このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ネクタイのオシャレな収納方法。使える100均アイテムも紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月11日

ネクタイは毎日使う必需品であるため、気づかないうちに保有しているネクタイの数が増えていた、ということもざらにある。ネクタイの量が多いと収納する場所も必要となるが、ネクタイをオシャレに、かつ機能的に収納するにはどのようなアイデアがあるのだろうか。そこでクローゼットや玄関でのネクタイ収納術や100均グッズを使った収納アイデアを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 玄関でのネクタイ収納術

玄関インテリアには壁面ディスプレイハンガーラックがおすすめ

ネクタイを収納する場所のひとつに玄関が挙げられる。なかでも玄関インテリアとして人気なのが、壁面ディスプレイハンガーラックだ。垂直方向に伸びた突っ張り棒で天井と床を支えにするので、わざわざ工具を取り出してねじやビスで留める必要はない。賃貸でも安心して使えるのが嬉しいところだ。見た目もオシャレで外出と帰宅の瞬間を心弾ませてくれる。

また、狭い廊下や玄関を邪魔することなく壁の空間を利用したハンガーラックは、デッドスペースの活用とインテリアとしての機能双方を実現させた収納家具といえる。収納に困るものをまとめて吊るしておくのに便利なのだ。ネクタイだけではなく、マフラーや帽子、カバンやベルトといったものもまとめてかけておくと、外出前の身だしなみやコーディネートを確認する場としても有効活用できる。

2. クローゼットでのネクタイ収納術

クローゼットでは頻繁に使うネクタイをハンガーに吊るして保管しよう。しかし吊るす収納は重力によりネクタイが型崩れしやすいため、シルクやカシミヤなどの高級ネクタイをかけることは避けた方がいいだろう。加えてニットやウール素材のネクタイも伸びやすく、型崩れしやすいのでハンガー収納には向いていない。

クローゼットにネクタイを収納するなら、100均などでも販売している突っ張り棒で収納量を増やすこともできる。奥行き方向に突っ張り棒をつけて設置すれば、洋服に埋もれることもない。さらに突っ張り棒を2本、上下につければ、下の突っ張り棒が押さえとなって上のネクタイがひらひらと動くこともなくなる。

ほかにクローゼット内の空間を有効に活用できるのが扉内側部分だ。ここにタオルラックや100均のワイヤーフレームを取り付けてネクタイをかけるのもおすすめだ。

3. オシャレにネクタイを収納できる100均グッズ

100均はアイデアと使い方次第でさまざまにネクタイを収納できるアイテムの宝庫だ。とりわけ見た目をオシャレにしたいのであれば、ダイソーから販売されているパンチングボードがおすすめだ。白を基調にした作りはインテリアとしても調和しやすい。

また、パンチングボードは別売りされている同シリーズの収納グッズと組み合わせれば、自分好みに形をカスタマイズできる。壁への固定方法も、吸盤を使った吸着型からドアフック型、ビスやねじを使った直接固定型と、部屋の形態にあわせて柔軟に選べるところもよい。

用意するもの

  • パンチングボード(今回は幅12.5×高さ25×厚さ1.5cmを用意)
  • パンチングボード用ドアフック&連結ブラケット各2個入り(今回はドアフックのみ使用)
  • パンチングボード用フック(10cm、5個入り)
用意したものは簡単に組み立てられる。今回はドアフックタイプの壁かけにするので工具も必要ない。フックは今回使ったもの以外にもさまざまな種類があるので、好みのものを選んでカスタマイズしよう。

ドアにかけるタイプだと場所もとらず、壁のデッドスペースを有効に使える。一通り必要な部品が100均で買い揃えられるのも大きなメリットだ。自分で理想の形へと組み立てていく過程を楽しめるのも100均ならではの楽しみといえるだろう。

結論

以上、場所別にネクタイの収納術を紹介した。ネクタイ収納のポイントは、100均のグッズなどを活用して、それまで何もなかった場所にいかに収納できる空間を作り出すかということだ。今回紹介した収納術はほんの一部にすぎないが、アイデア次第でさまざまな収納が可能となるので、ぜひ自宅のデッドスペースにも応用してみていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ