このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

土鍋の焦げの落とし方まとめ!焦げる原因や簡単な焦げの落とし方。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月13日

鍋料理や炊き込みご飯など、寒い季節には欠かせない「土鍋」だが、うっかり焦がしてしまうことも少なくないだろう。こすってもなかなかとれない焦げと格闘した経験をお持ちの方もたくさんいるのではないだろうか?今回は、土鍋の焦げの落とし方について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 土鍋が焦げる原因とは?

土鍋を使ってレシピ通りに調理をしているのにもかかわらず焦がしてしまい、原因がわからないという経験はないだろうか?土鍋が焦げついてしまうのには大きく分けて次の3つの原因が考えられる。

火力が強すぎる

まず一番に考えられる原因は「火力が強すぎる」ということだ。土鍋ご飯は強めの火力で一気に炊き上げて作るので、火加減を強めにすることが多いだろうが、このような調理をする場合にはどうしても焦げ付きやすくなってしまう。土鍋を焦がしたくないという場合には、火加減を弱めにするとよいだろう。

火にかけている時間が長すぎる

火にかけている時間が長すぎるのも焦げの原因となる。土鍋で調理をする際には、できるだけそばを離れず、焦げの臭いに気づいたらすぐに火を止めるように心がけよう。また、みんなで鍋を囲む際にカセットコンロで火をかけたままにしていて焦がすという事も多いため、煮えたら一旦火を止めるなどして加熱時間に注意しよう。

鍋に具材を入れすぎている

みんなで鍋を囲む際にやりがちだが、鍋の中にたくさんの具材を入れすぎると、鍋を火にかけているうちに一番下にある具材が焦げついてしまう。焦げ付かないようにするためには、一度に入れる具材の量は多すぎないようにし、こまめに鍋の中を混ぜるようにしよう。

2. 土鍋の焦げを落とすのに必要な道具は?

土鍋の焦げを落とすのに必要な道具は?
  • 重曹
  • スポンジ
必要な道具はたったこれだけだ。焦げついてしまった食材の種類によって重曹と酢を使いわけるので、実際に必要なのは2つだけ。土鍋の焦げつきを落とすために、何か特別な道具を用意する必要はないのだ。

3. 土鍋の焦げを落とす方法は?

土鍋についてしまった焦げを落とすには、重曹や酢がおすすめだ。酸性の食品の焦げにはアルカリ性の重曹が、アルカリ性の食品の焦げには酸性の酢がよく効くので、焦げてしまった食材の種類によって重曹と酢を使い分けよう。
  • 重曹が効く焦げの種類(酸性の食品):米、卵、肉類、魚類、穀類、砂糖など
  • 酢が効く焦げの種類(アルカリ性の食品):野菜、きのこ、海藻、果物、大豆など

重曹を使った焦げの落とし方

  • 土鍋に8分目くらいの水と大さじ4杯の重曹を入れ、沸騰させる
  • 沸騰したら火を止め一晩おく
  • スポンジで焦げを落とす

酢を使った焦げの落とし方

  • 土鍋をやわらかいたわしで優しく洗う(金属たわしは傷をつけるので使わない)
  • 土鍋に8分目くらいの水を入れる
  • 50㏄~70ccの酢を入れ、沸騰させる
  • 沸騰したら火を止め数時間おく
  • スポンジで焦げを落とす
軽い焦げの場合には何も入れなくてもお湯につけて一晩置いてこするだけでも落とせるが、それでも落ちないひどい焦げの場合には、重曹や酢を使った方法を試してみるとよいだろう。重曹や酢を使ってもまだ落ちないという場合には、何度か繰り返してみることをおすすめする。焦げが落ちないからといって、金属たわしなどの固いもので力任せにゴシゴシとこするようなことはしないように。土鍋に傷がつきさらに焦げつきやすくなってしまうため、固いものでこするのは厳禁である。

結論

おいしい鍋料理には欠かせない土鍋だが、うっかり焦げつかせてしまうことも少なくない。そんな時、土鍋の焦げの落とし方を知っていれば、固いたわしでごしごしとこすって土鍋を傷つけてしまうような事態も防げるだろう。もし土鍋を焦がしてしまったら、今回紹介した焦げの落とし方をぜひ試してみて欲しい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ