このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイソーのアイテムであふれる洋服をスッキリ収納しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月20日

洋服ダンスやクローゼットにあふれている洋服をスッキリ収納するのは難しい。しかし、ダイソーのアイテムを利用すると使い勝手がよくスッキリと整理できるのだ。ここでは、洋服の収納に役立つダイソーのおすすめアイテムやスクエアボックス、布製ストレージボックスについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 収納に役立つダイソーのおすすめアイテム

ダイソーの商品の中には、収納アイテムではないのだが、アイデア次第で洋服の収納に役立つおすすめのものがある。

洋服ダンスやクローゼットの引き出しや衣装ケースはダイソーのブックスタンドを使って仕切りをつくろう。丸めて収納した洋服をブックスタンドの間に収納すると型崩れせずきっちりと収納できるのでおすすめだ。

また、小さい引き出しはダイソーの仕切り板を大きさに合わせて切って使うとよい。ごちゃごちゃしやすい靴下や下着を入れたり、ネクタイを丸めて収納したりするといいだろう。好きなサイズに切ることができるのでどんな引き出しにでも使用できる。

書類ケースもおすすめのアイテムのひとつだ。カッターシャツなどを折りたたんで入れると型崩れやしわを防ぐ。毎朝の着替えを一着ずつ収納したり旅行や出張の際の着替えを入れたりするのに最適だ。

2. 洋服ダンスやクローゼットのデッドスペースにはダイソーのスクエアボックス

洋服ダンスやクローゼットは吊るした洋服の下がデッドスペースになる場合が多い。ダイソーのスクエアボックスはふたがついているので、洋服の下に積みかさねて置くとデッドスペースが収納スペースになる。

ダイソーのスクエアボックスは大・小ふたつの大きさがあり、色も豊富でピンク・オフホワイト・ダークグレー・マスタード・ライトブルー・ホワイトの6色がある。また、取っ手がついた編み込み模様の入ったタイプもある。浅型と深型の2つの深さがあるので入れる洋服の大きさや量によってちょうどよいものが見つかるだろう。

あまり上に積みかさねたくない場合は、カラーボックスを縦、もしくは横にして設置し、その中にスクエアボックスを置くとよい。スクエアボックスの中に何が入っているのかがわかるようにラベルを貼るといいだろう。

3. ダイソーの布製ストレージボックスでオシャレに収納

ダイソーの布製ストレージボックスは、洋服をオシャレに収納するのに大活躍する人気のアイテムだ。布製ストレージボックスはサイズがS・M・Lとランドリーボックスタイプの4種類ある。素材は布製とリネン製の2種類がある。色はキャンパス生地がナチュラル、麻はブラック・ホワイト・ブラウン・グレーの4色がある。

ダイソーの布製ストレージボックスは素材がしっかりしており、大容量だ。衣類だけではなく、帽子やバッグなども収納できる。プリントされたロゴもオシャレで生活感を感じさせないので、押し入れや洋服ダンス、クローゼットの収納はもちろん、リビングや子ども部屋などに置いて洋服を収納してもよい。

キャンパス生地は内側にラミネート加工が施されているので、ランドリーケースとしても使うことができる。布製ストレージボックスの中に1.で紹介したブックスタンドを置いて洋服を整理する、衣装ケースに季節ごとに分類した洋服を収納し、布製ストレージボックスごと入れ替えると簡単に衣替えができる、などアイデア次第でさまざまに活用できる。

結論

洋服ダンスやクローゼットの整理にはダイソーのアイテムが役に立つ。ブックスタンドや書類ケースは収納アイテムではないが、アイデア次第で収納量を増やすアイテムになる。また、好きな大きさにカットできる仕切り板は引き出しを整理するのに最適だ。洋服ダンスやクローゼットのデッドスペースを有効利用するにはダイソーのスクエアボックスがおすすめだ。オシャレに収納するのなら布製ストレージボックスを使用するといいだろう。ダイソーのアイテムを有効活用してあふれやすい洋服をスッキリと収納しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ