このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

靴下の干し方を解説!正しい向きってどっち?便利な100均グッズも

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月21日

靴下の干し方を意識したことはあるだろうか。靴下はただ乾かせばよいという訳ではない。実は洗い方だけではなく、干し方も靴下を長持ちさせるポイントとなるのだ。では一体、どのように干すのが最も効果的なのか。あまり知られていない、靴下の干し方について解説していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 靴下の干し方は向きが大事!

靴下を干す際、向きを気にしたことはあるだろうか。つま先と履き口、どちらを上向きにするかは、干し方において重要となるのだ。吊り干しする場合、履き口は上、つま先を下に向けるのが正しい干し方となる。

なぜ正しい向きが存在するのかというと、靴下をできるだけ劣化させないためである。靴下には、履き口に伸縮性のあるゴムが使用されており、このゴムをどれだけキレイに保てるかが、靴下を長持ちさせる秘訣となるのだ。

つま先を上向きで干した場合、洗濯で付着した水分が下へと落ち、履き口部分に多くの水分が溜まることになる。そうなると、乾ききるまでの時間、ゴムが水分に浸かっている状態となってしまう。ゴムが長時間水分にさらされている状況は、劣化を早める原因ともなる。劣化を防ぐには、できるだけゴム部分を早く乾かし、水分を飛ばす干し方が重要である。

また、水分を含んでいる履き口を下向きにしていると、重さで下へと引っ張られ、靴下全体が伸びやすくなってしまう。ゴム部分が伸びきってしまうと、本来の形状を失ってしまうだろう。靴下はただ干すのではなく、正しい向きを意識することが大事なのだ。

2. 靴下は裏返した干し方がベスト!?

靴下の洗い方では、裏返しにするというキーワードが重要視されている。皮脂やにおいの元を撃退するには、肌に密着する裏側を洗う必要があるからだ。

そして実は、裏返しにすることは干し方としても、効果的であると言われている。なぜ裏返しがよいかというと、紫外線が引き起こす色褪せや変色を防ぐためだ。これは靴下だけではなく、衣類全般にいえることであり、干し方のポイントでもある。

また、靴下はゴムが使用されているため、とくに紫外線の刺激をうけやすいアイテムだ。ゴムは紫外線で劣化しやすい性質を持つため、天日干しはあまり推奨できない。干す際はできるだけ日光を避け、陰干しするとよいだろう。

いまや靴下も、オシャレを楽しむアイテムのひとつである。カラーやデザインを損なわないためにも、裏返す干し方は有効なのだ。靴下は洗濯から干し方、すべての工程で「裏返しにする」のがおすすめである。

ただ、表にひどい汚れがある場合は裏返しにしない方がよい場合もある。靴下以外の洗濯物も、ひどい汚れがある場合は裏返しにしない方がよい。その点だけ注意してほしい。

3. 100均グッズを活用した靴下の干し方

靴下を干す際は、便利で買いやすい100均グッズが活躍する。では、どのような100均グッズが役立つのか、いくつか紹介しよう。

ピンチ付きハンガー

靴下を干すとなると一般的に用いられるのが、洗濯バサミがたくさんついた四角や円型のピンチハンガーではないだろうか。下着や衣類も干せる便利なグッズだが、スペースを取りがちだ。

そこで非常に使いやすいのが、通常のハンガーにピンチが付いている100均グッズ。ハンガー分のみのスペースで、靴下を4足分も干せるのだ。自宅に1つ備えておけば、大型のピンチハンガーで干す場所がなくなった際にも役立つだろう。

2枚1組のまま干せるクリップ

2枚で1足となる靴下。バラバラになった靴下を畳む時に組み合わせなければならず、面倒だと感じる人も多いだろう。しかし、1つのクリップで2枚同時に固定できる100均グッズを活用すれば、靴下を探す必要がなくなるのだ。

しかも、クリップは干すだけではなく、洗濯時にも使用可能。靴下をクリップに挟み、そのまま洗濯機へ投入できる優れものだ。洗濯機から取り出しそのまま干せば、畳む際の手間が軽減できるだろう。100均グッズを用いて、便利な干し方を実現してほしい。

結論

靴下は、必ず履き口が上向きになる干し方を実践しよう。ゴムの劣化や、靴下の伸びを予防してくれる。また、変色や色褪せを防ぎ、発色を保持するためにも、干す際は裏返しにしよう。そして面倒な干す作業に、便利な100均グッズをフル活用するのもよい。靴下を長持ちさせるには、洗濯方法だけではなく、正しい干し方も重要となる。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ