このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キャンドゥのアイテムで靴を賢く収納する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

あなたは靴をキレイに収納しているだろうか。下駄箱の中で雑に置かれているなら、この機会にキャンドゥのアイテムで靴の収納を見直してみよう。100均のキャンドゥには、靴専用収納アイテムだけではなく、収納場所が人の目に触れてもオシャレに見えるボックスがある。大事な靴やシーズンオフの靴をキャンドゥのアイテムでスッキリ収納する方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャンドゥの「シューズケース」は積み重ね可能

どの靴がしまってあるのか見えるようにしておきたいときには、キャンドゥの靴専用収納アイテム「シューズケース」がおすすめだ。

「シューズケース」概要

材質:ポリプロピレン、ABS
収納できる靴のサイズ:約27×19×10cm
商品サイズ:約29×21×12cm
積み重ねて使用できる個数:6個

キャンドゥの「シューズケース」は本体とフレームの2点で構成されており、とても簡単に組み立てられる。折りたたまれている本体を広げ、ツメを穴に差し込み箱を作ったら、ふたになる部分にフレームを付けて完成だ。フレームを付ける際は、カチッと音がするまで確認すると外れる心配がない。

組み立てたケースは、高さがある下駄箱やクローゼットに収納するとよい。透明な本体によって、とてもスッキリとした印象になる。

積み重ねるときは、下段のフレームの穴に上段底部にある2つのツメを差し込もう。安定感は申し分ない。ふたを手前に開けるだけで靴を取り出せるため、上下のケースをずらさず、とてもスムーズに靴の出し入れができる。

なお、靴の大きさや形によって、そのまま収納するのが難しい場合がある。前後を逆さまにして合わせたり、寝かせたりすれば入る場合もある。

キャンドゥの「シューズケース」は、玄関以外の場所でも靴を収納できるのが魅力だ。家の中の空きスペースを上手に使い、ケースを収めよう。

2. オフシーズンのブーツはキャンドゥの「ブーツ収納袋」に入れよう

シーズンオフのブーツの収納には気を配っているだろうか。下駄箱の高さがある部分に入れたまま、気が付いたらカビが生えていた、そんな経験はないだろうか。

ブーツは靴よりも高さがあるため、収納は難しそうに感じるかもしれない。そんな場合はキャンドゥの「ブーツ収納袋」を使ってみてはいかがだろうか。

「ブーツ収納袋」概要

材質:ポリプロピレン不織布、ポリエステル
サイズ:約61×34cm

キャンドゥの「ブーツ収納袋」は、口を結べる紐が付いている。また、不織布生地なので通気性もバツグンだ。さらに乾燥剤付きなので安心して収納できる。収納する前にブーツを乾燥させ、清潔な状態にしてから袋に入れよう。収納後はそのまま下駄箱に入れてもよいし、クローゼットや空きスペースに入れてもよいだろう。

また、キャンドゥの「ブーツ収納袋」は、100円という価格でブーツ1足を管理、収納できる点も魅力だ。自分で別途乾燥剤を用意する手間もない。袋に入れてもブーツと同等の大きさのため、無駄なスペースを使う必要もなく、スッキリと片付けることができる。

ブーツの収納に悩んでいる人はぜひキャンドゥで探してみよう。

3. キャンドゥの「ペーパーボックス」は万能アイテム

キャンドゥの「ペーパーボックス」が人気なのをご存知だろうか。さまざまなサイズ、形、デザインが魅力だ。たとえば、靴を購入すると付いてくる靴箱のようなボックスや、円柱タイプ、カラーボックスに収められるタイプなど、挙げればきりがないほどだ。 英字をデザインしたモノトーンタイプや木目調のデザインは、キャンドゥではとくに人気がある。店舗によっては売り切れていることもあるのでまめにチェックするとよいだろう。

靴を収納するならば、ふたが付いたものがおすすめだ。何足も収納する場合は靴箱タイプのボックスを必要個数用意し、クローゼットや収納スペースに収めよう。キャンドゥの「ペーパーボックス」はデザイン性に優れているものが多い。靴を入れたボックスを来客に見られても、何が入っているか分からないだろう。それどころか、オシャレな印象を与えることができる。靴を収納したボックスをどこに置くか考えながら「ペーパーボックス」を選ぶと楽しさも倍増だ。ボックスのデザインによっては、リビングに置いても違和感がないだろう。

結論

キャンドゥのアイテムを使って靴を収納する方法を紹介した。靴専用ケースや収納袋を使うだけではなく、デザイン性バツグンのボックスを使ってインテリアの1つにするのもよいだろう。お気に入りの靴を大事に使うためにも、ぜひキャンドゥのアイテムを活用し、収納方法を見直してほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ