このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビングやダイニングのテーブル収納。そのコツとアイデアは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月 7日

家族みんなが集まるリビングやダイニングのテーブル周りは、常にものが置かれていて片付かないのが悩みの人も多いだろう。ここでは、なかなか片付かないテーブル周りの収納について、そのコツとアイデアや、きれいに保つ方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. テーブル収納は、テーブル下を便利グッズやDIYなどで有効活用する

リビングやダイニングのテーブル収納は、テーブル下を上手に活用すると、ものにすぐ手が届き、人目にふれないように隠せるので一石二鳥だ。ケースなどをDIYすると、サイズや素材も自由に作れる。

テーブル下につっぱり棚やつっぱり棒を付ける

テーブル下に収納スペースがない場合は、つっぱり棚やつっぱり棒を利用するとスペースを確保できる。天地の高さも自由に設定できるので便利だ。リモコンやティッシュケース、新聞・雑誌類などは、それぞれカゴやボックスにまとめて入れれば、取り出しもしやすい。

テーブルに吊り下げる

ティッシュケースや小物を入れたワイヤーケースなどを、テーブル下や側面に吊るすと、誰でも場所がわかりやすく取り出しやすい収納になる。おしゃれなティッシュケースや、色・デザインを統一したボックス・ケースを使うと、「見せる収納」として、インテリアの一部にもなる。DIYで、自分好みのものを作ってもよい。

可動式のキャビネットを使う

テーブル下にキャスター付きのキャビネットなどを入れると、いろいろな小物を一度に整理整頓でき、必要な時に簡単に取り出せるので便利だ。テーブルの色や材質に合わせたキャビネットを選ぶと、一体感も演出できる。また、カラーボックスにDIYでキャスターを付けるなど、オリジナルのキャビネットを作るのも楽しい。

引き出し付きのテーブル

テーブルの劣化などで買い替え時期であれば、引き出し付きのテーブルを購入することも検討しよう。最近は、おしゃれなデザインのものも多いので、収納する物量や用途をふまえて選ぶようにしよう。

2. ホームセンターなどで買えるテーブル収納に役立つ便利グッズ

100均やホームセンターなどには、便利でおしゃれな収納グッズがたくさんあるので、ぜひ取り入れてみよう。

ボックス型ペンスタンドを利用する

複数のリモコンを取りやすく1か所に収納するために、少し大きめのペン立てを用意して、そこに入れるようにしよう。仕切りがあればなお便利だ。最近のホームセンターには、リモコン専用のスタンドもあり、回転式のものなどもあるので、探してみよう。

ウォールラック・ウォールポケットの利用

テーブル脇やソファ横などに、ウォールラックやウォールポケットを付けると、リモコン、ティッシュケース、新聞や雑誌、うたた寝用のブランケットまで、あらゆるものをすっきりと収納できる。取り付ける場所にもよるが、S字フックやジックテープを利用するなど、取り付け方法も工夫しよう。

観葉植物で隠す

テーブルやソファのそばに収納ボックスを置いて、それが隠れるくらいのグリーンを置けば、人目にふれることもなく、置くだけでおしゃれな収納術になる。インテリアの一部にもなるグリーンは、ホームセンターでも簡単に買える。

3. テーブル収納後もきれいでおしゃれな空間を保つには?

せっかく収納スペースを作るのだから、それをキレイでおしゃれに保つには、下記の点に気を付けよう。

定位置管理を徹底する

リモコンやタブレットを置く場所、新聞を読んだら戻す場所など、テーブル周りにあるすべてのものの「定位置」を決めよう。郵便物なども、リビングやダイニングテーブルに置きっぱなしになりがちだが、なくすと困るものもあるので、必ずほかの場所で保管するようにしよう。

メガネや小銭入れ、スマホなどをテーブル周りに置くことが多い場合は、定位置管理をしておくと、置き忘れも少なくなる。「使ったら戻す」を、家族全員で徹底することで、おしゃれにキレイに保つことができる。

片付けるタイミングを決める

たとえば、朝全員が出かける前や、夜の就寝前など、必ずものを定位置に戻す時間やタイミングを決めておくと、常にきれいに保つことができる。慣れてくると、さほど面倒なことではなくなるので、ぜひ習慣化して、おしゃれな空間を保つようにしよう。

結論

リビングやダイニングなどのテーブル周りは、リモコンなどの小物や新聞、メガネ、スマホなどであふれて散らかりがちだ。常にきれいに保つには、収納する定位置を決めて、使ったら戻す習慣付けを行う。また、家族全員で片付ける時間も決めておくと、なおよい。さらに毎日決まったタイミングで定位置に戻すことを心がけよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ