このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

下駄箱収納には100均アイテムを!真似したくなる収納アイデア集

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 8日

ダイソー・セリア・キャンドゥなどの100均には、シューズケースやシューズラックをはじめとする靴専用の収納アイテムが数多く販売されている。しかし、実は靴専用の収納アイテム以外にも、下駄箱の整理整頓に役立つ商品がたくさんあるということをご存知だろうか。当記事では、100均のアイテムを賢く使った下駄箱の収納アイデアを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 100均の突っ張り棒は下駄箱の収納スペースを広げる王道アイテム

下駄箱に100均の突っ張り棒を活用するアイデアは、実践している人が多い人気の収納術だ。やり方は簡単、突っ張り棒を下駄箱の棚の真ん中あたりに取り付けるだけだ。あとは設置した突っ張り棒に靴を引っかけることで、より多くの靴が収納できるようになる。

注意点としては突っ張り棒1本に多くの靴を並べたり、重さのある靴を収納したりしないことだ。100均の突っ張り棒のほとんどは、耐荷重が1~2kgしかない。そのため、重量がかかりすぎると突っ張り棒が外れて、靴が落下してくる恐れがあるのだ。もし靴の落下が気になるようであれば、重さを分散させるために突っ張り棒を2本設置しておくといいだろう。

2. 100均アイテムで下駄箱収納をおしゃれにする方法

下駄箱に扉が付いていない場合は、靴をディスプレイ収納でおしゃれに見せるアイデアを真似してみよう。用意するものは2種類。強度の高い突っ張り棒と、洗った靴を干して乾かすためのシューズハンガーだ。なお、今回用意してほしい耐久性の高い突っ張り棒は、100均では400円(税抜)で購入することができる。100均で手に入らない場合は、ホームセンターに売っている突っ張り棒を購入しよう。

収納方法は突っ張り棒を下駄箱の棚の上部に設置して、あとはサンダルやスリッポンなどを引っかけたシューズハンガーをぶら下げるだけでOK。たくさんシューズハンガーを並べることで見た目がおしゃれになり、洋服を選ぶときと同じような感覚でお気に入りの靴を探すことができる。

同様に、長靴やブーツなどをぶら下げて収納する場合は、シューズハンガーではなく100均のカードリングとステンレス洗濯ピンチが役に立つ。ステンレス洗濯ピンチの持ち手側と突っ張り棒をカードリングで繋げれば、ブーツや長靴も簡単にぶら下げて収納することができる。使わないときもスタイリッシュでおしゃれなので、ぜひ下駄箱に取り入れてみてはいかがだろうか。

3. 100均のカゴを使った下駄箱の収納アイデア

使用頻度の低い靴は、100均のカゴを使った収納アイデアがおすすめだ。普段あまり履かない靴をカゴに立てて収納しておけば、2足しか収納できないスペースでも、6足ほど靴を収納することができる。さらに100均のカゴを使って靴を収納することで、面倒な下駄箱のお手入れも簡単になる。まさに一石二鳥の収納アイデアなので、ぜひ取り入れてみてほしい。

また、100均のカゴを使った収納アイデアでもう1つ取り入れてほしいのが、玄関掃除に必要な道具や外出時に使う小物を入れておくことだ。おすすめとしては、中身が見えないタイプのカゴを使ってほしい。隠す収納をすることで、下駄箱がよりすっきりとした印象になるからだ。さらに、ふた付きのカゴを活用すれば積み重ね収納が可能でデッドスペースも無駄なく使うことができるだろう。

結論

今回紹介した収納アイデアを実践すれば、きっと今までの倍以上の靴を収納できるようになるはずだ。なお、靴を密集させた状態で下駄箱の扉を閉めてしまうと、湿気が溜まってにおいやカビが発生しやすくなる。その場合はときどき下駄箱の扉を開けて換気を行ったり、100均の除湿剤を活用したりするといいだろう。整理整頓とこまめなお手入れで、見た目も空気もキレイな下駄箱をキープしていこう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ