このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

換気扇掃除にはセスキ・重曹・オキシクリーンの3種を賢く使おう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月28日

億劫でついつい後回しにしてしまう換気扇掃除だが、掃除をしないでいると換気機能が落ちて室内の空気が悪くなったりカビが発生したりと、不衛生な面も出てくる。今回は、お掃除の定番であるセスキ・重曹・オキシクリーンの3つを使った換気扇掃除の方法を紹介する。それぞれの特徴に合わせた使い方をすることで、換気扇の汚れは意外と簡単に落とせるのだ。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セスキ炭酸ソーダを使った「スプレー」で

セスキ炭酸ソーダは、油・皮脂などの汚れに対し強い洗浄力を発揮するナチュラルクリーニング素材だ。重曹と似た性質を持っているが、重曹よりも高いアルカリ性があり、油汚れを落とす能力に長けている。重曹に比べて水に溶けやすく、水に溶かしてスプレーとして使用するのに向いている。まずは、セスキ炭酸ソーダスプレーによる換気扇掃除法から解説しよう。
  • 水500mlに対しセスキ炭酸ソーダを小さじ1~2杯溶かしセスキスプレーを作る
  • 換気扇のカバーやフィルター、ファンなどを外す
  • 外した部品にスプレーを吹きかけてから拭き取る
  • 最後に水拭きをして元に戻せば完了
油汚れに強いセスキ炭酸ソーダは、手ごわいレンジフードの掃除にも最適だ。油汚れが堆積したフィルターなら、スプレーを吹きかけてから数分置いて拭き取るとよい。スプレーを吹きかけた布で換気扇内部も拭き掃除をすれば、手軽にピカピカにできる。セスキ炭酸ソーダは100円ショップでも購入でき、さまざまな油や皮脂汚れに対応してくれるので常備しておくのがおすすめだ。

2. 重曹を使った換気扇掃除は「ペースト」で

家庭のお掃除に欠かせない重曹は、スプレーとしての使用がおなじみだ。しかしセスキ炭酸ソーダに比べて水に溶けにくい重曹は、ペースト状にして使うことで研磨作用が生まれ、より洗浄力が高まる特長がある。重曹ペーストを使った換気扇掃除方法は下記の通り。
  • 重曹2~3に対し水1の割合で重曹ペーストをつくる
  • 換気扇のカバーやフィルター、ファンなどを外す
  • 外した部品と換気扇内部に重曹ペーストを塗布する
  • しばらく放置したのち古いタオルなどで拭きとる
  • 最後に水拭きをして元に戻せば完了
ペーストにすると水に溶け残った重曹が研磨作用を発揮するため、頑固な汚れも落としやすくなる。お手元に重曹があればぜひ試してみてほしい方法だ。

3. オキシクリーンを使った換気扇掃除は「オキシ漬け」で

どんな汚れもラクラク落とせると話題のオキシクリーンは、コストコなどで購入できるアメリカ生まれの酸素系漂白剤だ。セスキや重曹と同じアルカリ性の性質を持っているが、酸素の力で強力に汚れを落とすという特長があり、その優れた洗浄力がお掃除界を席巻している。オキシクリーンの代表的な使い方は、お湯に溶かして浸けおきに使う「オキシ漬け」という方法だ。
  • 換気扇のカバーやフィルター、ファンなどを外す
  • シンクなどに40~60℃のお湯をため、オキシクリーンを溶かす(水4リットルに対しオキシクリーンをキャップ1杯)
  • 取り外したフィルターやファンを1時間以上浸けおきする
  • その後水で洗い流せばOK
頑固な汚れでも、浸けおき後に使い古しの歯ブラシなどでこすれば難なく落とせる。換気扇の内部は、オキシ液を含ませたタオルなどで拭き掃除をしよう。掃除にも洗濯にも使えオキシクリーンは「ひとつあれば万能」ともいわれており、しつこい油汚れにもバツグンの効果を発揮してくれるはずだ。

4. 換気扇掃除を業者に頼むという選択も。料金はどれくらい?

換気扇の種類によっては分解するのが難しかったり、塗装が剥げる危険があるのも事実だ。掃除に自信がない場合は無理にチャレンジせず、業者に頼むのもひとつの方法と考えてほしい。

大手業者のレンジフードの掃除料金を調べてみると、1回10,000~15,000円くらいが相場だ。長年掃除をしていない換気扇をピカピカにしてくれると思えば、高くはないと感じる人もいるだろう。汚れがひどい場合は一度は業者に掃除をしてもらい、その後セスキ・重曹・オキシクリーンなどを使い定期的にお手入れをするのが賢い方法といえるかもしれない。

結論

セスキ・重曹・オキシクリーンを使った換気扇の掃除は、それぞれの特性を活かして行うこそとで効率が上がる。今回はとくにおすすめである3つの掃除方法を紹介した。特性に合わせた使い方で、より手際よく換気扇掃除をしよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ