このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

靴の上手な収納方法を伝授!玄関まわりを片付けて気持ちもスッキリ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月12日

靴が収納しきれずに、玄関まわりがついごちゃごちゃとしてしまう家庭は多いだろう。玄関は家の第一印象を決めるため、できる限りスッキリとキレイに保ちたいものだ。そこで今回は、保有している靴が多くても賢く収納する方法をお伝えしよう。湿気やカビ対策もあわせて紹介しているので、チェックしてみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 下駄箱内をフル活用できる靴の収納方法

下駄箱に靴を上手に収納するには、便利な収納グッズが欠かせない。靴専用の収納グッズや100均アイテムを使う方法がおすすめだ。

シューズケース・靴ホルダーを使う

シューズケースはシーズンオフの靴など使用頻度の低いものを収納するのに便利だ。どんどん積み重ねてしまえるので下駄箱上などのスペースを有効活用できる。半透明のタイプを選べば、取り出すときにも迷わずにすむ。逆に使用頻度の高い靴は、下駄箱内のすぐ手に取れる場所に入れておくと使い勝手がぐっとよくなる。

靴ホルダーは、一足の靴を縦に重ねて収納ができるアイテムだ。並べて置くよりさらなる省スペースになる方法なので、下駄箱が狭い、靴が多くて困っているという家庭はぜひ活用してみよう。シューズケースも靴ホルダーも100均やニトリ、Amazonなどの通信販売で購入できるので気になる方はチェックしてほしい。

100均の収納アイテムを賢く使う

さらに気軽に使えるのが、100均などで買える平たいトレータイプの収納ボックスだ。ダイソーにはズバリ「シューズトレー」「シューズストッカー」という靴専用のトレーもある。下駄箱の中に並べ靴を入れておけば全体がスッキリと見え、掃除もしやすいのがメリットだ。トレーには取っ手が付いており、高い場所にしまった靴でもさっと引き出しやすい。

靴専用ではなくともトレータイプの収納ボックスなら代用が可能だ。セリアなら少し深さのある「ラッセバスケット」がいいだろう。A4サイズを選べば、男性の靴でも問題なく収納できる。

扉の裏を活用する

また、下駄箱の扉の裏にファイルボックスやスリッパがけなどを取り付けて、収納に使うという方法もある。出しっぱなしの靴やスリッパを減らして玄関をより広く見せたいなら、試してみてはいかがだろうか。

2. つっぱり棒やシューズラックで下駄箱・玄関のデッドスペースを靴収納に活用!

下駄箱内や玄関のデッドスペースがもったいないと感じる方もいるだろう。こういった空間を活用するには「つっぱり棒」を使うのが効果的だ。たとえば、下駄箱の中につっぱり棒をわたしておけば、片方の靴のかかとを棒に乗せることで一足の靴を縦に並べることができる。これまでの半分のスペースですむので、より多くの靴を収納することが可能だ。この方法は、玄関の隅でも応用できるのでぜひ試してみてほしい。

また、玄関の空いたスペースにスリムなシューズラックを置くのもおすすめだ。下駄箱に入らない靴も圧迫感なくスマートに収納できる。100均のテーブル型スタッキングラックを使うのもいいだろう。2段3段と重ねれば、収納力も高くなる。よく使う靴を収納しておくのには最適である。

3. 靴の収納では湿気やカビ対策も重要

湿気がこもりやすい下駄箱では、カビやにおいも悩みの種である。靴をよい状態に保つためにも、湿気やカビ対策を怠らないようにしたい。簡単にできる対処法をお伝えしよう。

こまめに換気をする

下駄箱にはどうしても湿気がこもってしまうため、こまめに扉を開けて換気をしよう。外出するときや掃除中に扉を開けておくだけでも、空気の入れ換えができるので実践してみてほしい。

除湿剤や防カビ剤を使う

除湿剤や防カビ剤を下駄箱の中に入れておこう。スペースを無駄にしないためにも、小さ目のタイプを頻繁に入れ替えるのがおすすめだ。また、靴用の防カビスプレーを使えば靴を直接カビから守ってくれる。靴のにおいが気になる場合は、靴用の消臭スプレーを使ってみよう。消臭スプレーは抗菌もできるタイプが多いので靴を清潔に保つことにもつながる。

履いた靴をすぐに下駄箱にしまわない

脱いだ靴はすぐに片付ければ見栄えはいいが、カビや雑菌が繁殖する原因にもなってしまう。玄関の隅などに寄せて、一晩かけて汗やにおいを逃がしてから片付けるのが理想的である。

結論

玄関や下駄箱がスッキリしていると、家の印象もよくなるものだ。シューズケースや靴ホルダーを使うのもいいが、100均でも買えるトレーやつっぱり棒も収納アイテムとして活躍してくれる。靴の収納に困っているなら、一度試してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ