このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ネクタイの臭い対策!自宅での洗い方や臭いの予防方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月11日

スーツはビジネスマンの制服のようなものである。スーツや革靴などは着ている人自身の印象にも影響を与えるので、しっかりとケアしているという人もいるだろう。しかしネクタイは、スーツや革靴に比べるとじゅうぶんにケアされていないことも多い。この記事ではネクタイに臭いや汚れがついてしまった時の対処法と予防方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ネクタイについた汚れや臭いの落とし方のコツ

一見キレイに見えるネクタイも、実は見えない汚れや臭いがついていることがある。スーツやシャツは身につけた時に汚れや臭いに気づきやすいが、ネクタイは気づきにくいので時々チェックしてみよう。ネクタイの素材によっては自宅で洗濯することもできる。では、ネクタイについた汚れや臭いの落とし方のコツを紹介しよう。

洗濯表示を確認する

ネクタイの汚れや臭いが気になった場合は、まず洗濯表示を確認しよう。ネクタイの生地によっては洗濯できないこともあるので必ず確認が必要だ。無理に洗濯すると型くずれしたり結べなくなったりするおそれがある。不安な場合や洗濯に自信がない場合は、無理に洗おうとせずクリーニングに出すのが確実だ。

ネクタイの洗い方

ネクタイについた汚れや臭いの落とし方のコツは、やさしく手洗いすることである。ぬるま湯に洗濯洗剤を溶かし、ネクタイをたたんで入れる。ネクタイをゆするようにして汚れや臭いを落とし、キレイな水ですすぎ洗いをする。 汚れや臭いが落ちないからと激しく擦ってしまうと、ネクタイの表面が毛羽立ったり型くずれしたりするおそれがあるので注意しよう。洗剤が落ちたらタオルで水気を拭き取って乾かす。

ネクタイの干し方

ネクタイは正しく干さないと型崩れし、うまく結べなくなってしまう。型崩れを防ぐためにはハンガーに引っかけ、直射日光が当たらず風通しがよい場所で陰干しするとよい。生乾きになると嫌な臭いが発生する。洗った後はしっかり乾かすことが、ネクタイについた臭いの落とし方のコツである。

2. ネクタイをキレイにたもつ対策・予防方法

首元は汗をかきやすい場所である。シャツの襟に汚れが染みついて取れなくなってしまったという人もいるだろう。ネクタイは肌に直接つけているわけではないが、シャツ越しに汗が染み込み、汚れや臭いの原因になる。首元は食事の際に汚れやすい場所でもあるため、知らず知らずのうちに、飛び散った汁や油がネクタイに染み付いている可能性もある。ネクタイの汚れや臭いの防止に効果的な対策・予防方法を紹介しよう。

複数のネクタイを使う

毎日同じネクタイをしていると、汚れや臭いがつきやすくなる。ネクタイの汚れや臭いを対策・予防するには、複数のネクタイを使い回すとよい。曜日ごとにローテーションしたり、気分に合わせて柄を変えたりして汚れや臭いを分散させよう。

防水スプレーを使う

ネクタイの汚れや臭い対策・予防アイテムのひとつに防水スプレーがある。防水スプレーは衣類や靴などが水で濡れるのを防ぐ効果があるが、ネクタイにも使用することができる。水で濡れるのを防ぐだけでなく、汚れや臭いもつきにくくなるので活用してみよう。

ブラッシングをする

ネクタイの表面についたほこりなどはブラッシングで落とすことができる。ネクタイをハンガーにかけ、上から下にやさしくブラッシングする。ブラシは衣類用のものを使用し、擦りすぎないように注意しよう。

3. 100均の防水スプレーでネクタイを守ろう

ネクタイの汚れや臭い対策・予防には防水スプレーが有効である。防水スプレーは服や靴の売り場に置かれていることが多いが、100均でも購入することができる。防水スプレーを使ったネクタイのケアはおすすめだ。

防水スプレーの種類

防水スプレーには「シリコン系」と「フッ素系」がある。シリコン系はネクタイの表面にシリコンの膜を作るので、水を弾きやすい。フッ素系は繊維の一本一本をコーティングするので、通気性が高いのが特徴だ。成分によって「革靴用」「衣類用」など、用途が限定されている。なかには万能に使えるものもあるので、100均の防水スプレーを購入する時は成分を確認し、用途に合わせて種類を選ぼう。

防水スプレーの使い方

防水スプレーは、外出直前に使っても効果が出にくい。防水スプレーはよく乾かすと防水効果が高まるので、前日の夜など、時間に余裕を持って使用しよう。ネクタイに汚れがついたままスプレーすると、汚れまでコーティングしてしまう。防水スプレーを使う前にブラッシングして汚れを落としておくと効果的だ。

防水スプレーはできるだけ屋外で使用し、スプレーを吸い込まないように注意しよう。ネクタイから20cm程度はなして、全体にふんわりスプレーするのがポイントだ。手軽に買える100均の防水スプレーでネクタイを汚れや臭いから守ろう。

結論

ネクタイはビジネスマンの首元を彩るアイテムだ。ネクタイに汚れや臭いがついていると、つけている人自身もだらしがない人だと思われかねない。日頃からていねいに扱っていれば激しく汚れることは少ないが、ブラッシングや防水スプレーでネクタイをケアしよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ