このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

掃除機の収納に悩んでない?見た目も考えた取り出しやすい収納方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月10日

掃除機は、ゴミやホコリを簡単に掃除できる便利な道具である。こまめに使う物なので、サッと取り出しやすい場所に置きたいが、目につくところにあると生活感が出やすい。今回は、見た目も考慮しつつ使いたいときにすぐ使える掃除機の収納について紹介しよう。

1. 掃除機をサッと取り出すには高さのある空間が便利

掃除機は立って使用するため、ホウキやモップ同様、立てて収納すると取り出しやすい。掃除機の各パーツを分解すればコンパクトに収納できるが、忙しい毎日を送っている家庭の場合は時間的に難しい場合もあるだろう。室内や廊下の隅にそのまま立てて収納すれば使い勝手はいいが、日常的に目に入ることに抵抗がある場合は、高さのある収納スペースにしまう方法がおすすめだ。

隠す収納ならクローゼットや階段下収納がおすすめ

キャニスター掃除機やスティックタイプの掃除機を収納する際は、奥行きよりも高さのある収納場所の確保が必要となる。キャニスター掃除機なら直管パイプが立ち、なおかつホースの曲がり具合が不自然にならない程度の高さ、スティックタイプなら全長分の高さだ。高さのある空間としては、クローゼットや階段下収納があげられる。リビングに近いクローゼットであれば、散らかりやすいリビングをサッと掃除したいときにも便利だ。

掃除機用の棚を設置

クローゼットがない場合には、掃除道具用の棚を設置してはいかがだろうか。カラーボックス程度の横幅で、扉付きの掃除道具専用の収納棚が大手生活用品メーカーやネットショップなどで販売されている。専用の収納棚であれば立てて収納できるうえ、掃除道具をほかの生活用品と同じ収納場所にしまうことに抵抗のある場合にもおすすめだ。スペースの確保がでれば家事動線に配慮した、使い勝手のいい場所に自由に設置できるのも嬉しい。

2. 100均グッズを活用して掃除機を吊り下げ収納

クローゼット内に掃除機を収納する際は、入り口付近に収納しておくと取り出すとき便利である。しかし既にクローゼットの床に直接置いてあり、ほかのものを取り出す際に掃除機が邪魔だと感じることが多いのであれば、床置きだけでなく吊り下げて収納が可能な場合もあるので検討してはいかがだろうか。

スティックタイプなら掃除機も吊るせる

軽めのスティックタイプ掃除機なら、100均のフックでクローゼットの壁面や扉の裏に吊るすことが可能だ。スティックタイプの掃除機は年々軽量化が進み、総重量が3kg以下の製品も多いようである。100均の粘着フックには耐荷重5kgまでOKなものもあるので、掃除機を吊るすことも可能というわけだ。

フックでは心配という場合は、ノズルが床に付くくらいの位置で吊るすといいだろう。部屋の壁にフックで穴を開けたくない場合も、クローゼット内であればいいのであればおすすめだ。

キャスター付きの台をDIY

100均のキャスターと板やケースを利用した可動式台を、金具を使って扉の裏に固定するのも一つの手だ。キャスター付きの台であれば扉と連動するため取り出しやすいうえに、吊り下げただけの収納に比べ落ちる心配がないので安心だ。

3. 掃除機収納のおすすめアイデア

コンパクトなスティックタイプの掃除機は場所をとらないというメリットがある反面、壁に穴を開けなければならない物や、自立しない物もある。キャニスター式掃除機も、ホースとノズル部分をすっきりと立てた状態で維持しておくには、ちょっとしたコツがいる場合もあるだろう。

隙間を利用するアイデア

冷蔵庫や書棚、サイドボードの隙間を利用するというアイデアはいかがだろうか。自立の難しい掃除機も、隙間にぴったり収まるのであれば転倒の可能性を下げることができる。見えるところに掃除機が置くことに抵抗がある場合は、突っ張り棒とインテリアに合わせた布を利用して簡単な目隠しカーテンをつけてもいいだろう。

スティッククリーナースタンドを利用するアイデア

スティックタイプの掃除機であれば、スティッククリーナースタンドを利用するアイデアもある。自立できないタイプの掃除機を購入したものの壁に穴は開けたくない場合など、スティッククリーナースタンドを利用すれば自立させることが可能だ。おしゃれなタイプの製品もあるので、見た目にこだわりたい場合にもおすすめ。

クローゼットなどの収納と違い、扉を開ける手間もないので、取り出しやすさは抜群である。大手生活用品メーカーやネットショップで購入可能なため一度探してみてはいかがだろうか。

結論

掃除機は、細かいゴミやホコリが気になるときにサッと取り出しサッと使いたいものである。とくに忙しい毎日を送っている家庭や、小さい子どもがいる家庭の場合、取り出し易さは重要だ。掃除機がすぐに取り出せずストレスを感じている場合は、今回紹介した内容を参考にしてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ