このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗濯バサミをすっきり収納!さっと使えてしまえるアイデアとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 6日

毎日の洗濯には欠かせない「洗濯バサミ」だが、洗濯に必要な物は意外とたくさんあるので、ごちゃごちゃとしてしまい、うまく収納できないとお悩みの方は多いのではないだろうか?頻繁に使う洗濯バサミは、使い勝手よくキレイに収納したいものである。そこで今回は、ごちゃつきがちな洗濯バサミをすっきりと使いやすく収納する方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯バサミを収納するアイデア

洗濯バサミは小さくて数もたくさんあるため、キレイに収納しておいたつもりでもすぐにごちゃごちゃとしてしまいがちであるが、毎日使うものだから、使い勝手よく収納したいものである。そのためにはまず、洗濯バサミをどこの場所に収納するのかを決めてから収納方法を考えるとよいだろう。

洗濯バサミを収納する場所としておすすめなのは、洗濯を干す時の動線上となる「洗濯機のまわり」や「洗濯物を干す場所の近く」である。今回は、この2つの場所における洗濯バサミの収納アイデアをご紹介しよう。

洗濯機のまわりに収納するアイデア

1.洗濯機に貼り付ける

洗濯機にマグネットで収納ボックスを貼り付け、そこに洗濯バサミを収納しよう。デッドスペースになっている洗濯機の側面を利用すれば、無駄なスペースを取ることもなく、すっきりと収納できるためおすすめだ。マグネットの収納ボックスなら、使う時にはそのまま外して持っていき、使い終わったらそのまま貼り付ければよいので手間もかからず大変使い勝手がよい。

2.洗濯機の上に収納棚を作る

洗濯機の上のデッドスペースを利用して、収納棚を設置しよう。洗濯機用のラックなどを使えば、簡単に収納スペースを広げることができるので、洗濯バサミだけではなく、洗剤や洗濯ネットなど、いろいろなものをすっきりと収納することができるだろう。洗濯バサミはカゴなどに入れて置いておくと使いやすい。

3.厚めの紙に挟んで収納する

ダンボールなどの少し厚めのしっかりとした紙にまとめて挟めば、バラバラにならずにキレイに収納できる。洗濯バサミを紙に挟んでから、カゴなどに収納してもよいだろう。

4.洗濯ネットに収納する

あまっている洗濯ネットにまとめて収納する方法なら、ネットにさっと入れてチャックをするだけでよいので手軽にできて、持ち運びもスムーズだ。

洗濯物を干す場所の近くに収納するアイデア

1.洗濯用品をまとめて収納ボックスに入れておく

物干し竿があるベランダなどの場所に、ハンガーや物干しピンチ、洗濯バサミなどをまとめて入れることができる収納ボックスを置いておこう。洗濯バサミは小さめのカゴなどにわけて入れておくと取り出しやすいだろう。また、入れたものが汚れないよう、収納ボックスはふた付きのものがおすすめだ。

2.物干し竿に吊り下げて収納する

物干し竿にカゴを吊り下げ、その中に洗濯バサミを収納しよう。ただし、雨風で汚れやすく劣化しやすいので、ベランダの屋根の下などに収納するのがおすすめだ。

2. 洗濯バサミを収納するなら、まずは100均へ

洗濯バサミをすっきりと収納したいと思ったら、まずは100均へ行くことをおすすめする。100均には洗濯バサミをまとめて入れるのに丁度よい大きさのカゴやコンテナ、クリアケースなどが豊富に取り揃えられている。どこの場所に収納したいのかを決めたら、その場所に合う大きさの収納グッズをまずは100均へ探しに行こう。

3. 洗濯バサミをオシャレに収納するなら無印良品

洗濯バサミをただ収納したいだけではなく「オシャレに収納」したいのであれば、無印良品がおすすめだ。無印良品の収納グッズを使えば、シンプルですっきりとした統一感のある空間を演出することができるだろう。

無印良品には、ベランダに置いておくのにピッタリの丈夫なふた付きボックスや、手持ち付きで持ち運びしやすい大きめのワイヤーカゴなどが販売されており、洗濯アイテムをまとめて収納するのに最適だ。デザインや色はどのアイテムもシンプルなので、インテリアにこだわりのある方は、無印良品で統一してみてはいかがだろうか。

結論

洗濯バサミは、洗濯をする際の動線上に収納することが大切だ。見えない所にキレイに収納したいとしまいこんでしまうと、結局使いにくくて長続きしないだろう。使いやすい場所に、取り出しやすく、しまいやすい形で収納することが「キレイ」を長続きさせる秘訣である。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ