このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セーターの洗濯におすすめの洗剤とは?縮みや毛玉を防ぐ方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月16日

毎日の洗濯の中でも、とくに気を使うのがセーターの洗濯である。セーターはデリケートな衣類なので、間違った洗濯方法で洗ってしまうと縮んだり毛玉ができたりしてしまう。そこで今回は、セーターの洗濯におすすめの洗剤や、縮みや毛玉を防ぐ洗濯方法などを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セーターが縮む原因と対策方法

セーターにはウールという素材がよく使用されている。ウールは羊毛からできた繊維で、さまざまなニット製品に加工されており、冬に欠かせない素材である。しかし、ウールは非常にデリケートなため、洗濯方法を間違えると縮んでしまうことがあるので注意しよう。セーターの縮みを予防するために、ウールの構造と縮み対策の方法について紹介しよう。

ウールの構造

ウールの表面は細かいウロコ状になっている。このウロコは乾燥状態では閉じているが、水に濡れると開くという性質がある。開いたウロコがそのまま閉じれば問題ないが、ウロコが開いた状態で力が加わると繊維同士が絡んで収縮し、フェルトのようになってしまう。

対策方法

セーターの縮みを予防するためには、おしゃれ着洗剤を使用するとよいだろう。おしゃれ着洗剤には通常の洗剤よりも繊維に優しい成分が配合されているので、ウールのような繊細な生地でも縮みにくくなっている。また、洗濯ネットの使用もおすすめだ。セーターは水に濡れた状態で力が加わると縮みやすいので、洗濯ネットに入れることで刺激を軽減することができる。

ウォッシャブルセーターの仕組み

自宅での洗濯に耐えられるように加工された「ウォッシャブルセーター」というものがある。ウォッシャブルセーターは、ウールのウロコが開かないように繊維の表面をコーティングしたり、ウロコの端を切断したりすることで防縮効果を高めている。セーターを着る機会が多い人には、気軽に洗えるウォッシャブルセーターがおすすめだ。

2. セーターを洗濯する時の注意点

セーターを洗濯する時にはいくつか注意点がある。誤った洗濯方法は型崩れや毛玉の原因になるので、正しい洗濯方法を知っておこう。

強い刺激を与えない

一つ目の注意点は洗い方である。セーターは強い刺激が加わると型崩れしやすいので、洗濯機を使用する際は洗濯ネットを使おう。洗濯ネットは他の洗濯物との接触を軽減し型崩れを防ぐのに効果的であり、糸くずが付着したりセーターが毛羽立ったりするのを予防する役割こともできる。手洗いの場合は強く揉んだりこすったりしないように注意が必要だ。上下に揺するように振り洗いし、バスタオルで挟むように脱水しよう。

平らな場所で干す

二つ目の注意点は干し方である。セーターを干すときは「平干し」という方法がおすすめだ。これは、平らな場所にセーターを置くようにして干す方法で、平干し専用のネットも販売されている。平干し専用のネットを持っていない場合は、凹凸のあるお風呂の蓋に広げて干したり、ピンチハンガーの平らな面に置いて干したりするとよい。

濡れたセーターをハンガーにかけるとセーターと水の重さで下に引っ張られ、生地が伸びたりハンガーの跡がついたりすることがあるので注意が必要だ。やむを得ずハンガーを使用する場合は、ハンガーを2〜3本使用し、重みが分散するように干すとよい。

3. セーターの洗濯におすすめの洗剤

セーターは普通の洗剤ではなく専用の洗剤を使用するのがおすすめだ。ここでは洗剤の選び方や、柔軟剤、漂白剤の使い方について紹介しよう。

洗剤の選び方

セーターの洗濯には刺激の少ない中性洗剤がおすすめだ。デリケートな衣類の洗濯に適したおしゃれ着洗剤を使ってもよい。おしゃれ着洗剤の中には弱アルカリ性のものもあるが、パッケージに対象衣類が表示されているのでよく確認しておこう。セーターやニット製品の洗濯に適したウールマークやドライマークのついた洗剤ならさらに安心である。

柔軟剤の効果

柔軟剤は、その名の通り洗濯物を柔らかくする効果がある。柔軟剤を使うことで繊維が滑らかになり、摩擦による毛玉や静電気を防ぐので、毛玉のできやすいセーターにもおすすめである。セーター特有の柔らかい肌触りを維持するのにも有効だ。

漂白剤の選び方

漂白剤はシミや黄ばみを落とすのに効果的だが、セーターのようにデリケートな衣類に使用する際は注意が必要だ。漂白剤には「塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」がある。塩素系漂白剤は漂白力が強くセーターの繊維を傷つけてしまうおそれがあるため、酸素系漂白剤の使用がおすすめである。

結論

セーターは洗濯が難しい衣類であり、ときには着られなくなるほど激しく縮んでしまうこともある。だからといって洗濯頻度を減らすと汚れが蓄積し、シミや黄ばみの原因になってしまう。正しい洗濯方法を知っていればセーターの縮みは予防することができるので、洗剤の選び方や干し方などに注意し、大切なセーターを長持ちさせよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ