このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【掃除機の掃除】悪臭を防ぐ掃除機のメンテナンス方法とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月12日

家の掃除に大活躍の掃除機だが、いざ部屋の掃除をしようとしたら、いやな臭いがたちこめてきたという経験はないだろうか?普段は見落としがちだが、家を掃除する「掃除機」自体を掃除することも忘れてはいけない。掃除機の掃除を怠ると、吸い取りが悪くなるなど掃除効率が落ち、スイッチを入れるたびに、いやな臭いに悩まされかねない。そこで今回は、掃除機の掃除の必要性と掃除方法について解説しよう。

1. 掃除機の悪臭はカビや埃が原因だ

掃除機を長く使い続けていると、スイッチを入れるたびにいやな臭いを感じることがある。悪臭の原因はカビや埃だ。掃除機自体の掃除をしないで放っておくと、掃除機の内部に埃などの汚れがどんどん蓄積し、カビや雑菌が繁殖する。それが悪臭の原因となってしまうのだ。掃除機の内部についた埃やカビ、雑菌が、掃除をするたびに排気口から噴き出したのでは、せっかくの掃除も台無しだ。

普段掃除機を使っていると、吸引力が落ちてくることがある。ゴミがたまったのだろうと考え、たまったゴミを捨てるという方が多いのではないだろうか?だが、吸引力が落ちるまでゴミをためておくのはあまりおすすめできない。ゴミが満タンになるまで放っておくことで、ゴミの中にたまったダニの死骸や埃などからカビが発生し、悪臭の原因となるからである。できれば掃除機にたまったゴミは、こまめに捨てたいものである。

ゴミを捨てるだけではなく、掃除機の内部までこまめに掃除しているという方はどれくらいいるのだろうか?もしも掃除機内部の掃除をしたことがなく、掃除機の排気が少しでも臭うな、と感じることがあれば、ぜひとも掃除機内部の掃除にもチャレンジしてほしい。
では、内部の掃除方法を簡単に説明しよう。
  • 電源を抜く
  • 掃除機にたまったゴミをすてる
    紙パック式、サイクロン式など掃除機の機種によって捨て方は異なるが、できるだけゴミが満タンになる前に捨てるようにしよう。そうしないと、たまったゴミにカビが発生する原因になる。
  • 掃除機本体の外側を水拭きする
    除菌スプレーなどを含ませた布などで拭くと、さらによいだろう。
  • フィルターを掃除する
    丸洗いできるものは、水洗いしてしっかりと乾かそう。
  • 掃除機の内部も水拭きし、しばらくふたをあけた状態でしっかりと乾燥させる
  • 吸い込み口のゴミや埃をとる
    吸い込み口についたゴミや埃を取り除こう。ローラー部分にからみついた髪の毛などは、手芸用品のリッパーを使うと、取りやすくなっておすすめだ。なければ割りばしなどを使うのもよいだろう。

2. 掃除機の掃除には「重曹」が便利

家中のいろいろな掃除に重宝する「重曹」だが、掃除機の掃除にもその威力を発揮することができる。まずは、まず、500mlの水に大さじ一杯の重曹を入れて、よく混ぜて重曹水をつくる。その重曹水をスプレーした布で、掃除機の外側や内部を拭いてみよう。重曹はキッチンやリビングなどの掃除にも使えるので、そのついでにでも掃除機の掃除に使ってみるとよいだろう。

重曹は掃除機の臭いをとるのにも使える。紙パックの中に少量の重曹を入れるか、少量の重曹を床にまき、掃除機で吸い取ろう。重曹が悪臭の原因となるカビや埃の成分を中和し、臭いをなくす効果があるのだ。小さい子どもやペットがいるご家庭でも、安心して使うことができるのでおすすめだ。

3. 掃除機の掃除の頻度は月1回を目安に

最後に、掃除機の掃除の頻度について解説しよう。掃除機の掃除の頻度はそれほど多くなくてもよい。月1回くらいの頻度で十分だろう。そのためには、ゴミはなるべくためないようにすることがポイントだ。掃除機にゴミがたまると、カビや雑菌が発生して内部が汚れやすくなり、掃除をする手間も増える。さらに、ゴミ入れが満タンになれば、あふれたゴミや埃が掃除機内部の隙間に入り込み、故障の原因にもなりかねない。ゴミがたまったらこまめに捨てるようにしよう。

結論

掃除には欠かせない掃除機だが、掃除機自体の掃除まではなかなか気がまわらないものだ。しかし、掃除機の掃除をおろそかにすると、掃除機を使うたびにカビや埃をまき散らすことにもなりかねない。気持ちよく掃除をするためにも、月1回の掃除機掃除を習慣にしたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ