このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

賃貸でも使いやすい、キッチン収納棚のアイデアやDIY方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月 2日

賃貸物件のキッチンではスマートで使い勝手がよい収納は無理だと諦めていないだろうか。工夫次第では、賃貸でも収納棚を増設することが可能である。今回は、収納棚を作ることができる簡単なDIY方法や、ちょっとした収納アイデアについて紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 賃貸キッチンにおすすめの収納棚

賃貸のキッチンは収納棚を置くスペースがなかったり、壁などを自由にアレンジできなかったりするのがつらいところだ。しかし賃貸のキッチンでも、壁を傷つけることなく収納棚を増設することは可能である。その方法とは「ディアウォール」を利用することだ。ディアウォールとは、天井と床で角材を突っ張らせたものである。ディアウォールを使うことによって柱を増設し、柱と柱の間に収納棚を作れば、賃貸でも壁や床を傷つけずに済む。

ディアウォールを使った収納棚の作り方は簡単で、まずはディアウォールで柱を二本立て、その間に棚となる板をはめていくだけだ。L字型の置き台などをホームセンターで購入し、棚と柱をしっかり固定すれば安定性も抜群である。棚の数や幅、長さなどは収納したいものに合わせて自由に決められるので使い勝手もよいといえる。ディアウォールを使えば、賃貸キッチンのデッドスペースも収納棚することが可能だ。

2. キッチン収納棚のDIY例

キッチンの収納棚をDIYして、オリジナルのものを作ってみるのもおすすめだ。既製品を購入する手軽さはないが、自分好みのテイストで作った収納棚は長く愛用できるだろう。また、収納したいものに合わせた設計が自分でできるのも既製品にはないメリットだといえる。

しかし、電子レンジや炊飯器を収納できるようなラックタイプの収納棚や、食器棚など大きめの収納棚をDIYするのはなかなか大変だ。特に、DIY初心者にはかなり骨の折れる作業でもある。その場合は、スパイスラックや小皿、マグカップなどを置ける小さめの収納棚をDIYしてみるのがよいだろう。小さめの収納棚は、既製品だとなかなかちょうどよいものに出会うのが難しいため、自分で作ってしまうのがおすすめだ。サイズが小さければDIY初心者でも作りやすいし、自分が欲しい機能を追加することもできる。

小さめの収納棚をDIYするのにおすすめなのが、すのこを利用した方法だ。特に100均などで手に入るすのこは、ベニヤ板など薄めの素材でできていることが多いためDIYで加工しやすい。すのこの長さもいろいろあるので、収納したいものや収納棚を置くスペースに合わせて選ぶことができる。すのこのゲタ部分の角材を利用すれば、棚を置く場所も簡単に作ることができる。

3. キッチンを使いやすくする収納棚のアイデア

キッチンはちょっとしたアイデアで、まだまだ使いやすくすることができる。特に収納棚の活用については、もっと見直す点があることだろう。キッチンがごちゃごちゃして使いにくい方向けの、キッチンを使いやすくする収納棚のアイデアを紹介していこう。

たとえば、キッチンにゴミ袋のストックを保管している家庭も多いが、あなたはどのようにゴミ袋を保管しているだろうか?キッチンの戸棚などにゴミ袋を収納している場合、取り出しにくくストレスに感じることも多い。そういった場合におすすめなのが、オープンタイプの収納ボックスを利用することである。オープンタイプの収納ボックスを使えば、ゴミ袋の在庫もひと目で確認することができる。

頻繁に使うゴミ袋は、書類などを整理するのに便利なファスナーケースを活用して収納することができる。準備は簡単で、ファスナーケースの背面に、ハサミでゴミ袋の取り出し口となる大きめの穴を開けるだけだ。ハサミで切った取り出し口がギザギザしていて危ない場合は、ビニールテープなどで保護するとよいだろう。可燃ゴミや不燃ゴミなど袋ごとに分けてファスナーケースを用意し、まとめてフォルダーケースなどに収納しておけば場所もとらずにスマートに収納できる。ちょっとしたアイデアで、ストレスなく家事ができるのでぜひ試してみてほしい。

結論

キッチンの収納棚は、工夫次第でさらに使いやすくなる。賃貸のキッチンでも、ディアウォールを使ったオリジナルの収納棚でデッドスペースを活用しよう。また、小さめの収納棚はDIY初心者でも簡単に作れるので、使いやすい工夫がいっぱいの収納棚をぜひ自分で作ってみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ