このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アイデア次第で、掃除機を楽に使ってすっきり収納する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月25日

掃除機は、その形状や機能によって、大きさや重さが異なり、収納場所の選択や収納方法などにも工夫が必要となる。ここでは、掃除機を置く場所を選ぶコツや、出し入れが便利でスペースを有効活用できる収納方法について説明しよう。

1. 押入れ?クローゼット?掃除機を収納するおすすめの場所は?

最近は、その用途に合わせて複数の掃除機を所有する家庭もあるが、掃除機を収納しておく場所はおおむね以下にまとめられる。押入れやクローゼットなどに「隠す収納」だけではなく、「見せる収納」術も紹介しよう。

1.リビング

家族全員が集まるリビングは、最も汚れる場所であり、来客応対をすることもあるので最もキレイにしておきたい場所でもある。常にキレイにしておきたい場合は、運ぶ手間も省けるので、リビングに掃除機を置いておきたい。掃除機スタンドがあればすっきりしているので、見せても問題ない。

2.キッチン・ダイニング

リビングに次いで汚れが気になるのがキッチン・ダイニングだ。調理ゴミや食べこぼしなどが床に散乱しやすく、ここに1台掃除機があると便利だ。住居用洗剤や雑巾など、ほかの掃除用品も一緒に収納すると便利だ。

3.洗面所・脱衣場

ドライヤーで髪を乾かすことなどが多い洗面所には、落ちた髪の毛やホコリが目立つ場所なので、掃除機があると重宝する。

4.階段の下

階段下収納がある家では、掃除機を隠しておく場所として最適だ。デッドスペースになりがちな場所なので、ほかの清掃用品と一緒に入れておくと有効活用になる。

5.寝室

ふとんのダニやハウスダストをこまめに除去したい場合は、寝室にも掃除機を置いておこう。

6.押入れ・クローゼット

掃除機を隠して収納したい場合は、押入れやクローゼットに置こう。S字フックで吊るしたり、可動式のキャビネットを使ったりすると収納しやすい。

2. 掃除機の収納場所を選ぶコツとアイデア

掃除機を収納しておく場所を選ぶコツやアイデアとして、以下を意識してみよう。

掃除の動線に合った場所に収納する

普段の掃除がどこからスタートして、どのルートを通って、どこで終わるのが一番効率的かを確認しよう。それにより、スタートの場所に置くのがいいのか、中間地点に置くのがいいのか、収納場所が決まる。機能が異なる掃除機が複数台ある場合は、その機能を最も使う場所のそばに収納しよう。

掃除用品を一緒に収納できる場所

掃除機以外の住居用洗剤や雑巾・風呂掃除用具一式・洗濯用品一式など、ほかの掃除用品と一緒に収納しておくと、必要なものを取り出しやすく便利な場合もある。また、工具やガムテープ・紙袋・古新聞なども一緒にストックしておくのもよいアイデアだ。掃除のついでに簡単な修繕もスムーズにできる。

すき間を使って収納する

すき間を有効活用するのであれば、スリムな可動式シェルフを使って収納するのもいいアイデアだ。ラック付きのシェルフなら、かさばるホースやノズルなどもコンパクトにまとめられる。可動式なので、出し入れも簡単だ。

3. 100均などで買える便利グッズで、賢く掃除機を収納

100均に売っている便利グッズや、自分でDIYをした手作りのツールを利用すると、狭いスペースも有効活用でき、掃除機を上手に収納できる。

キャスター付きボックスの利用

本体を転がしながら使うキャニスター型掃除機は、ボディが大きいものが多いので、なるべく小さくして収納したい。その場合は、本体・ホース・ブラシ部分などを分解して、キャスター付きのボックスに収納すると便利だ。ボックスごと移動できるので、収納場所から遠い部屋を掃除したいときも、簡単に移動できるし重さも気にならない。押入れなどに収納しても出し入れが楽で、収納場所も簡単に変えることができる。ボックスなので、掃除機を見せたくないときにも重宝する。

壁かけ掃除機ホルダーを使う

スティック式やハンディ型タイプの掃除機は、立てて収納するので、すっきりと収めることができる。壁かけホルダーなどを自分でDIYするのも楽しい。取り出すのも便利だ。

フックを使って見せる収納

掃除機やモップ・クイックルワイパーなどの掃除用具類を、100均などで売っているナチュラルテイストの木材やフックを使ってきれいにかけておくと、整然とした掃除用具スペースとして、見せる収納になる。

扉を利用してスペースを有効活用

掃除機を収納している場所やクローゼットの扉も有効活用しよう。フックでかける収納のほか、ウォールラックなどを取り付ければ、小物類の整理もできる。見せたくないものを、一気にたくさん収納できるこうした便利グッズも、100均やホームセンターで簡単に入手できる。

結論

掃除機の収納場所は、掃除をする動線や順番、使う場所と使う機能を意識して決めるようにしよう。収納場所が狭くても、便利グッズとアイデア次第で、スペースを有効活用できる。今回ご紹介した方法をぜひ、参考にしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ