このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【アイデア次第】ダイソーのアイテムで収納量をアップしよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 2日

ダイソーのアイテムは、リビング・玄関・洗面所・子ども部屋・クローゼット・洋服ダンスなど家中の収納に役に立つ。しかし、ダイソーに行くと商品が多く、どれを利用したらよいのか迷ってしまう人も多いのではないだろうか?ここでは、収納に役立つダイソーのおすすめのアイテムを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 収納に役立つダイソーのおすすめアイテム

収納に役立つダイソーのおすすめアイテムのひとつは突っ張り棒だ。突っ張り棒は、アイデア次第でさまざまな収納に役に立つ。

突っ張り棒2本で棚をつくる

釘は使いたくないが棚がほしい時には、突っ張り棒を利用して棚をつくることをおすすめする。作り方は簡単で、ダイソーの突っ張り棒を横に2本、適度な間隔で設置し、ダイソーの突っ張り棒用の棚を取り付けるだけだ。押し入れやクローゼットの上部などのデッドスペースに設置すると、デッドスペースが収納スペースに変わる。

S字フックを使用して吊り下げ収納

ダイソーの突っ張り棒にS字フックを取り付けると、吊り下げ収納が簡単にできる。クローゼットや洋服ダンスに取り付けて、バッグやカバンを吊り下げる、台所に取り付けて調理用具を吊り下げる、玄関に取り付けて傘や帽子をひっかける、など家中で活用できるおすすめのアイデアだ。

縦に突っ張って押し入れを仕切る

押し入れに突っ張り棒を縦にして設置すると、押し入れの広い空間を仕切ることができる。マットレスは、積んで収納すると上部にデッドスペースが発生したり、下になったものが取り出しにくかったりする。しかし、マットレスを立てて収納し、突っ張り棒で仕切るとデッドスペースがなくなり、しかも取り出しやすくなるのだ。

2. ダイソーの布製ストレージボックスはどこにでも置ける

ダイソーの布製ストレージボックスは、丈夫で大容量なうえに大変オシャレなので、あらゆる場所の収納に活用できる人気のアイテムだ。

ダイソーの布製ストレージボックスは、布製とリネン製の2種類がある。大きさもS・M・Lとランドリーボックスタイプの4種類があるので、ニーズに合わせて選ぼう。押し入れやクローゼットの棚の上に置いて衣類やカバン、バッグを収納したり、リビングや子ども部屋に置いて洋服や小物、おもちゃなどを収納したりするとよい。リビングやキッチンの収納棚の上に並べて置いて見せる収納をしてもいいだろう。

キャンパス生地の布製ストレージボックスは、内側にラミネート加工が施されているので、洗面所でタオルを収納したり、ランドリーケースとして使用することもできる。

3. ダイソーのスクエアボックスでデッドスペースを収納スペースに

ダイソーのスクエアボックスは、ふたがついているので積み重ねることができる。大・小ふたつの大きさがあり、色はホワイト・オフホワイト・ピンク・マスタード・ダークグレー・ライトブルーの6色ある。浅型と深型の2つのタイプがあるので、必要に応じて選ぶことができるおすすめのアイテムだ。

押し入れやクローゼットの下部の空いた空間に積んだりベッドの下に入れたりすると、デッドスペースを有効に活用できる。衣類や小物、普段使わないもの、本、おむつや衛生品などを収納すると便利だ。

ダイソーのスクエアボックスは不透明なので、中に何が入っているのかがふたを開けなくてもわかるようにラベルを貼るとよい。色が豊富なので、色別に入れるものを分けてもいいだろう。中が一目でわかる方がいい場合は、同じようなボックスで透明のタイプがあるので、そちらを使用するとよい。

結論

ダイソーのアイテムは、住まいの収納量を増やすのに役に立つ。収納アイテムではないものでも、アイデア次第で収納アイテムに変身する。ダイソーの収納に役立つおすすめのアイテムは、突っ張り棒・布製ストレージボックス・スクエアボックスだ。必要な場所に応じてダイソーのアイテムを有効に使用し、スッキリとした暮らしをしてはどうだろうか?

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ