このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗濯機周辺の収納アイデア!上と横のデッドスペースを活用しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月27日

洗濯機の周辺はハンガーや洗剤、タオルなどの洗濯用品があふれ、収納スペースが足りないという人も多いのではないだろうか。収納スペースが足りないなら、デッドスペースを活用して収納スペースを作ればよいのだ。そこで、洗濯機の上や横にあるスペースを利用して、収納を増やすアイデアを紹介する。

1. 洗濯機周辺の収納アイデア

洗濯機周辺で利用できるスペースは、おもに洗濯機の上と横である。洗濯機は人が操作しやすい高さに設計されているので、天井との間に広いスペースができる。また、間取りや洗濯機の大きさの関係で、洗濯機の横に半端なスペースが空いてしまうことがある。ちょっとした隙間だが、有効活用することで収納スペースを広げることができる。

洗濯機の上を利用するアイデアの一つに「ランドリーラック」がある。ランドリーラックはホームセンターなどで市販されているので、手軽に購入することができる。ランドリーラックを置くスペースがない時は、棚をDIYするというアイデアもある。洗濯機の上の壁に直接棚を取り付けたり、突っ張り棒を使って棚を作れば、ぴったりサイズで収納を増やすことができるだろう。カフェカーテンを取り付けて目隠しにするなど、自分好みのアレンジを楽しんでみよう。

洗濯機の横は隠す収納に適している。スリムなキャビネットを置いて、タオルや洗剤などの生活感が出やすいアイテムを収納するのがよいだろう。あまり多くのものは収納できないが、ハンガーなど厚みのないものであれば意外とたくさん収納できる。また、洗濯機の側面にフックなどを取り付けて、吊り下げ収納をするというアイデアもある。フックとカゴを組み合わせれば、タオルや掃除道具を収納するのに便利である。

2. 洗濯機横にはキャスター付き収納が便利

洗濯機横の隙間にストッカーなどを置く場合は、キャスター付きのものが便利である。キャスターが付いていれば軽い力でスムーズに出し入れできるのでストレスにならない。さらに洗剤のストックなど、重いものの収納にも適している。狭い場所でも使いやすさが格段にアップするキャスター付きは隙間収納で欠かせないアイテムなのだ。そのほか押さえておきたい洗濯機周りの隙間収納のコツやおすすめアイテムを紹介しよう。

隙間収納はサイズ選びが重要

隙間収納のコツはサイズ選びである。デッドスペースを有効活用するために、少しでも無駄がないように購入前にしっかり隙間サイズを測っておこう。ただし、サイズがぴったり過ぎると、引っかかって出し入れしにくい場合があるので、少し余裕を持たせるのがポイントだ。また、排水ホースがある場合は、排水ホースを踏まないようにコの字型の台を設置して、その上に収納ケースなどを乗せるとよいだろう。

洗濯機横に取り付けるアイテム

洗濯機の横は吸盤やマグネットを取り付けることができる。マグネットバーを取り付ければバスマットや、掃除用雑巾などをかけてもよい。100均で購入できるアイテムなので、手軽に収納を増やしたい時に便利だ。また、洗濯機横で使える専用の収納用品も最近では多数販売されている。たとえばマグネットタイプのハンガー収納ラックは家事の時短に効果的なアイテムだ。洗濯機の横に付ければ、ハンガーをストックでき、洗濯機から取り出した洗濯物をその場でハンガーにかけることができる。洗濯機の近くに洗濯物を干す人におすすめの商品である。

3. 洗濯機の上を利用してラックに収納

ランドリーラックを利用すれば、デッドスペースになっていた洗濯機の上を有効活用することができる。ランドリーラックにはいくつか種類があるので、それぞれの特徴と選び方を紹介する。

ランドリーラックの選び方

ランドリーラックを選ぶ時は、洗濯機を動かさずに設置できるかどうかが重要だ。洗濯機を動かすと排水ホースが外れたり、故障の原因になるのでできるだけ避けた方がよい。また、ランドリーラックを購入する前には、設置場所のサイズをしっかり測っておくことをも重要だ。高さや横幅だけでなく、水道の蛇口の高さも測っておくとよい。縦型の洗濯機の場合は、ふたを開けた時の高さもチェックしておこう。購入した後で引っ越しする可能性がある場合は、サイズ調整ができるタイプをおすすめする。

ランドリーラックの種類

ランドリーラックには基本「突っ張り棒タイプ」「置くタイプ」「立てかけタイプ」の3種類がある。突っ張り棒タイプは床と天井で突っ張る構造になっており、サイズ調整がしやすいのが特徴である。置くタイプは構造がしっかりしているので安定性があり、たくさんのものを収納したい人におすすめだ。立てかけタイプは組み立てが簡単だが、立てかけるだけなのであまり重いものは収納できないので注意が必要だ。洗濯機スペースの広さや、収納したいものによって好みのランドリーラックを選ぼう。

結論

洗濯機の周りには、洗剤やハンガーなどの洗濯用品が多い。洗濯機は洗面所や脱衣所などに置いてあることが多く、収納スペースは限られている。収納スペースが狭いからこそ、洗濯機の上や横のデッドスペースを最大限に有効活用したい。隙間収納術で単なる隙間を便利な収納スペースに変えてみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ