このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ティッシュ収納術。オシャレで便利が叶う!ティッシュ収納術のまとめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月13日

日々の暮らしには欠かせない「ティッシュペーパー」だが、どこに置いたかわからなくなってしまったり、置き場所に困ったりすることも多いのではないだろうか。部屋のあちこちにそのまま置いてしまうと生活感が漂ってしまうのも悩みどころである。そこで今回は、生活必需品であるティッシュをオシャレで便利に収納する方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オシャレなティッシュケースに収納する

ティッシュ箱をそのままの状態で置いておくと、どうしても生活感が漂って見えてしまうものである。リビングなどの人目につきやすい場所では、オシャレなケースに収納して使うのがおすすめだ。デザイン性も兼ね備えたオシャレなティッシュケースに入れておけば、テーブルの上に無造作に置いておいても気にならないだろう。

例えば、木製のテーブルには同じような木目のケースを選べばインテリアに溶け込むだろうし、ティッシュケースの上がトレー状になっているケースを選べば、メガネや筆記用具などの小物置き場も兼ねることができる。

洗面所などには、水に強いプラスティックなどのケースを選ぶと良いだろう。ケース収納の良いところは、ティッシュ箱をそのまま入れることができ、ポンと置いておくだけでさまになる手軽さだ。置き場所に合ったケースを選んで、その空間に溶け込ませるのがポイントである。

2. 置き場所をとらない「壁掛け収納」

テーブルの上にティッシュ箱を置きっぱなしにしたくないという場合におすすめなのが壁掛け収納だ。壁掛け収納のメリットは、スペースを有効活用しながらティッシュの置き場所を固定できることだ。ティッシュをよく使う場所に壁掛けして定位置を決めれば、もうティッシュをあちこち探すような手間をかけなくてもすむだろう。

壁掛けする方法はいくつかあるが、ひもで吊るせるようになっている布製のケースに入れて壁に掛けたり、キッチンではマグネット付きのティッシュケースで冷蔵庫の壁につけたりすると良いだろう。

3. 100均グッズで便利収納

100均で売られている「ティッシュを壁掛けできる便利グッズ」でおすすめなのが、粘着テープでティッシュを壁に貼り付けることができるアイテムだ。粘着テープがくっつく場所であれば設置が可能なので、磁石がくっつかないタイルの壁・ガラスや鏡、プリント合板などさまざまな場所で使うことができる。ティッシュ箱を挟んで固定するホルダーの裏に粘着テープが貼ってあるだけのシンプルなものだが、100円というコストパフォーマンスの良さと、その使い勝手の良さから大変話題となっている便利グッズである。

4. DIYでオシャレにティッシュ収納

簡単なDIYを楽しみながら、自宅にぴったりなティッシュ収納を作り出すのもおもしろい。そこで手軽にできるDIYのアイデアをいくつか紹介しよう。

S字フックで吊るす

ホームセンターなどで手軽に買える「壁につけられるS字フック」などをとりつけて、ひもで吊るせるティッシュケースを吊るせば、簡単に壁掛けができる。ティッシュケースもオシャレな布で手作りすれば、インテリアとして楽しめるだろう。

100均すのことベニヤ板でティッシュボックスを作る

100均で売っているすのこを解体し、ティッシュ箱が入る大きさにカット。ボンドと釘で固定しよう。ふたになるベニヤ板にドリルとサンダーで取り出し口を作れば完成だ。お好みで着色したり、ステンシルで模様をつけたりするとさらにオシャレなボックスができるだろう。少し本格的にDIYしたいという方におすすめだ。

リメイクシートを貼る

ティッシュ箱にリメイクシートを貼るだけでも、気軽に印象を変えられるのでおすすめだ。

結論

生活には欠かせないティッシュだが、ほんの少しの工夫をするだけで、オシャレで便利な収納が実現できる。今回紹介した方法で、安価に収納ケースを手に入れたりDIYすることができるので、ぜひご自宅でも試してみて欲しい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ