このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

マフラーを収納する際のおすすめアイデアと役に立つアイテム

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月18日

マフラーは寒い季節に活躍する防寒グッズだが、シーズンが終わると長い期間収納することになる。そのため誤った方法で収納をしてしまうと、使うときにしわくちゃになっていることもある。そんな事態を防ぐための、おすすめ収納アイデアについて解説していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マフラーやストールをクローゼットに収納する際に役に立つアイテムとは?

マフラーやストールがシワにならない収納には、畳み方にコツがある。特にクローゼットに収納する際には、ボックスや引き出しに重ねて収納する場合が多いので、畳み方には充分注意が必要だ。マフラーやストールを収納する際は、シワができないよう十分に気を付けたい。

しかし、夏用のストールと冬用のマフラーを一緒に収納してしまうと、それぞれのシーズンで使うために取り出した際、せっかくたたんでいたものが崩れてしまうこともある。収納がシワの原因にならないためにも、マフラーとストールはシーズンごとに分けて収納する必要がある。

シワを防ぐには透明の引き出しが便利!

シワにならないようにマフラーやストールを収納するには、透明の引き出しがあると便利だ。引き出しになっている書類ケースを使うと、場所をとることなくコンパクトに収納することが可能だ。綺麗にたたんだり丸めたりして収納すると、シワを防ぐことができる。透明の引き出しであれば、外から見て中になにが入っているかわかるので、マフラーを収納する際には是非使ってみてはいかがだろうか。

2. マフラー収納に最適なハンガーとは?

ストールやマフラーのシワが気になるという人におすすめなのが、ハンガーでの収納だ。マフラーはきれいに伸ばして普通のハンガーにかけても良いが、ストールは専用のハンガーを使うと1つにまとめて収納することができる。

ストールの収納は専用のハンガーが便利!

ストール専用のハンガーとは、1つのハンガーにいくつかの穴が並んでついており、それぞれの穴にストールを通してかけることができるものだ。大量のストールを1枚ずつハンガーにかけて収納すると意外と場所をとってしまうので、ストールをまとめて収納できるハンガーがあると非常に役に立つ。

シワにならないストールの場合はハンガーを使用せず、小さく丸めてカゴに収納すると楽だ。ストールの素材によって、取り出しやすい収納方法を選ぶことをおすすめする。

3. シーズン中は便利でおしゃれな玄関収納がおすすめ!

マフラーは寒い季節の外出には欠かせない防寒具の1つである。外出の際に使用するため、玄関に収納すると非常に便利である。玄関にマフラーをおしゃれに収納するさまざまなアイデアを紹介しよう。

おしゃれなカゴバッグを使って玄関収納

玄関に収納スペースがない場合、壁からカゴバッグをかける方法がおすすめだ。カゴバッグが玄関にあれば帰宅時してすぐにマフラーを収納できるし、外出する直前にサッと巻くこともできて非常に便利だ。

プレートスタンドでマフラーを収納?

靴棚の上にマフラーを収納する場合には、プレートスタンドがおすすめだ。きれいにたたんだマフラーをお皿のように立てかけて収納すると、使うときに取り出しやすいのでおすすめだ。

家族が多いなら壁掛けポケットがおすすめ!

透明の壁掛けポケットを使えば、家族が多い家庭でも一目で自分のマフラーがどこにあるかわかる。壁掛のため場所を取らず、狭い玄関でもマフラーを収納することができるので是非試してみてほしい。

4. マフラーの収納に使える100均アイデアグッズ!

マフラー収納に役立つアイデアの中で、最近は100均のグッズを使った収納方法が話題となっている。ここでは、100均グッズを使ったクローゼットを劇的にきれいにするおすすめアイデアを紹介する。

突っ張り棒でクローゼットをきれいに整頓!

クローゼットにマフラーを収納する際には、100均の突っ張り棒があると便利だ。何本かの突っ張り棒を設置してマフラーやストールをかけて並べると見やすく収納できるので、コーディネートする際に選びやすくなる。

ストールの収納はA4の書類ケースがおすすめ!

ストールを丸めて収納する際は、A4の書類ケースですっきり収納させることが可能だ。丸めたストールは、100均などで購入できるクリアタイプの書類ケースにぴったり収まる。簡単にストールを収納できるところが魅力だ。

マフラーはたたんでソフトボックスに!

100均のソフトボックスは、マフラーをたたんで収納するのにぴったりの大きさだ。18cm×35cm程度の大きさのものを選ぶと、マフラーがすっぽりと入る。たたんだマフラーをソフトボックスの中に立てて並べるように収納すると、大量のマフラーをまとめて収納できるので非常に便利だ。

結論

シワにならないようにマフラーを収納するには、さまざまな方法がある。マフラーを収納するためのおすすめグッズを参考に、普段の収納スペースを整理整頓してみてはいかがだろうか。シーズン中もオフシーズンも、それぞれ正しい方法でマフラーやストールをすっきり収納しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ