするとよい。

今回紹介したキャンドゥのファイルボックスは、2種類とも持ち手が付いている。そのため、収納スペースの引越しをしたり、カラーボックスから取り出すときもスムーズに移動できるだろう。

3. 棚がなくてもキャンドゥの「つっぱりポール」で楽々収納

収納棚にこれ以上空きスペースがなかったり、クローゼットや押入れの中にカラーボックスなどの棚を置くスペースがなかったりする場合は、室内のデッドスペースをカバンの収納場所として活用することができる。キャンドゥの突っ張り棒「つっぱりポール」を使ってみよう。

「つっぱりポール ホワイト・ブラック」概要

■約30〜50cm/耐荷量約1kg
■約40〜70cm/耐荷量約1kg
■約55〜90cm/耐荷量約1kg
■約70〜120cm/耐荷量約1kg
素材:スチール・塩化ビニル樹脂

「つっぱりポール 木目調」概要

■約25〜40cm/耐荷量約1kg
■約40〜70cm/耐荷量約1kg
■約60〜100cm/耐荷量約1kg
素材:スチール・塩化ビニル樹脂

「つっぱりポール ミニ ホワイト」概要

■約18〜28cm/耐荷量約1kg
素材:スチール・塩化ビニル樹脂

用意するものは、キャンドゥの「つっぱりポール」とS字フックだ。「つっぱりポール」をデッドスペースに設置したらS字フックを引っかけるだけで完成だ。S字フックにカバンをかけて収納しよう。

注意点は、耐荷量が1kgのため、重いカバンには向いていないということだ。しかし棚がなくても省スペースでカバンを収納できるため、隙間を有効活用できるというメリットがある。

またキャンドゥにはミニタイプの「つっぱりポール」があり、幅が狭い場所での収納も可能だ。ぜひ試してみてほしい。

結論

キャンドゥの商品を使ってカバンを収納する方法を紹介した。収納スペースがなくても、工夫次第でカバンの定位置を作ることは可能だ。定位置ができると、カバンにさらに愛着が湧き、大切に使おうという意識が芽生えるだろう。今回紹介した方法を参考に、キャンドゥの商品と限られたスペースを上手に使ってカバンを収納してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ