このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイソーのおすすめ洗濯グッズ!伸び縮みするバスタオルハンガー!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月14日

干しにくくてなかなか乾かないバスタオル。バスタオルには、バスタオルと同じ幅のハンガーを使うのがおすすめだ。ダイソーの「バスタオルハンガー」は、アームが伸び縮みして幅を変えられる、便利な洗濯グッズである。今回は、バスタオル干しにおすすめの、ダイソーのバスタオルハンガーを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダイソーの「バスタオルハンガー」とはどんなもの?

ダイソーでは、いろいろなタイプのバスタオル用ハンガーが販売されている。そのなかから今回は、プラスチック製の広げて干せる「バスタオルハンガー」を紹介しよう。

このバスタオルハンガーは、使用時はアームを伸ばして幅を広くし、収納時にはアームを縮めてコンパクトにできるハンガーである。高さは26cmほど。縮めたときの幅は約40cm、これを伸ばすと67cmほどになる。アームを伸ばせば、約60cm幅のバスタオルを干すことができるのだ。

上部のフックは物干しざおをはさむタイプなので、しっかりかけることができる。また、フック部分は360度回転させられるので、どんな向きにも対応できて便利だ。カラーは、パステル調のブルーとピンクの2種類となっている。

2. ダイソーの「バスタオルハンガー」は伸ばして干して縮めて収納!

ダイソーのバスタオルハンガーは、アームを伸ばしたり縮めたりできる、バスタオル用の便利なハンガーだ。バスタオルの幅は60~70cmが一般的で、大きめのバスタオルには80~100cmのものもある。そんな幅が広いバスタオルは、物干しざおに直接干すと場所を取り、普通のハンガーにかけると重なる部分が多くて乾きにくくなる。

幅が広いバスタオルを効率よく干すには、幅が広いハンガーを使うのがおすすめ。ダイソーのバスタオルハンガーは、アームを伸ばせばバスタオルをかける部分が60cmに伸びる。一般的なバスタオルにはピッタリだし、大きめのバスタオルは少しクシュクシュとなってしまうが充分干せるだろう。

使わないときは、アームを縮めれば普通のハンガーと同じ幅になるので、場所を取らず収納しやすい。普通のハンガーのように、衣類をかけておくこともできるのだ。

3. ダイソーの「バスタオルハンガー」はフックでしっかりかけられる!

ダイソーのバスタオルハンガーのフックは、はさんでかけるタイプである。クリップのように開閉できるフックなので、太い物干しざおはフックではさみ、細いタイプや物干しロープの場合はフックの穴に通すようにかけられるのだ。しっかりとはさんだりフックを閉じたりしてかけられるので、風が吹いても外れることなく、安心して外に干すことができる。

また、フックは360度回転させることができる。フックをかける棒に対して垂直にも並行にもななめにもできるので、どんな場所にも対応させられるのだ。

4. ダイソーの「バスタオルハンガー」は浴衣も干せる!

ダイソーのバスタオルハンガーは、アームを伸ばすことで67cmほどの幅に広がるハンガーである。この幅がありがたい衣類もあるので、ダイソーのバスタオルハンガーの活用法を紹介しよう。

浴衣

浴衣は普通の衣類と形が違うため、普通のハンガーにはキレイにかけられない。アームが横にまっすぐに伸びた、幅の広いダイソーのバスタオルハンガーなら、浴衣の形をあまりくずさずにキレイにかけられるのだ。着物ハンガーがなくても、充分に対応できるだろう。

オフショルダー

オフショルダーなどの襟ぐりが広めの衣類は、普通のハンガーを使うとずり落ちてしまいがちだ。アームを伸ばせるダイソーのバスタオルハンガーなら、襟ぐりの広さにも対応できる。

コレクション

野球やサッカーのユニフォームや、好きなアニメやアーティストのTシャツなど、衣類をコレクションしている人もいるだろう。ダイソーのバスタオルハンガーにかければ、袖も伸ばしてかけられる。また、フックが自由に回せて、好きな角度にディスプレイできるのでおすすめだ。

結論

ダイソーのバスタオルハンガーは、干しにくいものを上手に干せる便利な洗濯グッズだ。大きくて干しづらいバスタオルが、ラクラク干せるのである。バスタオル以外にも、伸ばせるアームを活かしていろいろなものが干せるので、ダイソーのバスタオルハンガーを便利に活用してみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ