このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

階段下の収納術!ラックで棚を作って有効活用する方法。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 9日

家の中に収納スペースが足りないと悩んではいないだろうか。そんな時に見てほしい場所がある。それは階段下のスペースである。階段下のスペースを上手に有効利用することで、収納スペースにすることができるのだ。ぜひ階段下収納をうまく活用する方法を覚えて、収納の悩みの解決に役立てよう。

1. 入れる物に合わせた階段下収納で空間を有効利用

階段下収納は入れる物や収納の仕方によってその使い勝手が大きく変わってくる。階段下のスペースや形、入れる物に合わせて、効率よく収納をしよう。

キャスター付きのワゴンで使いやすく

階段下に入れる物が日用品のストックなどの場合、奥行きのある階段下のスペースでも取り出しやすくなるように、すぐ引き出すことができるキャスター付きのワゴンを活用するのがおすすめである。もしくは片側に収納棚を置き、人ひとりが通れるくらいのスペースを空けて収納する方法もある。

カラーボックスを重ねて設置

階段下の空間に合うようにカラーボックスを重ねて設置して仕切ることで、よりその空間を有効利用できる。さらに使いやすくするためには、カゴやボックスを使うとよい。収納するものに限らず、スペースを上手に使うことができる。

突っ張り棒で引っかける収納を

階段下の斜めになっているようなスペースには突っ張り棒を使うとよい。カバンや帽子などを突っ張り棒で引っかける収納にすることで、デッドスペースを限りなく減らすことができる。

2. 階段下収納にはラックを上手に使おう

階段下のスペースは階段の段差によって天井の高さが変化しているため、上手にスペースを使いこなすのが少し難しくなる。この問題を解決するためにはラックを用いるとよい。高さの異なるラックを階段下のスペースに合わせて設置し、無駄なスペースをできるだけ減らそう。空間をラックで区切ることで使いやすい収納にすることができる。

またラックとボックスを組み合わせることで、よりスッキリとわかりやすい収納にすることが可能だ。日用品のストック場所にも適しているので、収納するものに合わせてより使いやすくなるようにスペースを活用しよう。ラックとボックスなど、複数の収納グッズの組み合わせは見た目にも変化をもたらすため、上手にカスタマイズすることでスタイリッシュな収納にすることもできるだろう。

3. 階段下に棚を設置!すっきり収納を目指せ

階段下のスペースをすっきりと使うために、棚を設置するのもよいだろう。階段の段差の高さに合わせて棚を自作することができれば、ほとんど無駄がない階段下収納ができ上がる。また棚にぴったりの収納ボックスを組み合わせることできっちりと収納することも可能になってくる。

使いにくい上方のスペース対策

階段下の上方のスペースはなかなか使うのが難しく棚の設置も困難になってくる。そんなときは突っ張り棒とワイヤーネットを組み合わせて棚風の収納を作ってみてはいかがだろうか。簡単に作ることができ、材料も100均で取り揃えられる。またその際は収納する物の重さに少し注意しよう。突っ張り棒はネジなどで固定しているわけではないため、落ちる危険性がある。

棚にもキャスターを付ける

より機能性を求めるなら、棚にキャスターを取り付けて可動式の棚にしてもよいかもしれない。階段下のスペースをすべて使って中に入れなくなっても、棚ごと引き出すことができれば問題はない。ちょっとした工夫で収納スペースを拡大することができるのだ。

結論

今回は階段下のスペースを上手に利用することで収納に役立てる方法をいくつか紹介した。各家庭によって階段下のスペースや大きさ、間取りは全く違ってくる。よりよい方法を模索して、一番有効的にスペースを利用できるものをぜひ見つけてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ