このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビングの収納術!簡単にスッキリ整理整頓する方法をご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月 4日

リビングは収納スペースが限られているにも関わらず、置いておきたい物が多い空間である。そのため、どうしてもごちゃごちゃしてしまいがちだ。今回は物置きスペースとなっているリビングを、落ち着いて過ごせる快適な空間にするためのコツを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 整理整頓されたリビングを保つ秘訣

リビングは滞在する時間も多く、また家族が集まるスペースでもあるため必然的に散らかりやすくなる。どこの家庭でも、リビングを整理整頓してキレイに保つのは至難の業といえるだろう。しかし、収納のコツを押さえることでリビングはもっと整理整頓しやすくなるので、快適な空間へ変えることができるだろう。

たとえば、リビングに置いてある収納ケースや引き出しの中は、気がつくと物が散乱してしまいがちだ。これでは物が取り出しにくいだけでなく、印鑑や充電器など細々したものが行方不明になりやすくなってしまう。このような場合、仕切りのトレーを活用して収納ケースや引き出しの中を整理整頓するのがおすすめだ。用途などに合わせて引き出しを仕切れば、使い終わったものをまとめて収納しやすくなるだろう。それによってリビングに物を置きっぱなしにすることがなくなるので、片付けや掃除もさらにしやすくなるだろう。

また、リビングの収納にはラベルを貼ることで物の置き場所を明確にしておくのもポイントだ。そうすることで物の置き場所を家族で共通して認識できるため、リビングを整理整頓しやすくなるのだ。

2. リビング収納の有効活用方法

リビングの収納を有効活用するためには、いかにデッドスペースを少なくして空間を無駄なく使うかという意識が大切だ。よく見たらリビングの収納棚がスカスカで、スペースを無駄使いしてはいないだろうか。収納棚を見せる収納として使っていないのに、こういった使い方をするのはもったいない。意外にも収納棚の上段は、スペースを無駄にしていることが多いものである。リビングの収納棚の上段と下段を上手に使い分けることが、デッドスペースを有効活用することにつながるのだ。

たとえば収納棚の下段には、季節限定で使うような使用頻度が低いアイテムを収納するのがおすすめだ。夏にしか使わないゴザや冷感機能のあるクッション、また冬に活躍するブランケットなどは、使わない時期は収納棚の下段にしまっておこう。リビングでも収納棚の下段であれば目立ちにくいし、いざという時にサッと取り出せるので便利だ。

使用頻度の低いものを収納する際は、壁の色と同系色のシンプルな収納ボックスに収納するのがよいだろう。そうすることで壁の色と同化して目立ちにくくなるので、空間が広く見えるメリットもある。空間を有効活用することで、すっきりしたリビングに近づくことができる。

3. リビング収納におすすめの100均アイテム

リビングの収納をうまく活用するには、100均で手に入る整理整頓アイテムを活用するのがおすすめだ。100均アイテムは低価格で購入できるうえ、同じデザインやサイズのものがたくさん手に入るのも魅力的である。ここでは、リビングをシンプルで落ち着いた快適空間へと導いてくれる100均アイテムを紹介していこう。

ペーパーボックス

100均アイテムのペーパーボックスは、シンプルなデザインや大きめのサイズのものが多い100均アイテムだ。ペーパーボックスは軽くて丈夫なので、普段あまり使わないものを収納棚の上段に積み重ねて置いておくのに便利である。

プラスチックボックス

リビングで頻繁に使うものは、少し小さめのプラスチックボックスに入れて用途やジャンルで分けて収納すると使いやすいだろう。マットなデザインのものもあるため、リビングの色調に合わせてスタイリッシュに使うことが可能だ。パソコン周辺のアイテムを整理するのに使ったり、子どものおもちゃを収納したりするのもよいだろう。いろいろなアイデアで100均アイテムを活用し、リビングをおしゃれで快適な空間にしていこう。

結論

リビングをより快適な空間にするためには、整理整頓の工夫やデッドスペースの有効活用が欠かせないだろう。また、そのために100均の収納グッズを活用することもおすすめしたい。100均にはリビングの収納力を高めてくれる便利なアイデアグッズがたくさんある。うまく活用してリビングの収納を見直してみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ