このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リュックは洗濯できる?ナイロンやポリエステルなどの素材別の注意点。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月22日

リュックは両手を使わず安全に荷物を運ぶことができるので、通勤や通学、アウトドア活動で使う人が増えている。近頃はリュックを背負っているスーツ姿のサラリーマンを見かけることも珍しくない。リュックは、雨や風に晒されたり、埃を被ったりなど、知らず知らずのうちに汚れていることがよくあるので、定期的にお手入れをしたほうがよい。ここでは、ナイロンやポリエステル、コーデュラのリュックを洗濯する際に気を付けなければならないことを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ナイロンリュックなどに付いている洗濯表示について

ナイロンリュックなどには、洗濯表示が付いていることがある。ナイロンリュックなどを洗濯する前には、この洗濯表示を確認することが大前提となる。洗濯表示に従い、ナイロンリュックなどを洗濯するためには、洗濯表示の意味を知る必要があるので紹介する。

手洗いの洗濯表示

波線が描かれたタライに似たイラストに手が入ったマークであれば、40℃を限度とする液温で手洗いができる。洗剤は、おしゃれ着用洗剤がおすすめだ。

洗濯機を使った洗濯表示

波線が入ったタライに似たイラストの中に数値が入っているマークであれば、洗濯機を使い洗濯ができる。マークの下に棒線が入っていると、弱く洗濯することを示し、棒線が2本になると、非常に弱く洗濯することを示す。洗剤は衣料用の中性洗剤でよいが、棒線2本が付いているマークの場合は、おしゃれ着用洗剤がおすすめだ。また、数値は液温を示しており、たとえば40であれば、液温は40℃を限度として洗濯機を使って洗濯が可能であるという意味になる。

2. ナイロンなどのリュックを洗濯する前の注意点

まず、ナイロンなどのリュックを洗濯機で洗濯する前に汚れ具合を確認してほしい。たとえば、小さな汚れであれば、洗濯しないで汚れを落とすことができる。普段、筆記用具として使っている消しゴムを使ってこすれば落とすことができるので、ぜひ試してほしい。

また、ナイロンなどのリュックをいきなり洗濯しようとすると失敗することがある。まずは、ナイロンなどのリュックの付属品を外し、普段リュックに入れている物が残っていないか、注意深く確認してほしい。もし、残っているようだったら残さず全部出そう。

3. ナイロンやポリエステルのリュックを洗濯する際のポイント

ナイロンやポリエステルのリュックの汚れを落とす際は、洗濯機を使って洗濯する方法と手洗いの方法があるのでポイントを紹介する。

洗濯機を使う場合のポイント

洗濯機を使ってナイロンやポリエステルのリュックを洗濯する場合のポイントは、洗濯ネットと脱水だ。リュックを洗濯ネットに入れて洗濯したり、脱水はしないで乾燥させたりすることで、型崩れなどを防止することができる。

手洗いの場合のポイント

ナイロンやポリエステルのリュックを手洗いする際は、押し洗いすることがポイントだ。リュックを押したり離したりして洗ってみよう。

4. コーデュラのリュックのお手入れ方法

コーデュラはコーデュラナイロンとも呼ばれ、リュックの素材に使われることがある。コーデュラのリュックは、洗濯機を使って洗ってはいけない。ちょっとした汚れは、ブラシをかけることで除去できる。頑固に付着した汚れについては、中性洗剤を含ませた柔らかい布を使って叩くように拭くとだいたい落とすことができるだろう。

結論

リュックを洗濯する際は、洗濯表示をしっかり確認し、手洗いにするか、洗濯機を使って洗濯するかを決めるのが基本となっている。小さな汚れは消しゴムでこすれば落とせるので試してみてほしい。洗濯する前に付属品を外したり、リュックの中に残っている物を取り出したりすることは重要だ。リュックを洗濯機で洗濯する場合は、洗濯ネットを使用し脱水しないこと、手洗いの場合は押し洗いがポイントになっている。ただし、コーデュラ素材のリュックは洗濯機を使って洗ってはいけないので注意しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ