このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイソーのアイテムで炊飯器を収納!生活感を抑えたい人必見

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月16日

キッチンで大きな存在感を放つ炊飯器は生活感が出やすい家電のため、収納場所に困っていたり、パン派で使用頻度が少ない人もいるだろう。そこでダイソーのアイテムを使って、炊飯器もそのほかのキッチン用品もスッキリ収納しよう。炊飯器収納に役立つアイディアを紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダイソーのパーツで棚を作ろう!各パーツの価格も紹介

キッチンに炊飯器を置くちょうどいいスペースがない場合は、ダイソーのジョイントラックを組み立てて棚を作ろう。色はシルバーなのでキッチンの雰囲気になじみやすい。パーツの種類と価格を紹介するので参考にしてほしい。

ジョイントラック用 棚

サイズ:30cm×15cm・30cm×30cm・45cm×20cm・40cm×25cm・45㎝×25cm
※30㎝×15㎝のみ100円(税抜き)・他のサイズは300円(税抜き)

ジョイントラック用 バスケット棚

サイズ:45×25×6.5cm・40×25×6.5cm
各300円(税抜き)

ポール

サイズ:25cm・39 cm・47 cm
各100円(税抜き)

延長ポール

サイズ:24 cm・38 cm・46 cm
各100円(税抜き)

固定部品

4個入り 100円(税抜き)

キャスター

1個100円(税抜き)・4 個100円(税抜き)

このように、ダイソーのジョイントラックパーツはサイズが細分化されている。棚は1サイズを除いて300円(税抜き)なので、レジへ行く前に価格を確認しよう。たとえば、45cm×25cmの棚・47 cmのポール4本・固定部品を使って1段の棚を作ると価格は800円(税抜き)になり、低価格でしっかりとした作りの棚が完成する。

ダイソーのジョイントラックは簡単に組み立てられる。棚の高さを決めたら、ポールの同じ高さの箇所に固定部品を取り付け、棚の四隅の穴へポールを通せば完成だ。このときカチッと音が鳴ったことを確認しよう。注意点は、何段も作るときには同じサイズの棚を使うことだ。

段数を増やしてキッチン用品を収納するスペースにしてもいいだろう。延長ポールは高さが欲しいときに、キャスターは棚を移動する可能性がある場合に使うといい。

2. ダイソーの布で炊飯器と生活感を隠そう

炊飯器の収納場所はあるが生活感を放っていて何とかしたいという場合は、ダイソーの布を活用しよう。炊飯器の上に布をかけて隠すという簡単な方法だ。ダイソーには色、柄、サイズが異なる布が多数販売されており、手芸用品コーナーにカットクロスという商品名で並んでいることが多い。キッチンの雰囲気に合う布を選ぶのがポイントだ。

炊飯器の設置場所の左右に壁があれば、突っ張り棒を設置してカーテンで隠すのもおすすめ。ダイソーにはカフェカーテンもあるので活用してみよう。布の柄は店舗によって取り扱い内容が異なるため、何店舗か巡ってお気に入りの布を探してみよう。

3. 1合だけ炊きたい場合はダイソーの炊飯マグがおすすめ

炊飯器の出番が少ない割に、大きな場所を占拠してキッチンの収納スペースが少ないし1度に炊く量も少ないという場合は、炊飯器をキャビネットなどに収納してしまおう。そして場所を取らないダイソーの炊飯マグの使用をおすすめする。

炊飯マグとは電子レンジで炊飯できるマグカップタイプの陶器で、1個300円(税抜き)で販売されており、1合炊きなのでスリムで収納場所にも困らない。1〜2人分だけご飯が欲しい場合やお弁当用にご飯が必要なときなどにおすすめだ。

使い方は簡単で、炊飯マグにお米1合と水を入れ、30分間給水させる。電子レンジ500ワットで7分間温め、10〜15分蒸らして完成だ。短時間で炊飯でき、忙しい朝や帰宅後の調理時にもおすすめだ。

結論

炊飯器の設置場所や収納場所が必要な場合は、ダイソーのジョイントラックで棚を作ろう。自由に段数を増やすことができ、キッチン整理にも役立つ。炊飯器による生活感を見せたくない場合は布をかけて隠したり、炊飯器そのものを片付けて炊飯マグを使ってみるのもいいだろう。ダイソーのアイテムを上手に活用してほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ