このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ワイングラスホルダーをDIYでオシャレに見せるコツ、選び方とおすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月29日

ワイングラスはそのまま棚にしまうのもアリだが、ワイングラスホルダーを設置すればいつもの空間を一層オシャレに演出できる。雰囲気はワインの味を変えてくれるかもしれない。ワイングラスホルダーの種類やDIYでオシャレに見せるコツ、選び方などを解説する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ワイングラスホルダーの種類と取り付け方

ワイングラスホルダーには木製のもの、金属製のものがある。

金属はシルバーだけでなく、白や黒などカラーリングされたものがある。メッキ加工が施されているとほどよく輝いてオシャレに見える。

設置の自由度が高くしっかり固定できるのはネジ留めタイプ。吊戸棚の棚板や壁などにネジで固定し、ワイングラスを逆さに吊るすタイプのホルダーだ。

壁や棚板の厚みとネジの長さはきちんと測っておこう。

「ちょうどいい棚板がない」「穴をあけたくない」という場合は、差し込むタイプのホルダーがおすすめ。棚板やラックなどに差し込むだけなので、取り外しや掃除も簡単にできる。

このタイプのワイングラスホルダーを選ぶなら、厚みや奥行きを測っておこう。

テーブルなどに置くスタンドタイプのワイングラスホルダーもある。置くタイプはデザインが豊富でオシャレなモノが多い。コンパクトですぐに手が届くところに置けるのも便利だ。

求める雰囲気、材質などから絞り込んでいきたい。

2. ワイングラスホルダーはDIYでよりオシャレに

満足のいくワイングラスホルダーがみつからなければ、DIYしてしまえばいい。

スタンダードなのは100均のアイアンウォールバーだろう。壁にネジ留めし、タオルホルダーなどとして使えるアイテムだ。

アイアンウォールバーを2本平行に並べて棚板に留めるだけで、簡単にワイングラスホルダーをDIYできる。グラスを入れる口の部分だけ、少し曲げて広げておくと便利だ。

同じく100均で手に入る簀子(すのこ)も使える。

好みのサイズにカットし、木製のワイングラスホルダーにするのだ。ニスを塗ればツヤも出る。棚板との隙間を作るため、小さめの角材も用意しておこう。

壁掛けにするなら、壁にアクセントクロスを貼って背面をオシャレに演出することも可能だ。

裸電球の下にワイングラスホルダーを設置すれば、グラスがライトアップされて一層オシャレになる。

DIYには無限の可能性があるので、ぜひ試してみてほしい。

3. ワイングラスホルダーの選び方

サイズ

グラスの台座のサイズはもちろんだが、設置場所のサイズも測っておく必要がある。特に金属製のネジ留めや差し込みタイプのワイングラスホルダーは、カットできないので必須だ。

個数

基本的なことだが、ワイングラスをいくつ収納できるかもきちんと計算しておこう。

地震対策

地震対策にはネジ留めのワイングラスホルダーがおすすめだ。収納口が斜め上に向いているものなら、揺れで滑り落ちるリスクが低減されるだろう。

取り出しやすさ

レーンタイプは便利だが、真ん中や奥のワイングラスを使いたいと思ったときに取り出しにくい。使うグラスが偏ってしまう原因にもなる。面倒に感じない方はいいが、一脚ずつ吊り下げられるものもあるので検討してみよう。

4. ワイングラスホルダーおすすめ3選

最後に、おすすめのワイングラスホルダーを紹介する。

IKEA

「DOMINERA(ドミネラ)」は、シンプルでどんな空間にも溶け込むステンレススチール製のネジ留めタイプのワイングラスホルダー。4列あるのでワイングラスが多い方に最適だ。税込999円。(※2019年11月26日時点の公式サイト価格)

山崎実業

「戸棚下ワイングラスハンガー タワー ダブル」は設置が簡単な差し込みタイプのワイングラスホルダーで、ワイングラスとシャンパングラスが収納できる。税込1,980円。(※2019年11月26日時点のRakuten価格)

ニトリ

「ワイングラスハンガー ビアンコ WGH-2」。クロムメッキとポリ塩化ビニル製の差し込みタイプのワイングラスホルダー。設置や移動が楽々なのがうれしい。税込1,017円。(※2019年11月26日時点の公式サイト価格)

結論

ワイングラスホルダーがひとつあれば、キッチンをバーさながらのオシャレな空間に一変できる。DIYでも難しくないため、ここで解説した方法やオリジナルのアイデアを加えて、世界でひとつだけのオシャレ空間を目指してみてはどうだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ