このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ポリエステルのリュックを収納!最適な場所やNGな場所とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 5日

ポリエステルは合成繊維の一種で、リュックなどに使われている素材だ。ポリエステルのリュックはアウトドアから、通勤、通学など多岐にわたり使われており人気となっている。リュックは、手を使わず荷物が運べるので、重宝するアイテムだが、季節が変わり、使わなくなったポリエステルのリュックを収納することがある。その際収納する場所に注意しないと、トラブルが発生する可能性があるため、この記事ではポリエステルのリュックの収納に最適な場所とNGな場所について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポリエステルのリュックの収納に最適な場所

ポリエステルのリュックを収納する際には注意しなければならないことがある。ポリエステルのリュックは直射日光が当たると色が変わってしまうことがあるため、収納に最適な場所の条件は、直射日光が当たらないことである。

一方、ポリエステルのリュックをほかのものと長時間触れないようにすることも収納に最適な場所の条件となっている。理由はポリエステルのリュックがほかのものと長時間触れると色移りする可能性があるからだ。

したがって、ポリエステルのリュックを収納するのに最適な場所は、直射日光が当たらず、ほかのものと接触しないように整理されたクローゼットや押入れなどだといえるだろう。

2. ポリエステルのリュックの収納にNGな場所

前項で述べたように、ポリエステルのリュックは直射日光が当たったり、ほかのものと長時間を触れたりする環境が、収納にNGな場所とされている。つまり窓際やベランダなど日光が当たりやすいところはポリエステルのリュックの収納にNGな場所なので、クローゼットや押入れに収納したほうがいい。

さらに、ポリエステルのリュックをほかのものと長時間触れないようにするためには、バッグ収納袋に入れる必要がある。またブックエンドなどで仕切って収納すれば、ほかのものと長時間を触れないようにできる。紹介した内容を守って収納にNGな場所や環境を避ければ、ポリエステルのリュックが長く使えるだろう。

3. 100均グッズを使ってリュックを収納する方法

リュックの収納は100均の突っ張り棒やS字フック、ファイルボックスを使うことで便利にしまうことができる。

100均の突っ張り棒とS字フックを使ったリュックの収納

リュックは部屋の中に吊るして見せる収納ができる。まず、突っ張り棒とS字フックを用意しよう。S字フックはその名の通り、英語のSに似た形状をしており、引っかける収納に便利なアイテムだ。壁に設置した突っ張り棒に引っかけたS字フックにリュックを吊るすだけで、簡単に見せる収納ができる。

100均のファイルボックスを使ったリュックの収納

ファイルボックスは、種類が多く使い勝手がよいアイテムである。リュックやバッグが多いと、クローゼットに収納してもごちゃごちゃしており、見た目によくない。ファイルボックスにリュックを入れると整理整頓ができるのでぜひ試してほしい。

上記のように100均グッズを使ったリュックの収納には吊るす収納とボックス収納がある。リュックを置くスペースがある場合はボックス収納がおすすめで、スペースがない場合は吊るす収納がおすすめだ。

結論

ポリエステルのリュックの収納に最適な場所とNGな場所について紹介した。ポリエステルのリュックは直射日光を避けることと、ほかのものと長時間触れる場所を避けて収納しなければならない。クローゼットに収納する際は、バッグ収納袋に入れたり、ブックエンドとブッグエンドの間に入れたりすると、ほかのものと長時間触れないので試してほしい。リュックは100均グッズの突っ張り棒やS字フック、ファイルボックスを使うことで、収納する場所をとらずに整理整頓できる。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ