このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シンク下の収納術。スペースを上手に使ってキッチンツールを収納する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月23日

キッチン周りが散らかっている、シンク下の収納がごちゃごちゃしている。そういった悩みを抱えていないだろか。限られたキッチンスペースの中で、たくさんのキッチンアイテムを収納するには、ちょっとした工夫が必要だ。特にシンク下の収納は、上手に使えばとても使いやすくなる。今回はキッチンを使いやすくし、シンク下を有効活用できるアイデアを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 100均グッズを使ったシンク下収納アイデア

シンク下の収納を有効活用するためには、少しの工夫とアイデアが必要だ。シンク下の収納を上手に活用できるアイデアには、どのようなものがあるのだろうか。まずは100均グッズを使った収納アイデアを紹介しよう。

100均のワイヤネットとつっぱり棒を使う

シンク下の収納は棚が付いていないものが多いため、どうしても上部分が余り、デッドスペースが生まれがちだ。そこで使えるのが、100均で手に入るワイヤネットとつっぱり棒だ。

2本のつっぱり棒にワイヤネットを結束バンドで固定し、シンク下の上のスペースに取り付ければ、簡易的な棚の完成だ。この棚を利用して、ラップやアルミホイルなどのちょっとしたものを収納するのにぴったりだ。

100均のファイルボックスでフライパン収納

100均の文具コーナーで手に入れることが出来るファイルボックスは、フライパンなどの平たいものを収納するのにぴったりなアイテムだ。フライパンは大きく平たいため、重ねて収納するにはどうしても横にスペースを使う上に、下にものを取り出すときに上のものを持ち上げなければいけないため非常に面倒だ。

ファイルボックスを使い、立てかけて収納すれば、省スペースで収納でき、さらに必要な時に取り出しやすくなる。

100均のカゴやトレイで間仕切り

シンク下のスペースは仕切りがないため、100均のカゴやトレイを使って間仕切りすると、とても使いやすくなる。カゴには細々としたキッチンアイテムや調味料を収納するのにおすすめだ。

2. キッチンツールはシンクの引き出しにまとめよう

キッチンツールをそのまま引き出しに入れて収納すると、ごちゃごちゃしてしまいがちだ。いざ使いたいときに、どこに何があるかわからないといったことのないように、キッチンツールを整理整頓してみてはいかがだろうか。シンクの引き出し収納を見直せば、キッチンツールがキレイに収納でき、調理の効率もグンとあがるに違いない。

キッチンツールは浅い引き出しに収納すると便利だ。収納する際は、まとめて引き出しに入れるのではなく、浅いケースやカトラリーケースを使って間仕切りすると、アイテムをわかりやすく収納することができる。間仕切りは自分の好きなようにカスタマイズできるので、引き出しのスペースを無駄にしないように工夫し、カスタマイズしてみよう。

間仕切り収納は、計量スプーン・菜箸・ハサミ・おたまやフライ返しなど用途別にケースに収納するのがおすすめだ。使用頻度の高いキッチンツールだからこそ、取り出しやすい引き出し収納を活用すれば、必要なものを探すストレスから解放されるだろう。また、ケースにキッチンツールを収納する際は、1ケースにつき1~2個程度に収めると何が入っているのかが一目でわかり、スッキリと収納することができる。

3. シンク下に食器を収納できる?

キッチンスペースの関係で食器棚を置けない場合や、キッチンを広々と使いたい場合はシンク下の収納を食器棚として活用してみよう。シンク下は工夫とアイデア次第で食器もキレイに収納することができる。では、どのような収納アイデアがあるのかを紹介していこう。

大皿は立てかけ収納

食器棚の中でひと際スペースを必要とするのは大皿だ。しかも大皿は重ねて収納すると、下の皿を取り出すときに上のものを持ち上げなければならず面倒だ。そこでフライパン収納でも紹介した、ファイルボックスが活躍する。大皿もフライパンのようにファイルボックスに立てかけて収納すれば、省スペースで収納でき取り出しやすくなる。

オリジナルの食器棚を作ろう

シンク下の収納は棚がないため、それを逆手にとってオリジナルの食器棚を作ってみるのも一つの方法だ。ワイヤネットと結束バンドで簡易的な棚を作ったり、つっぱり棒とワイヤネットで空間を上下に仕切ったりするのもいいだろう。収納したい食器やスペースに合わせて、好きなようにカスタマイズしながら作ってみるのもよいだろう。

結論

シンク下は工夫次第で使い勝手のよい収納スペースとなる。キレイに整理整頓されたキッチンだと作業効率も上がり、日々の家事も楽しく感じられるだろう。今回紹介した収納アイデアを活用して、スッキリとしたキッチンを目指してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ