このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンゴミ箱の収納棚をつくろう!すのことボンドで簡単DIY

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

昨今のキッチンゴミ箱は「置くタイプ」から「収納するタイプ」へと進化している。キッチン家具の中には、収納棚とキッチンゴミ箱が一体化した商品や、収納に特化したスリムな形状のゴミ箱などが登場している。とはいえ、キッチンのスペース問題は家によってさまざまなので、ここでは隙間などのデッドスペースを使って、上手にゴミ箱を収納する方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 進化したキッチンゴミ箱と収納棚について

限られた収納スペースに大きなキッチンゴミ箱を収納するのは難しく、リフォーム後などにキッチンゴミ箱の位置に困る人も多い。キッチンゴミ箱を収納する場所が見当たらない場合、収納棚のキッチンゴミ箱のどちらかを変えて解決しよう。

ゴミ箱を収納できる収納棚にはさまざまな種類があり、壁を覆うような大型タイプだけではなく、冷蔵庫や食器棚の隙間に入るスリムなデザインのものや、引き出しの中にゴミ箱をしまうタイプの収納棚も存在する。

新しく収納棚を置くスペースがない場合は、既存の収納棚を使いこなせているかもう一度見直してみよう。収納棚の中にデッドスペースがある場合、収納している物の配置を組み直してキッチンゴミ箱用のスペースをつくってみよう。キッチンゴミ箱が大きすぎて収納棚に入らない場合は、サイズの合うゴミ箱を新しく購入するのも1つの手である。

2. キッチンゴミ箱をDIYするには?

既にモノが揃ったキッチンから、キッチンゴミ箱のスペースを確保するのは容易ではない。小さすぎるゴミ箱や収納棚は、逆にデッドスペースを増やす元となるので、ちょうどいいキッチンゴミ箱が見つからない場合はDIYしてみるのがおすすめである。DIY初初心者は、100均でも入手できる「すのこ」でトライしてみよう。

すのこゴミ箱のつくり方

準備するもの

  • すのこ
  • 木工用ボンド
すのこを使ったDIYは、木工用ボンドを使って簡単にトライすることができる。解体したすのこを好みのサイズにカットしたものを5枚用意し、それぞれを木工用ボンドで接着したら手作りゴミ箱の完成だ。カットしたすのこをそのまま使ってもよいが、隙間のないゴミ箱が作りたい場合は木材をすべて解体し、板部分を貼り合わせて組み立てることもできる。組み立て方を応用すれば、すのこで収納棚をつくることもできるだろう。

3. キッチンゴミ箱を上段に置くときは目隠しをしよう

収納棚の上段にキッチンゴミ箱を置くと、ゴミ箱が目にとまりやすくなってしまう。とくにレンジラックや手作り収納棚は生活感がでやすい。どうしてもそこ意外にゴミ箱の置き場がない場合は、カーテンや目隠し用の木箱に入れるなどと工夫するのがおすすめだ。また、上段に収納するゴミ箱は、臭いの出にくいものやインテリアに馴染むデザインを選び、生活感が出ないようにするとよいだろう。

結論

キッチンゴミ箱がむき出しだと、生活感がでるのでオシャレな空間から遠ざかってしまう。棚や家具の隙間などの見落としがちなデッドスペースを使い、上手にゴミ箱を収納してみよう。今回紹介したすのこを使ったDIYでは棚板をアクリル板などに変えて応用してもよいだろう。素材やペイントを工夫すると、キッチンゴミ箱をおしゃれに収納できるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ