このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キャンドゥの収納アイテムで、シンプルな寝室を作る

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 8日

1日の疲れをゆっくりと取る寝室は、常にスッキリさせておきたいが、必要なものをすぐに使えるようにもしたいものだ。手軽に寝室を片付けるには、100均のキャンドゥのアイテムが便利だ。今回は、キャンドゥのアイテムから寝室での収納に役立つものを紹介する。

1. キャンドゥの「布団収納袋」で押し入れをスッキリさせよう

寝室の押入れを開けると、しばらく出番が来ない布団が入っていることはないだろうか。布団は押入れに入れておけば外からは見えないが、何枚も積み重ねておくと次第にバランスが崩れてしまう。

そこで、しばらく使わない布団をキレイに収納するのにおすすめなのがキャンドゥの「布団収納袋」だ。

「布団収納袋」概要

サイズ:高さ約30cm×横約88cm×奥行き約60cm
材質:ポリプロピレン
収納容量:シングルサイズのかけ布団1枚

使い方は簡単だ。シングルサイズの布団を折りたたみ、「布団収納袋」に入れてファスナーを閉じたら完了だ。センターファスナーを採用しているため、布団の出し入れがスムーズにできる。ただし、洗濯やアイロンがけはできないので注意しよう。

キャンドゥの「布団収納袋」は、店舗によって取り扱いのカラーや柄が異なる。たとえば、ジグザグ模様が特徴のヘイモ柄のモノトーンタイプや、無地のベージュがある。いずれも色合いが落ち着いており、寝室の押入れにもマッチするだろう。

なお、キャンドゥにはほかのアイテムでもヘイモ柄を採用しているものが多く見られる。身の回りのものをヘイモ柄でそろえてみるのも面白いだろう。

2. キャンドゥのボックス類は寝室インテリアにも合う

こまごましたものを収納したり、ベッドサイド周りをスッキリさせたりしたいときにはキャンドゥのボックス類を使おう。

「プレーンボックス」

全4色、2サイズからなる「プレーンボックス」はふた付きのボックスで、どんな場所の収納にも役立つキャンドゥの人気アイテムだ。アイボリー、ライトブルー、ライトグレー、ストーングレーはいずれも柔らかい雰囲気を持ち、寝室に置いても圧迫感がない。スタッキング収納ができるほか、ふたの上に物を置くこともできる。

店頭ではふたと本体が分けて並んでいる場合があるので、セットで取ることを忘れないようにしよう。

「ペーパーボックス」

キャンドゥのペーパーボックスはさまざまなタイプがあり、デザイン性もバツグンだ。英語の辞書に見えるボックスや英字ロゴがデザインされたもの、木箱に見えるボックス、モノトーンのヘイモ柄、高級感あふれる大理石調のボックスなど、選ぶのに迷うくらいにデザインの種類が豊富だ。

キャンドゥの「ペーパーボックス」全体としては、モノトーンタイプが多く見られる。インテリアの1つとして寝室に置いても違和感がないだろう。

キャンドゥの店頭では、「ペーパーボックス」はラッピングアイテムコーナーや文具コーナーに並んでいることが多い。ヘイモ柄のボックスは、同シリーズの特集コーナーが組まれている場合もあるので確認しよう。

3. 低価格で実現!キャンドゥの「フリーマルチパネル」でラックを作ろう

雑誌や本、新聞を寝室で読むことはないだろうか。読んだ後簡単に片付けるには、ラックがあると便利だ。キャンドゥの「フリーマルチパネル」を使うと、自分の好きなサイズ、段数のラックを簡単に作成できる。

「フリーマルチパネル」シリーズ概要

■フリーマルチパネル 355mm×355mm 材質:ポリプロピレン
■フリーマルチパネル 185mm×355mm 材質:ポリプロピレン
■フリーマルチネット 355mm×355mm
■連結ジョイント 4個入り
※価格はいずれも100円(税抜き)

たとえば、簡単なマガジンラックを作るなら、大きいパネル2枚と小さいパネル3枚、ジョイント8個を組み合わせるとよい。その場合、価格は700円だ。

さらに大きいラックや収納スペースを複数作りたい場合は、パネルとジョイントを増やそう。自分好みのラックを低価格で作れるのは嬉しい。

キャンドゥの「フリーマルチパネル」は半透明のため、寝室に置いても強く主張しない。雑誌や新聞以外にもアイデアを駆使して収納に役立ててほしい。

結論

キャンドゥの収納アイテムは、寝室のインテリアに調和しやすいのでおすすめだ。見せる収納、見せない収納、収納したボックスを見せる収納など、好みで楽しむことができる。ぜひキャンドゥへ足を運び、スッキリとした寝室を目指してほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ