このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイソーのアイテムでハンガー収納を快適にする技を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

あなたの家ではハンガーをどのように収納しているだろうか?「ハンガー同士が絡まりやすくて大変」「隠す収納をしたい」という場合は、ダイソーのアイテムを使って収納方法を変えてみるといい。今回紹介するダイソーの3アイテムで、取り出しやすく片付けやすいハンガー収納を実践してみよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. デッドスペースにはダイソーの突っ張り棒がおすすめ

洗濯機置き場近くで洗濯物を干すことが多い場合は、ダイソーの突っ張り棒を使ったハンガー収納がおすすめだ。洗濯機上部は空きスペースになっていることが多く、ここに突っ張り棒を設置しよう。使いやすい高さに突っ張り棒を設置したら、あとはハンガーを引っかけるだけだ。

ほかにも、洗面所や洗面台の下など設置できそうなスペースがあればそこをハンガーの収納場所にするのもおすすめだ。洗面所にはデッドスペースがかなりあるのでぜひ有効活用しよう。また、ダイソーの突っ張り棒は、強度やサイズ、カラー展開が充実している。購入前に設置場所の幅を確認し最適なものを選ぼう。

突っ張り棒を利用したハンガー収納をさらに快適にするおすすめのアイテムが、ダイソーのコードクリップだ。ケーブル類を束ねるためのアイテムだが、これで突っ張り棒を挟んで仕切りとすれば、形や色別にハンガーを区分けできる。2つのアイテムを組み合わせてハンガーを上手に収納しよう。

2. ざっくり収納するならダイソーの収納ケースを使おう

ダイソーにはさまざまなタイプの収納ケースがある。定番の形はファイルボックスや取っ手の付いたケースだ。汎用性が高くハンガーの収納にも活用できる。たとえばファイルボックスにハンガーを入れると、側面が支えとなりハンガーが倒れることはない。洗濯物を取り込んだ後でハンガーを片付けるときにも、サッと入れるだけという手軽さだ。

ハンガーを入れた収納ケースは、洗濯機近くの棚や洗面台の下、ランドリーラックなどを置き場所にすると使い勝手がよく、見た目もスッキリと片付くだろう。ダイソーの収納ケースは、洗濯バサミや布団干し用の大きなクリップなど、ハンガー以外の洗濯関連グッズの収納にも役立つ。色やサイズなども充実しているので用途に合うケースを選ぼう。同じタイプの収納ケースを揃えれば、統一感が出てよりスッキリと見えるだろう。

3. ダイソーの布製ストレージボックスでハンガーをおしゃれに収納

ハンガーをおしゃれに収納したい場合は、ダイソーの布製ストレージボックスを使おう。白っぽい布地にアルファベットやロゴがデザインされたものや、落ち着いた柄などもある。サイズと価格は次の通りだ。

Мサイズ:28×20×16㎝ 200円(税抜き)
Lサイズ:38×26×23㎝ 300円(税抜き)
ビッグサイズ:45×30×25㎝ 400円(税抜き)

ダイソーの布製ストレージボックスの内側は、コーティングがされているので水や汚れが付いてもサッと拭き取ることができる。また、ダイソーの布製ストレージボックスは大容量のビッグサイズもあるので、折りたたみ式のピンチハンガーを収納することもできる。

ハンガー類をすべて布製ストレージボックスに収納して視界に入らないようにすることも可能だ。洗濯用品をまとめて収納できれば作業効率もアップするはずだ。使用しないときはコンパクトにたたむこともでき便利に使えるのだ。

なおダイソーの店舗によって取り扱うデザインが異なるほか、定期的に新しいデザインのストレージボックスが発売されているのでいつも同じ商品があるとは限らない。お気に入りのデザインがあれば、まとめて購入することをおすすめする。

結論

絡まりやすく、かさばるハンガーは収納が難しい。しかし、ダイソーのアイテムを使えばきれいに収納ができるのだ。出し入れしやすく、そして見た目もスッキリさせておくことがハンガー収納のポイントだ。今回紹介したダイソーのアイテムを活用して、洗濯干しを快適にしよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ