このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイソーの収納アイテムで寝室をスッキリ!リラックス空間を作ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

1日の始まりと終わりを気持ちよく過ごすには、寝室がリラックスできる空間であることが重要だ。本が散乱していたり、脱いだパジャマが布団の上に置き去りになっているよりも、スッキリと片付いた部屋の方が心地よく快適に過ごすことができるだろう。今回は、寝室のごちゃごちゃをスッキリと解消できるダイソーの収納アイテムを紹介するので参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダイソーの布製ストレージボックスは万能アイテム

ダイソーの布製ストレージボックスは、散らかっている寝室を片付けるためにぴったりのアイテムだ。まずは商品概要を紹介する。

布製ストレージボックス

Мサイズ:28×20×16㎝ 価格:200円(税抜き)
Lサイズ:38×26×23㎝ 価格:300円(税抜き)
ビッグサイズ:45×30×25㎝ 価格:400円(税抜き)

本体の外側は布製だが、内側はコーティングされているため水や汚れが付着しても簡単に拭き取れる。定番のデザインは、アイボリーの生地にアルファベットやロゴがデザインされたタイプだ。シンプルかつナチュラルなので、落ち着いて過ごしたい寝室になじみやすい。そのまま床に置いてもいいのが、カラーボックスに収めるとさらにスッキリするだろう。

また、ダイソーの布製ストレージボックスは散らかったものをとりあえず入れる場所として活用したり、パジャマや翌日の着替えを収納するのもおすすめだ。寝る前に読書でリラックスタイムを設けている人は、お気に入りの本や雑誌を入れるのもいいだろう。カラーやデザインは定期的に新しいものが登場しているので、ぜひダイソーで好みのタイプを探してみよう。

2. おしゃれで価格以上に秀逸!ダイソーのマガジンラックがおすすめの理由

寝室でお気に入りの雑誌や新聞を読む機会が多い場合は、ダイソーの折りたたみ式マガジンラックを使うのがおすすめだ。商品概要を紹介しよう。

マガジンラック

30.5×20×18.5cm 価格:300円(税抜き)
カラー:ネイビー・グレー

本体は布でフレームは木製のマガジンラックだ。ナチュラルテイストで落ち着いた雰囲気が寝室によく合う。布製ストレージボックスと同じアルファベットやロゴが描いてあり、寝室収納に統一感を出したい場合は2アイテムをそろえるのもおすすめだ。

ダイソーのマガジンラックのおすすめポイントは、雑誌を縦向き・横向きどちらでも収納できる点だ。マチが18.5㎝あり収納力もバツグンだ。本体側面にはポケットが付いており、リモコンの収納場所としても使える。価格は300円(税抜き)と、ダイソーの商品としては高めである。しかし使い勝手がよく、デザイン性も高いので評判がいいのだ。

3. 寝室になじむダイソーのスクエアボックスを積み重ねて使おう

ダイソーのスクエアボックスは、ふたが付いているので積み重ね収納も可能なアイテムだ。カラーボックスに収めることもでき、中身を見せずにスッキリと片付けられる。シンプルでしっかりした造りなので汎用性が高く、寝室のちょっとした収納にもおすすめのアイテムだ。商品概要を紹介する。

スクエアボックス

小:26×19×11.5cm 価格:本体・ふたセットで100円(税抜き)
大:37×25×11.5cm 価格:本体・ふたセットで200円(税抜き)
深型:37×25×22cm 価格:本体200円(税抜き)・ふた100円(税抜き)

ダイソーのスクエアボックスは、ホワイトやライトブルー、ダークグレーなど寝室になじみやすい落ち着いたカラーバリエーションが魅力だ。サイズ展開も充実しているので自分用や子ども用で色を分けて使ってみてもいいだろう。

結論

スッキリと片付いた寝室は居心地がいいので質のよい睡眠がとれ、翌朝の目覚めも快適なものになるだろう。そんな寝室の収納はシンプルで落ち着きがあり、使いやすいことがポイントだ。ダイソーには、利便性、インテリア性が高い商品が充実しているので、ダイソーアイテムを使って過ごしやすい快適な寝室を目指してほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ