このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シンク周りの洗剤やスポンジはどう置く?スッキリ清潔な置き方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月28日

いつも清潔に使いたいキッチンシンク。とくに食器洗いやシンク掃除の必需品であるスポンジや洗剤は、常に清潔を保っておきたい。しかし置き方によっては雑菌が繁殖しやすくなったり、生活感がにじみ出してしまったりするもの。そこで今回はキッチンシンクがスッキリ清潔になるスポンジや洗剤の置き方を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シンクのスポンジや洗剤の置き場所は?

シンク周りの洗剤やスポンジはどのように置いているだろうか。置き場所にとくにこだわりはない、という人も多いだろう。しかし、洗剤を直接シンクに置いたままにすると、液だれや、洗剤容器の底にぬめりが発生しシンクが汚れてしまう。

洗剤の液だれは水垢や、雑菌の繁殖の原因にもなり非常に不衛生だ。毎日食器やシンクを洗うスポンジの置き場所は、常に清潔に保っておきたいものである。そこで、シンク周りの洗剤やスポンジを収納するために気を付けるポイントをいくつか紹介しよう。

水切れをよくする

洗剤やスポンジの置き場所で大切なのは、水切れのよさだ。毎日水に濡らして使用するものなので、水切れを早くして乾きやすい状態にすることが重要だ。そのためには、スポンジを収納する容器にこだわりたい。たとえば、スポンジと接する面積が小さなものや、スポンジを斜めに収納できる設計になったスポンジラックなどは水切れが早いのでおすすめだ。

手入れしやすいもの

シンク周りは水に濡れやすいため、手入れのしやすさや素材にも注意しなければならない。洗剤やスポンジを収納するアイテムは、サビが付きづらいステンレスやプラスチック素材を選ぶことをおすすめする。また定期的に掃除をして清潔に保つために、掃除のしやすい形状のものや、取り外しのしやすいものを選ぶといいだろう。

2. シンクに置かない収納がおすすめ!

キッチンのシンク周りは、余計なものは置かずにシンプルかつキレイに整えておきたいもの。しかし毎日食器や掃除で使う洗剤やスポンジは、どうしても置き場所によっては不衛生になったり、生活感が出てしまったりする。そこでおすすめするのが、洗剤やスポンジをシンクに直接置かない収納法だ。シンクに直接置かないことで、接地面から雑菌が繁殖するのを防ぐことができ、素早く乾燥させることができる。以下におすすめの収納法を紹介しよう。

吸盤タイプ

シンクに置かない収納として、まずは吸盤タイプのラックを紹介しよう。シンクの内側に吸盤で取り付けて使うタイプのラックだが、やはり一番のメリットは水はけがよいことだ。さらに場所も取らず省スペースで便利なため、キッチンスペースに余裕がない場合におすすめだ。しかし、吸盤は劣化して落ちることもあるので、定期的な買い替えが必要である。

吊るす

シンクに置かない収納で、次におすすめするのが吊るす方法だ。キッチン内にタオルバーを取り付け、そこにクリップなどでスポンジを吊るしたり、洗剤を引っかけると見た目もスッキリする。キッチン内にタオルバーを取り付ける場所がない場合は、蛇口に引っかけて吊るすという方法もある。

蛇口専用スポンジホルダーやラックなども販売されており、狭いスペースを有効活用するときに最適だ。また、キッチンスペースに余裕があるなら、置き型のタオルバーなどにクリップで吊るす方法もおすすめである。

3. シンクの収納を見直して掃除を楽に!

キッチンのシンク周りは、ごちゃごちゃしていると作業効率が悪くなるだけでなく、衛生面でも雑菌が繁殖しやすくなるなど、デメリットが多い。やはり食品を扱う場所はこまめに掃除をして清潔で整頓されていることが理想だ。シンク周りには極力ものは置かずにスッキリと片付いた状態をキープするために、シンク周りの収納を一度見直してみてはいかがだろうか。快適なキッチンにするためのポイントを紹介しよう。

スポンジラックを撤去する

備え付けのスポンジラックが使いづらい場合は、思い切って撤去してしまってはいかがだろうか。シンク内の障害物がなくなり、掃除も格段にやりやすくなる。先にお伝えした、タオルバーに吊るす収納方法でスポンジ類をスッキリと整理すれば、シンク周りを美しく清潔に保つことができるだろう。

シンク下の収納を見直す

シンク周りやキッチンカウンターなど、キレイに片付いたキッチンを維持するために、シンク下の収納を見直してみてはいかがだろうか。シンク下の収納は排水管などがあるために、うまく生かせていないことが多い。突っ張り棒や、積み重ね可能なラックなどを利用してシンク下収納を無駄なく活用すれば、収納量は大幅にアップする。

シンク下は煩雑になりがちなキッチンアイテムを収納するのに最適な場だ。シンク下を収納スペースとして活用することで、外に出ていたものを中に収納でき、キッチン周りがものであふれることもないだろう。ものが整理整頓されていると掃除もスムーズにでき、キレイな状態を維持できるのだ。

結論

シンク内のスポンジや洗剤を清潔に保つためのポイントを紹介してきたが、参考になっただろうか。キッチンは整理整頓を心がけスッキリと片づけることで、清潔に加えてスタイリッシュでオシャレに見えるメリットがある。これを機にキッチンのシンク下の収納を見直して、常にキレイな状態を保ってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ