このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ネクタイ寿命が延びる?!収納前の一手間と収納アイデア集

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月15日

気づけばいつの間にか増えているネクタイ。ネクタイをキレイに、また傷まないように保管するには、たたみ方や収納方法をどのようにすればいいのだろうか。また、お気に入りのネクタイにふさわしいおしゃれな収納方法や、100均でおなじみのアイテムを使った便利なネクタイの収納方法などを紹介していくので、ネクタイ収納に困ったら参考にしていただきたい。

1. ネクタイのおすすめのたたみ方とたたむ前の注意点

ネクタイのたたみ方や収納方法はいろいろあるが、ネクタイにとってダメージの少ないおすすめのたたみ方や収納方法は何になるのだろうか。また、ネクタイをたたんで収納する前の一手間でネクタイの保管の環境を改善すれば、ネクタイの劣化を極力防ぐことができる。ネクタイのおすすめのたたみ方、たたむ前の注意点を紹介する。

ネクタイをすぐに収納するのはNG

ネクタイは勤務時間中何時間もつけているものなので、Yシャツの上からとはいえ汗や汚れがしみ込んでいるものである。外から帰ってきて着ていたスーツも一度ハンガーにかけて休ませてからクローゼットにしまうように、ネクタイもハンガーなどにかけていったん休ませよう。おすすめはハンガーにかけて半日以上、風通しのよいところで陰干しすることだ。

つけていたネクタイをすぐにたたんでしまうと、カビや虫食いの原因となってしまうことがある。また、毎日洗えないネクタイのにおいが気になるからといってすぐに消臭スプレーをしてしまうのも、シミの原因になることがあるのでよくない。陰干ししている間ににおいが取れていればそのまま消臭スプレーなしで済む。さらに消臭スプレーを近くからかけると、シミになってしまう場合もあるので注意しよう。

ネクタイは平置きで休ませてあげよう

ハンガーにかけていったん干しているとネクタイの重みで自然にシワも伸びる。その後おすすめは、二枚折りして平置き収納することだ。平置きすると丸めたりハンギングしたりするよりも収納スペースが必要なので難しい場合もあるかもしれない。しかし二つ折りの平置きがネクタイの生地を一番傷つけず、ネクタイを休ませてあげられる収納方法だ。

丸める方法やハンギングは省スペースで済むが、ネクタイの生地にダメージを与えることがある。とくにニット素材をハンギングしてしまうと生地が伸びてしまうので気をつけよう。ネクタイをいたわりながら平置き収納すれば、生地の劣化を防ぎ長期間キレイな状態で使うことができるだろう。

2. おしゃれなネクタイ収納のアイデア集

ネクタイの収納方法の選び方は収納場所によってさまざまだが、ここではネクタイのおしゃれな収納方法のアイデアを紹介していく。お気に入りのネクタイであれば、収納にもこだわってみよう。

ネクタイキーパーで、1本ずつ丸めて収納

ネクタイを1本ずつ収納できる円柱状のアクリル製や革製のネクタイキーパーに大切なネクタイを丸めて収納してみよう。社会人として何年か過ごしていれば、プレゼントされたり記念に購入したりしたものなど思い入れのあるネクタイも数々あるのではないだろうか。

そのような思い出の詰まった愛着のあるネクタイはできるだけ長く使えるように、大切に保管しよう。革製のネクタイキーパーであれば、出張などの時に持ち運ぶのも便利だ。

新しいたたみ方、三角折り

新しいネクタイのたたみ方として、三角折りを紹介する。スーパーマーケットなどでもらうビニールのレジ袋をたたむ要領で、ネクタイの細い方の端から三角形になるようたたんでいくだけのシンプルなたたみ方だ。最後の端は中にしまい込めばコロンとおにぎりのような形になり、安定する。

丸める方法よりもコンパクトとなり、収納スペースが少なくて済むことがメリットだ。注意点はぎゅうぎゅうにたたんでしまうと折りジワがついてしまうので、空気を含ませるようにふんわりと優しくたたんでいくことだ。ただし元々デリケートな生地にはあまり向いていないたたみ方なので、三角折りをする時はネクタイの生地を選ぼう。

木製のネクタイボックスで高級感のある収納

ネクタイは1本1本に柄が織り込まれたりプリントされていたり、よくよく見るととても美しく工芸品のようなアイテムだ。おしゃれで高級感のある木製の収納ボックスや、ふたつきのコレクションボックスに入れて見せる収納にしても、素敵なインテリアとなるだろう。この場合は丸めて1つずつ収納するのがおすすめである。見た目にもおしゃれなうえに、ネクタイを選ぶ時も選びやすくて便利である。

3. これは使える!100均アイテムを使ったネクタイのおすすめ収納方法

わざわざネクタイ専用のケースを購入しなくても、100均でよく見かけるあのアイテムで、ネクタイをキレイに収納することができる。ネクタイ専用だとネクタイにしか使えないが、汎用性のある収納ケースであればネクタイ収納の役割が終わった後もいろいろと使えるのでおすすめだ。

アクリルキューブボックス

小物を入れるアクリルキューブボックスは100均でよく見かけるおなじみのアイテムだろう。ネクタイを丸めて入れることを考えると、1つの枠が10cm x 10cmあるものを選べば十分だ。1つずつのボックスでもいいし、大きいケースに仕切りがついているものでもどちらでも使えるので、収納場所によって選ぼう。

ディッシュスタンド

本来縦に置いて皿を収納するためのディッシュスタンドを、壁にかければ即席のネクタイハンガーができあがる。木製の見た目にもおしゃれなディッシュスタンドはクローゼット内でも、見せる収納でも十分使えるコスパバツグンのアイテムだ。

書類用トレイ

ネクタイを平置きするのであれば、100均の書類用トレイが使える。二つ折りにして複数枚置けるうえに、重ねられればさらにたくさんの本数のネクタイを収納することもできる。書類用トレイごと持ち運ぶこともできて移動にも便利だ。

結論

ネクタイの生地が傷みにくい最善の収納方法は、平置きタイプである。しかし帰ってきてすぐにたたむのはいくら平置きでもおすすめしない。スーツのようにいったん陰干ししてから、たたんで収納するように心がけよう。お気に入りのネクタイや思い入れのあるネクタイはおしゃれに見せる収納もおすすめする。収納グッズにこだわればおしゃれなインテリアのようにもなるだろう。一方100均でも手に入るさまざまなツールを使えば、もっと手軽にネクタイを効率よくキレイに収納できる。ネクタイの本数や収納場所によって、いろいろと試してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ