このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

階段を収納スペースとして便利に有効活用する方法。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月18日

家に階段があると、そのスペースは上り下りの移動だけに使われるデッドスペースになりがちだ。実は階段は、工夫しだいでいくらでも収納スペースとして有効活用できることをご存知だろうか。階段を移動手段にだけ使っているのがもったいなく思えてくるようなアイデアをいくつか紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 狭い場所を有効活用。階段スペースが図書館に

階段下のスペースを収納庫にするということはよくあるが、ただでさえ狭い階段そのものを収納スペースにしてしまうというのは、ちょっと意外ではないだろうか。でも実は階段の壁側は、工夫すれば十分に収納スペースとして活用することができる。家を設計するときにあらかじめ壁側を棚としてデザインできれば一番だが、後から階段にあわせてオーダーしたり、DIYなどでも設置することもできるだろう。

巨大な敷地面積を持つ邸宅ならば、広い階段スペースを確保することができるかもしれないが、すべての人がそうとは限らない。よって狭い階段スペースの壁側に設置することができる棚の大きさは限られるがそこでおすすめは、奥行きが狭い本棚だ。本棚は部屋に置くとスペースを取ってしまうが、階段内に収まってしまえばその分部屋を広く使えることも利点である。子どもたちにとっては階段の本棚で本を選び、階段で座りながら本を読むことができる恰好の図書館となる。

もし玄関に近い場所に階段があるのであれば、階段棚に靴や傘、ランドセルやバッグ、出かける前に必要な道具を置けるちょっとしたスペースの棚として使うのも便利でおすすめだ。

2. DIYで階段がガッツリ収納スペースに変身!

家の階段をDIYで作るのは相当大掛かりだが、ロフトへ行くためのはしごやロフト型ベッド用の階段をDIYで作ることは簡単とは可能である。ロフトへ行くためにはしごが付いているのが一般的だが、このはしごを置くスペースはデッドスペースとなってしまう。これをDIYで収納付き階段にしてしまえば、思いのほか大きな収納スペースが確保できる。

小さな子ども用のロフト階段として、市販のカラーボックスに強度を加えたものはDIYでより簡単にできる。こちらは子どもの成長に合わせて設置したり、作り変えたりよりフレキシブルに部屋の作りを変える場合におすすめだ。

家族で協力し、苦労して作った階段収納には愛着もひとしおだろう。しかしたとえロフト用だとしても階段をDIYで作るのは結構大掛かりな作業で、簡単にできるとは言えない。安全性や強度、手間を考えると多少の出費はかかるが、施工業者に依頼してしまうのも1つの選択肢である。オーダーメイドで部屋の大きさにぴったりの、上り下りしやすくかつ使いやすい階段棚ができるだろう。

3. 収納は無理。でもアイデアしだいで階段が素敵なギャラリーに

階段が狭くて、奥行きの狭い棚でさえも設置するのが難しい場合も多々あるだろう。しかしアイデア次第で階段スペースを有効に活用することができる。いっそ階段収納という概念は忘れてしまい、階段の壁をギャラリースペースにしてしまうというアイデアはどうだろうか。

どんなに狭い階段でも、多少の壁があればアイデア次第でそこを展示スペースにすることができる。フォトフレームや子どもが学校などで描いた絵や書道の作品など、溜まれば溜まるほどディスプレイや収納スペースに困ってしまう。

また、飾り棚や本棚に置いているフォトフレームも、子どもが大きくなるにつれリフレッシュがおろそかになってきてはいないだろうか。階段の壁を写真や作品、好きな絵をディスプレイするギャラリーにしてしまえば、ディスプレイや収納スペースを確保できるうえに、人目に付きやすいので定期的なリフレッシュも期待できるだろう。

限られたスペースなので、ディスプレイするボリュームは限られる。例えば1年ごとおきくらいにディスプレイをリフレッシュしてもいいし、新しい作品を飾るごとに古いものを撤収するというルールでもいいだろう。おすすめは、飾る内容のトーン&マナを揃えるだけでなく、フレームも同じようなものを使用することで、そうすることでたくさんの量を飾ってもスッキリして見える。

結論

階段を上り下りに使うことは当たり前のことだが、上下の移動にしか使っていなかったことを後悔しはじめたのではないだろうか。意外に専有面積が多く、使いにくいと思われがちな階段も、上手に使うことができれば収納やギャラリーなどの素敵なスペースに生まれ変わる。梯子から階段へのステップアップももちろんおすすめだ。ぜひ自宅の階段と相談して、ライフスタイルに合わせた階段の有効活用をしてみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ