このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

電子レンジをお酢で掃除する際に用意するものや手順・コツを大公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月22日

一般的な電子レンジの掃除術には、重曹やセスキなどを活用した方法が知られているだろう。実は、より生活に身近なものを使って簡単に掃除をすることができるのだ。その身近なものとは、なんと調味料棚に並ぶ酢である。今回は、酢を活用した驚きの電子レンジ掃除術を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 酢のほかに電子レンジ掃除で用意するもの

電子レンジの掃除をする前に、まずは用意するものを確認しよう。手際よく掃除するためにも、事前に把握することが大切だ。
  • 耐熱容器
  • 布巾またはキッチンペーパー
上記に挙げた通り、用意するものは4つだけなので、すべて家庭にあるもので揃うだろう。ただし酢といっても、どんなものでも活用できるという訳ではない。酢には、穀物酢や黒酢、またすし酢までさまざまな種類がある。その中でも掃除に適しているのは穀物酢、あるいはホワイトビネガーだ。すし酢や黒酢、果実酢などは、うまみ成分や糖分が含まれているため掃除には不向きである。

また布巾は、電子レンジを拭き上げる際に使用するので、汚れてもよい布やキッチンペーパーを準備してほしい。油や焦げを拭き取ったあとの布巾は、落ちにくく、においもつく。そのまま使い捨てしても支障のない、使い古した布を利用するのが最適だろう。用意するものをすべて揃えたら、早速掃除を進めていこう。

2. 電子レンジを酢で掃除する手順

掃除アイテムがすべて準備できたら、あとは手順通り進めていくだけだ。手順は至って簡単なので、家事の隙間時間を使って手軽に実践できるだろう。
  • 耐熱容器に酢1:水4の割合でそれぞれ入れる。
  • 電子レンジでラップをかけず、3分ほど加熱。
  • 扉を閉めきった状態で、30分ほどそのまま放置して蒸気を充満させる。
  • 庫内の汚れや水分を丁寧に拭き取る。
電子レンジは、水分と熱の力を利用して汚れをふやかす掃除法が効果的だ。とくに酢は酸性であるため、アルカリ性である水垢や生臭い嫌なにおいに有効である。日常的に使用する電子レンジは、食品を温めた際に発せられる水蒸気や食品の飛び散りなどが汚れの原因となっている。また、そのような汚れが付着し、蓄積することでにおいの原因にもなるのだ。

酢の性質を利用した上記の手順で掃除をすれば、庫内にしみついたアルカリ性の汚れを取り除くことができる。また、酢に含まれている酢酸には殺菌・抗菌作用があるため、日頃からこまめな掃除を心がければ、電子レンジ内の衛生を保つことができるだろう。何より洗剤ではなく、口に入れても安全な調味料で掃除ができるというのは、ポイントが高い。とくに子どもがいる家庭では非常に安心感が持てるだろう。

3. 酢で電子レンジ掃除する際の注意点

掃除に万能な酢だが、正しく使用するためには注意点も押さえておく必要がある。最も意識しなければならない注意点は、絶対に塩素系の洗剤と併用してはいけないという点だ。酸性の酢と塩素系のものを混ぜ合わせると、有害なガスが発生することが考えられる。人体に影響を及ぼす可能性もあるので、同時に使うのはもちろん、前後に続けて使用することもおすすめできない。

また、酢の使用を控えた方がよい素材もある。中でも鉄は酸に弱いので錆びる恐れがある。鉄が使用されている部分は酢が直接触れないようにして、掃除後は酢の成分が庫内に残らないよう、隅々まできちんと拭き取ることが重要だ。食品である酢は安全なものだが、掃除に利用する際は注意点を把握して、効果を最大限に活用しよう。

結論

普段調味料として使用する酢が、電子レンジの掃除に効果があるというのは驚きだろう。水垢だけではなく、アルカリ性のにおいも消し去ってくれる酢は、安全で身近な掃除アイテムともいえる。また酢酸を含む酢は殺菌・抗菌作用も期待できるので、食品を扱う電子レンジの掃除にはもってこいだ。ぜひ酢を活用して酢のパワーを実感してみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ