このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キャンドゥの収納アイテムで、スッキリ&オシャレなリビングに!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

リビングがごちゃごちゃしている、と悩んではいないだろうか。収納は、ただ物を収めればよいというものではない。スッキリと片付け、使い勝手もよい収納ができると快適な空間になる。そこで100均のキャンドゥの出番だ。キャンドゥにはオシャレで実用的な収納が叶う商品がそろっているのをご存知だろうか。今回は、収納面、デザイン面に優れ、リビングで大いに役立つ商品を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 低価格だが実用性が高いキャンドゥの「プレーンボックス」

リビングの収納にぜひ使ってほしいキャンドゥの商品が「プレーンボックス」だ。100円という低価格でありながら、収納力もデザインもバツグンである。まずは商品概要を紹介しよう。

商品概要

Mサイズ

サイズ:約26㎝×19㎝×11.5㎝
素材:ポリプロピレン


カラー:アイボリー・ライトグレー・ライトブルー・ストーングレー
価格:100円(税抜き)※ふたとセット

Lサイズ

サイズ:約37㎝×25㎝×11.5㎝
素材:ポリプロピレン

カラー:アイボリー・ライトグレー・ライトブルー・ストーングレー
価格:100円(税抜き)※ふたは別売り

落ち着いたカラー展開が人気のキャンドゥのプレーンボックスは、どんな場所やインテリアでもなじみやすいのが特徴だ。リビングであれば、たとえばテレビ台にボックスを置いてみるとスッと溶け込むのを実感できるだろう。

容量は大きいが、シンプルなデザインで存在を主張しないためリビングのどこに置いても違和感がない。選択するカラーによっては、ボックス自体がインテリアの1つにもなるだろう。

また、キャンドゥのプレーンボックスは、ふたの上にボックスを積み重ねることができるので便利に使える。まずはキャンドゥで1セットから試してはいかがだろうか。

なお、Lサイズは本体とふたが別売りなので注意しよう。

2. 思わず見せたくなるキャンドゥの「ペーパーボックス」

リビングのアクセントになる収納アイテムなら、キャンドゥの「ペーパーボックス」はいかがだろうか。モノトーン、デニム柄、木目調、水玉模様など、デザインが豊富で見た目にも楽しい。形やサイズ展開も幅広く、新聞用ボックスやカラーボックスに収まるタイプ、靴箱タイプやブック型などもあり充実のラインナップだ。ふた付きを選べば中身を完全に見えなくすることも可能だ。

ボックスには、子どものおもちゃ、ゲーム機やソフト、読み終えた新聞や雑誌など、リビングでよく使う物を入れてみよう。オシャレなデザインが生活感を消して、スッキリとしたスタイリッシュなリビングになるだろう。

キャンドゥのペーパーボックスは人気が高く、売り切れている場合も多いので注意しよう。さまざまな柄があるので、リビング収納が楽しくなるお気に入りの1箱を見つけてみてはいかがだろうか。

3. リモコンをスッキリ収納するならキャンドゥの「リモコンスタンドアーク」がおすすめ

テレビやエアコンなど、リビングにはいくつものリモコンがある。リモコン類は、いつも所定の場所にあるとは限らず、ときには室内で行方不明になることもあるだろう。そんなリモコンには、収納の定位置を作ってあげるのがおすすめだ。

キャンドゥにはリモコンスタンドが何種類も並んでいるが、その中でも「リモコンスタンドアーク」は無駄を削ぎ落としたシンプル設計でどんなインテリアにも調和するおすすめアイテムだ。ぜひこのアイテムを活用して、リモコンをスッキリ収納してみよう。商品概要は以下のとおりだ。

商品概要

素材:ポリプロピレン
サイズ:約11.5㎝×8.9㎝×12.9㎝
カラー:ホワイト・ブラウン

キャンドゥのリモコンスタンドアークは3つの仕切りがあり、長いタイプのリモコンにも対応している。また、携帯ゲーム機やスマートフォンを収納することもでき、リビングに1つあると重宝するおすすめのスタンドである。

リモコンはスタンドに立てることによってスッキリと片付き、テーブルがさらに広くなるので試してほしい。また、使い終わったら常に定位置に戻す習慣を身に付けることも大事だ。物の定位置が決まれば、リモコンが行方不明になることもなく、整理された状態をキープしやすくなるだろう。

結論

今回は、リビング収納におすすめのキャンドゥの商品を紹介した。リビングは家族で過ごす時間が多い場所だ。だからこそ、スッキリと片付けて気持ちよい空間にしておきたい。キャンドゥの商品を活用し、快適なリビングを作り上げてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ