このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

珪藻土スプーンを石鹸で洗うのはNG!正しい使い方を覚えよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 5日

お茶やお塩などの調味料類を湿気から守る珪藻土スプーンを、正しく手入れできているだろうか。もし、ほかのスプーンと同じように水洗いをしていたら要注意だ。珪藻土は手入れのやり方を間違えれば、カビが発生するなど、衛生面が気になる。今回は珪藻土スプーンの使い方について解説する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 湿気から守る!ニトリやセリアの「珪藻土スプーン」

珪藻土を使った商品の流行は、バスマットに珪藻土が使われた商品が人気となったのがきっかけだといわれている。バスマットをはじめとして、今回紹介するスプーンやコースターなど、多種多様な商品が販売されているので、見たことがある人も少なくないだろう。珪藻土を使った商品は、現在ニトリやセリアなどでも取り扱っているため、入手しやすいのも嬉しい点だ。

本来、珪藻とは植物プランクトンの化石だといわれている。藻類の1つ、珪藻が枯れて死滅後、含まれていた有機物が分解され、そこに残った殻が化石となって堆積されたものが珪藻土として現在注目を浴びているのだ。日本では古来よりレンガや七輪の原材料として使用されてきた。珪藻土が湿気対策に使える理由は、殻に穴が空いていて水分を多量に吸っても自分で呼吸し、放湿することが可能だからである。

ニトリやセリアで販売されている珪藻土スプーンを調味料容器へ入れると、この呼吸機能で周囲の湿気を吸っても常にサラサラな状態をキープできるのだ。調味料のほか、茶さじにも珪藻土スプーンはおすすめである。いつでも新鮮な茶葉で美味しいお茶を入れることができるはずだ。

だが、気をつけたいのは砂糖に珪藻土スプーンを使うことだ。砂糖に使用してしまうと、サラサラになるどころか固まってしまうことがある。砂糖は湿気だけではなく、乾燥しても固まる原因となるのだ。もし珪藻土スプーンを砂糖へ入れて固まってしまったら、霧吹きスプレーに水を入れて一吹きし、少し時間を置くとサラサラの状態に戻るので試してみよう。

2. 汚れた珪藻土スプーンを石鹸で洗うのはOK?

珪藻土は長く使用しているうちに、どうしても表面が汚れてくるが、このときに石鹸で洗うのはよくない。なぜなら、珪藻土に空いているたくさんの穴が石鹸によって塞がれてしまうからだ。その結果、吸水性が下がり役に立たなくなってしまう。汚れた珪藻土を洗うときは、石鹸は使わずに水のみで洗うのが正しい洗い方なので覚えておいてほしい。洗ったあとは、しっかり乾燥させれば、キレイになった珪藻土スプーンがよみがえるだろう。

日頃のお手入れなら、水で濡らしたタオルで本体を丁寧に拭くか、陰干しするのがおすすめだ。天日干し可能な商品もあるが、基本的には陰干しと覚えておこう。天日干しすると、形が歪む可能性が出てくる。

3. 乾燥不足の珪藻土にはカビが生えることもある!

珪藻土スプーンを水で洗ったあと、乾燥したように見えても実は内部が乾燥していないことがある。乾燥が足りないと、表面にカビが生えることもあるので注意しよう。生えてしまったカビには、市販のカビ落としに使える漂白剤が有効だ。石鹸と違い、漂白剤は珪藻土に使える。

カビの落とし方は、漂白剤と珪藻土、キレイな布巾を用意し、布巾に水で薄めた漂白剤をつけて汚れが気になるところを丁寧に拭く。力を入れると本体が割れてしまうので、あまり力を入れずに行うとよい。布巾で拭いたら水で十分に洗い流して乾かそう。直接吹きかけるタイプのカビ用漂白剤なら、直に吹きかけても問題ない。数分放置したのち、水で洗い流し、しっかりと乾燥させればOKだ。

結論

珪藻土スプーンは、お塩や茶葉の容器へ入れておけば、湿気を防ぎさらっとした状態を維持できるアイテムだ。以前は高価だったが、今はニトリやセリアで手軽に購入しやすくなった。砂糖への使用や石鹸で洗うことは止め、正しい使い方、手入れの仕方をマスターしよう。カビが生えたときは漂白剤で洗い、中までよく乾かせば、再びキレイな状態で使えるだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ